2017年4月23日 (日)

「Mt.FESTA 2017 in 六甲」イベント出演の詳細

Photo

以前にも軽くお伝えしましたが、改めてイベント出演のお知らせです!
5月13~14日に神戸で行われる「Mt.FESTA 2017 in 六甲」
僕の出番は13日(土)12:00~12:45で、僕が山歩きを始めたときのことや、
現在のホーム山域ともいえる北アルプスを中心とした山のことなど、
わりと全般的にお話ししていく予定です。

一応、先着順で定員があり、ウェブ上から申し込み可能です。
でもけっこう定員は多いようなので、当日でも大丈夫かも。

ちなみに、僕以外にはイラストレーターの鈴木みきちゃんや、
ガイドの花谷泰広さんのトークショーもありますので、ぜひごいっしょに。

Hadzr
当日は自分のトークショーが終わってからも会場をうろついている予定なので、
見かけた方は声をかけてください!

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

韓国最高峰、ハルラ山

Img_3893
ひさびさに韓国へ行ってきました。
韓国といっても、今回は日本海に浮かぶ済州島。
ここには、韓国でいちばん高いハルラ山があるんですね。

観光地でもあるので混雑を避け、あえてもっともハードそうなコースへ。
その結果、上の写真のような岩峰が見える場所を経由する
とてもよい山歩きができたのですが、
山頂に到着すると、やはりすごく混んでおりました。
Img_3957
これでもかなり人数が減ったときの写真で、
一時は山頂付近を歩くのも大変だったほど。

この山は古い火山で、山頂にはカルデラ湖。
Img_3963
もっと水が溜まっている時期もあるようです。

おもしろいのは、途中にある休憩所。
Img_3987
韓国らしくカップラーメンが売っており、お湯を入れてくれます。
選択肢はなく、この1種類のみ。
だから、老若男女、みんなこれを食べているんですね。

翌日は海岸にある城山日出峰へ。
Img_4038
じつはこの山、すごく面白い形をしているのですが、
空撮でもしないと、1枚の写真には収められないのが残念。

ちなみに、ハルラ山も城山日出峰も、世界自然遺産。
3泊4日の旅でしたが、なかなか面白かったですよ。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

ひさびさの奥多摩・大岳山

Img_3611
ひとり取材で、奥多摩の御岳山から大岳山を歩きました。
新緑が始まりつつある時期で、たんなる尾根なのに、
なんだか妙に美しく見えます。

このあたりに来たのは、もしかしたらもう10年くらい前かも?
Img_3514
といっても、ハセツネ(日本山岳耐久レース)のときだから、
御岳山を通ったときは深夜だったはず。

休日なのでものすごい数の人が訪れていましたが、
奥多摩駅のほうへ進んでいくと、いくらか人影も減り、少しだけ気楽に。
Img_3706
今回の取材をもとにした記事は、今月中に公開される予定ですよ。



| | コメント (0)

2017年4月15日 (土)

『PEAKS 5月号』発売中

Img_3469
本日、『PEAKS 5月号』が発売されました。
表紙に小さく写っている人間は、この僕。
紀伊半島の「大峯奥駈道」のある場所で、休憩中のカットです。

その話は、第二特集「西日本の山」の冒頭に。
なにしろ、1200年以上も前から修験者たちの行の場となってきた古道ですよ。
Img_3471
天気もよく、写真もすばらしく、女人結界などの文化も興味深く、
8ページでは収まり切れないほどの内容なのではないかと、
我ながら思わずにはいられません

他に対談連載の「山を歩く、山で語る」の第5回も。
Img_3473
今回は僕との付き合いがすでに23年にもなるという猪野正哉さんが登場。
今は「たき火ヴィレッジ〈いの〉」を主宰しながらライター業も行っているという男で、
以前は僕がファッション誌編集者、猪野くんがその雑誌の専属モデル。
ふたりともそんな仕事を始めたのは1994年で、いわば同期です。
歳はけっこう違うんですけどね。

そんなわけで、ご一読ください~。

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

神戸でのイベント「Mt.FESTA 2017 in 六甲」出演のお知らせ

Cjgc
イベント出演のお知らせです。

神戸の「六甲山カンツリーハウス」で開催される
好日山荘主催のイベント「Mt.FESTA 2017 in 六甲」
今年は5月13日~14日の2日間ですが、
僕の出番は13日(土)の1日で、トークショー的なことを行ないます。
もちろん内容は「山」のことなのですが、詳しいことはまた改めて。
まずはリンク先から会場などの情報を確認してください。

僕にとって関西では初のイベント出演で、それだけで僕も楽しみ。
その翌日も別のイベントに出る予定ですが、
そちらの情報もいずれアップいたします。

| | コメント (0)

«『BE-PAL 5月号』、発売中