2017年6月20日 (火)

アウトドアトリップマガジン『WILD SIDE』、本日創刊

Img_7304
アウトドアトリップマガジン『WILD SIDE』、本日発売です! 

こいつは「vol.1」なので創刊号ということになり、
今回は「島旅」がテーマになっています。

僕が書いたのは、昨年の秋に行ってきた八重山列島・西表島&石垣島の18ページ。
Img_7307_2
亜熱帯ジャングルの森を通って西表島最高峰の古見岳に登り
ユチン滝の真上から川を下っていくという話で始まり……。Img_7305
次に無人地帯の海岸を胸まで海に浸かって歩いた話が続き……。。
Img_7306
最後は石垣島の野底マーペーという山に登るという話に。
Img_7308
大充実の取材でした。

この1冊で、全部で11の島が紹介されています。詳しくは書店でご覧を。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

「価格.comマガジン」で、新連載「実践主義! 高橋庄太郎の山道具コレクト」開始!

Bhnsfgt
ウェブサイト「価格.comマガジン」で、新しい連載が始まりました! 

その名も「実践主義! 高橋庄太郎の山道具コレクト」。
最近増えている、山道具をテストして原稿化した記事で、
第1回目はミステリーランチの大型バックパック、
「スタイン62」をピックアップしています。
そして文字量たっぷり、詳しく書いてあります。

Img_4745

詳しくは、ウェブサイト「価格.comマガジン」をご覧ください!

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

昨年以来の蔵王、29年ぶりの左エ門小屋

Img_7205
僕が高校山岳部に入って、初めての合宿で登った山、蔵王に行ってきました。

この山自体は昨年の秋、一昨年の秋と冬など、
だいたい1年に1度のペースで、かなり頻繁に通っている気がします。
Img_7250
しかしですね、今回はちょっと違うんです。
というのは、山岳部に入ってすぐの合宿で使った
東北大学左エ門小屋まで29年ぶりに歩いたから。
Img_7287
この小屋の近くの残雪の上にテントを張り、
同級生たちといっしょに寝たところから、
今に続く僕の山がらみの人生は始まっているわけなんですよね。
ある意味、僕の原点なのであります。
しかも今回は、当時の顧問の伊藤朋幸先生といっしょ。
ますます原点を考えさせられる山歩きなのでした。

今回の話は、いずれ雑誌に。


| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

『PEAKS 7月号』が発売されました

Img_6161
『PEAKS 7月号』が本日発売です。
この号では、ひさびさに書きまくり、僕の担当は計31ページにも。

特集の「北アルプス」では、北アルプスのテント場について7ページ。
Img_6162
こいつは写真も全部、僕が撮ったものです。

次に、北アルプスに適した山道具の解説を4ページ。
Img_6163
それにかかわる、道具のテストも、全体の中の4ページ分。
Img_6164
いろいろなものを試してみましたが、文字数がもっとあれば、
より詳しく書けたのだけど……。

対談の連載「山を歩き、山で語る」。
今回はカメラマンの矢島慎一さんと。
Img_6165
”オレたちの山取材”なるテーマで話し合い、これも4ページ。

そして最後に、昨年取材してきた「北海道の山々」を10ページ。
Img_6166
このときはレンタカーで移動しながら、
雌阿寒岳、天塩岳、芦別岳と、百名山、200名山を1日1座、登ってきました。

こんなにたくさん、よく終わらせたものだと、我ながら感心。
詳しいことは誌面をご覧ください。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

『BE-PAL7月号』、本日発売!

Img_6141
『BE-PAL7月号』が本日発売です! 

僕が今号で書いたのは、いつもの連載「ガレージインプレッション」。
今回はエクスペド「トランスファーホイーリーバッグ」であります。
Img_6142
これは、これまでにありそうでなかったタイプのバッグ。
ホイールがついていて引いて運べ、さらに背負うこともできなくはない、というか、
内側にバックパックを入れると、そのハーネスを使って背負えるようになるんですね。

これまでの「背負える」ホイールバッグは、
それそのものにハーネスが付き、
さらに中身を守るために硬いパネルが入っていたりして、
相当重かったんですよね。
だけど、このバッグはホイールがついているけれど、
本体自体はシンプルな袋状だから非常に軽いんです。

そこが、これまでのホイールバッグと違うところ。

そんなわけで、あとは誌面をご覧ください。

| | コメント (0)

«数年ぶりに大菩薩嶺