« 再び、北アルプス | トップページ | 「トレッキング実践学」第2刷発行 »

2010年6月18日 (金)

カマキリの誕生

僕の仕事部屋のベランダにはちょっと大きめのコデマリの鉢があり、
なぜか毎年毎年、カマキリが卵を産みつけています。
で、いつのまにか孵化して、いなくなっちゃうのです。
それが今年は‥‥
R0014852
おお、ちょっと感動的!
一匹ずつ極細の糸にぶら下がって出てきて、
ピクピク動いているうちに体を覆っていた薄い皮が破れ、
意外としっかりしたカマキリになってしまうのでした。
しかし、1センチにも満たない大きさなので、
カメラをマクロモードにして、
さらに後ろに黒い紙を置いたりと撮影が大変。

これの隣にはメダカの水槽があり、
そちらでも子メダカが孵化して泳いでおります。
しかし、撮影が難しすぎるので断念。
別の水槽ではクチボソも産卵したけど、親が食ってしまったのか、
いつのまにかどこかに‥‥。
あ~あ。

もう30年も飼っていて、親以上の付き合いがある
庭のカメ(もちろんメス)も産卵。
これは無精卵だから、もとから孵化はしないのだけど。
しかし30年飼い続けていて、もうおばちゃんかと思いきや、
いまだ現役の「女」の一面を見せているわけです。

いやはや、夏はまさに目の前だ。

|

« 再び、北アルプス | トップページ | 「トレッキング実践学」第2刷発行 »

街(まち)」カテゴリの記事

コメント

はじめましてwheelchair

とうとう色々な生命が誕生し始めたわけですね…sweat02

僕は虫が大の苦手で…(実家の山で小さい頃に山の手入れに付き合ったばっかりにひどい恐怖体験を味わったのが原因。)
基本冬山ですが、春秋までぎりぎりで夏は…雨の日くらいしか行かないようにしていますsnow

庄太郎様のブログにて生命誕生シーズンを把握したので次回から雨の日トレックになりそうですw

あ、でも夏の終わりに奥穂高行きますが・・・

投稿: ナンピンプロジェクト | 2010年6月22日 (火) 10時20分

ナンピンプロジェクトさま

カマキリはみんなどこかに行ってしまいました。
あいつらが大きくなって、
またコデマリに卵を産み付けてくれるといいのですが、今年はどうかな?
あ、カブトムシの幼虫もそろそろ孵るころだ!

ナンピンさんも奥穂高岳ですか?
別にコメントをつけてくださった
酒井さんも奥穂にいくようです。
さすが人気の山ですね。

そういえばちょうど1年前の6月後半、
PEAKSの取材で、西穂高岳~奥穂高岳を縦走したのを思い出しました。
天気もけっこうよくて、面白かったですよ。

投稿: 庄太郎 | 2010年6月22日 (火) 14時53分

西穂~奥穂・・・
今年のGWに挑戦しましたが、西穂高岳でUターンしました^^;

西穂高岳~ピラミッドピークの間の稜線でテント泊したのはいい経験になりましたw(ポール折れました^^;)

たしか庄太郎様はPEAKSの今月号にも特集で出てらっしゃいますよね。読みました^^

投稿: ナンピンプロジェクト | 2010年6月22日 (火) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558195/48660613

この記事へのトラックバック一覧です: カマキリの誕生:

« 再び、北アルプス | トップページ | 「トレッキング実践学」第2刷発行 »