« 『グッズプレス10月号』発売 | トップページ | 焼岳、ひとり登山 »

2010年9月 8日 (水)

アウトドア展示会

台風の上陸で、計画していた個人的ソロ山行が中止。
いや、計画変更。
2泊3日の予定を、悔しいけれど1泊2日に。
しかし、いまだどこに変更するか決めかねているけど、
本日深夜から移動し始めるつもりです。

で、そのまま八ヶ岳の『TRUE CAMP』会場へ。
僕のスライドショーは、金曜日の夜・7時くらいからになり、
仕事をしている人はおそらく間に合わないかと思います。
見てくれる人が少なさそうで、あらかじめちょっと寂しい気持ち。
でも、土・日曜日にも、会場のどこかで僕の山道具一式を展示しています。

ところで、本当は出発するはずだった今日、
そして昨日、2つのアウトドア系展示会に行ってまいりました。

R0015711a

うう、これは確実に買うぞ!
‥‥というのは、グラナイトギアの来シーズン用の新作。
クラシックな色使いが、すさまじくオレ好み!
ほかにもよいのはあるのですが、とくにこの2モデル。
容量も60リットルあるので、長めの山旅に使えそう。
ちなみに、右のヤツは若干色使いを変えて製品化されるそうで、
左のヤツも部分的に配色が変わるようです。
(取り扱い会社の許可を得て、お見せしています。)

他のメーカーのものでとくに僕がほしくなったものは、
●シートゥサミットの足元に工夫がある寝袋
●シートゥサミットのその他カヤック用具やらシェルターやら
⇒日本で展開するかどうかわからないのもあるようですが。
●プリムスの分離型&風防付きバーナー
●ナルゲンの夜光系ボトル
●ファイントラックのミッドシェル
●ニーモの自立式&ダブルウォール&超軽量テント など

すでにたくさん道具は持っているのに(仕事でもあるし)、
来年もドカンといろいろ増えそうです。

|

« 『グッズプレス10月号』発売 | トップページ | 焼岳、ひとり登山 »

街(まち)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
PEAKSの記事を見ましてBlog拝見させていただきました。
これから見させていただきます、よろしくお願いします。

グラナイトギアのザック、これかっこいいですね。
できればこの色使いのまま出してほしいです・・・
ニーモのテントは既存のESPRIのラインとは違うものなんですか?
ニーモなのに!?超軽量自立式、と聞くと興味津々です。

早く実物が見たいです~

投稿: shinzo | 2010年9月 8日 (水) 22時55分

こんばんは。寝なくちゃいけないのに眠れません(泣)
おお!来シーズンの新作♪
これはそのうち雑誌で詳しい内容が取り上げられるのでしょうし、まで楽しみにしてます(*^∀^*)
しかし、テントの軽量化もすでに1kg切るところまできてるのにまだ軽量なんて、発展は目覚ましいですね。ナルゲン夜光ボトルは現行のグローシリーズとは違うのでしょうか・・・気になる所です。
グラナイトギアの新作も右のグリーンはちょっと変わった形ですね。雨蓋が無いような。
おお・・・ギアフェチとしては早くじっくり見たいです(>_<)

投稿: 八尋 | 2010年9月10日 (金) 02時29分

高橋さん、こんにちは!

一つ相談なのですが、来週天気が良ければ、燕岳か常念岳に行きたいと思っています。
いつも日帰り山行なので、山小屋に一泊する予定で考えています。

北アルプス初挑戦としては、どちらの山がお薦めでしょうか。

燕岳・中房温泉登山口ピストン
常念岳・一の沢登山口ピストン

常念岳は、4年前に亡くなった父が登りたいと言っていた山なので、山を初めてから常に目標ではあったのですが。。

いつも単独なので、高橋さんのアドバイスを頂けたら幸いです。

記事へのコメントではなくて申し訳ありません。。

投稿: ぴーち | 2010年9月12日 (日) 11時28分

shinzo様

ニーモの超軽量テントは「OBI」というシリーズですよ。
1人用完全自立型でほぼ1キロ、
説明は長くなるので省略させてもらいますが
同じく1人用で“セミ”自立型は1キロを切ります。
それでいて、どちらもダブルウォールなんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
八尋さま

グラナイトギア(右)のバックパック、
色使い以外のデザインは、
これまでのグラナイトのものと大きくは変わらないですよ。
もちろん、ディテールはリニューアルされていますが、
基本的な発想は変わっていないと思います。
で、これだけだとリッド(雨蓋)はありませんが、
オプションのリッドも別売りで用意されていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぴーち様

1泊でどちらかの山頂へ往復するなら、
「目的」によって、選択が変わってきます。

山自体が奇岩でできていることもあり、
稜線を歩いて面白いのは、燕岳。
ちなみに、稜線までに至る合戦尾根は
「北アルプス三大急登」などといわれていますが、
これほど整備が行き届いていて歩きやすい場所も珍しく、
「名ばかりの急登」という評判も。

それに対して常念岳は、
登る&歩く面白さよりも、山頂から見る景色によさがあるように思います。
目の前に「槍ヶ岳~穂高連峰」が一直線に並び、
それはまあ本当に見事ですよ。
お父さまも常念岳に登る喜びとともに、
そんな風景を見てみたかったのではないかと、僕は思います。
僕が初めて登った北アルプスの山も、常念岳だったなあ。
そのときは一ノ沢から稜線に上がり、
常念乗越から山頂に往復、
その後は大天井岳~西岳~槍ヶ岳と縦走しました。

投稿: 庄太郎 | 2010年9月13日 (月) 00時42分

高橋さん、おはようございます。

お忙しいところ、燕岳・常念岳登山について、アドバイスを頂きありがとうございます!

燕岳合戦尾根の、三大急登への不安もなくなりました。
長い急登が苦手な私でも歩けそうな気がします。
常念岳山頂からの景色。。想像するだけで、ドキドキします。
まだまだ迷ってしまいますが、自分の体力、技量等を考えて計画してみます!

また、山へ登る時の目的を余り考えた事がなかったので、山行計画をたてる時に考えるのも大切な事だと感じる事ができました!
いつも、自然に包まれたい、登った人にしか見れない景色を見たい、とにかく自然を感じたいと思うだけでしたので。。

本当にありがとうございました!
とても参考になりました!

投稿: ぴーち | 2010年9月13日 (月) 08時20分

ぴーち様

気をつけて山を楽しんできてください。
ぴーちさんが燕岳か常念岳にいる17日に、
僕は向かい側(西側)の稜線の野口五郎岳あたりを
歩いている予定ですよ。

投稿: 庄太郎 | 2010年9月13日 (月) 20時55分

高橋さん!

来ました!来ちゃいました!燕岳!
午前中に燕山荘にチェックインして、今はテラスでワイン&チーズタイムです♪

曇っていたので、登頂は明日にしちゃいました♪

でも、でも、三大急登辛かったです〜!
でも、会う方々と励まし合いながら頑張りました!

高橋さんは、今頃野口五郎岳でしょうか。。
高橋さんも登山中という事が、とても励みになりました!

はぁ。。すみません。。
北アルプス初登山に興奮気味です(笑)
これから、初めての山小屋泊に、ドキドキわくわくです☆

でもいつかテント泊したいです!

投稿: ぴーち | 2010年9月17日 (金) 13時15分

ぴーち様

燕岳からコメントを書いてくれたんですか!
あそこ、携帯がつながりますからね。
野口五郎方面も天気はイマイチでしたが、
金曜の昼と土曜の午前中には
こちらからも燕岳がハッキリ見えました。
次はぜひ常念岳にも挑戦を。
燕岳とむすぶ縦走コースも比較的歩きやすいので、
2泊3日のスケジュールが取れるときには
思い切って頑張ってみると面白いと思いますよ。

投稿: 庄太郎 | 2010年9月20日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558195/49390968

この記事へのトラックバック一覧です: アウトドア展示会:

« 『グッズプレス10月号』発売 | トップページ | 焼岳、ひとり登山 »