« 焼岳、ひとり登山 | トップページ | 『PEAKS10月号』発売 »

2010年9月13日 (月)

縞枯山と『TRUE CAMP』

Img_2116

焼岳から北八ヶ岳に直行し、『TRUE CAMP』会場の
八千穂高原駒出池キャンプ場へ。
僕はスライドショーを行う予定になっており、
会場の片隅でパソコンを開いて写真の整理。
そして寝るためのテントとは別に、
僕の私物を公開するための別のテントのテントも設営しました。

Img_2152
じつは『TRUE CAMP』の翌日から、雲ノ平に行く予定で
そのための装備を丸ごと広げました。
テントはヒルバーグのソウロ、
バックパックはいつものマックパックのグリセードです。

で、夜にスライドショーをやったのですが、
写真を見せながら話をするのに精一杯で、写真はなし。
ちなみに、『日本のトレッキング』がテーマで、
「立山~笠ヶ岳の1週間」と「知床岬までの海岸歩き」の2つがメインでした。

翌日は「中級トレッキング」ツアーに飛び入り参加し、縞枯山へ。
Img_2104
奥には蓼科の山。ところどころ線状に枯れているのが
山名の由来になった「縞枯現象」。
冒頭の「空と枯れ木」の写真は、その枯れている場所の木の様子でした。

Img_2101
展望台はかなりの混雑。
ツアーの参加者以外にも、他の登山者が入り混じっております。

Img_2096
南の方向には八ヶ岳連峰。
今月末にはその主峰・赤岳に登ることになってます。

Img_2124
浅いとはいえ、普段は水がたまっている雨池が、今年はこんな状況。
雨がぜんぜん降らないので、干上がっているんですね。
だから、池のド真ん中を歩けるのです。

Img_2148
その日の夜。今度はライター仲間の村石太郎くんが、
彼の人生のテーマである「アラスカの旅」について、スライドショー。
天気が悪くて大変だったようですが、やっぱり楽しそうな旅。いいなあ。

僕はこれから深夜バスに乗って、富山へ。
車中泊含め、5泊6日で、日本の秘境・雲ノ平へ行ってきます。
天気がよいといいけど。

|

« 焼岳、ひとり登山 | トップページ | 『PEAKS10月号』発売 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです!

TRUE CAMP行きたかったです。。。泣

写真から伝わってくるな〜ヽ(´▽`)/
庄太郎さんの装備も見たかった〜。

次回があればそこに期待します☆

投稿: カミナリおやじ | 2010年9月13日 (月) 21時27分

高橋さん、こんばんは。

雲ノ平と聞いて思わず!

昨年のPEAKSで、高橋さんの「雲ノ平で逢いましょう」の記事を読んで、高橋さんの文章がとても面白くて、山雑誌を読むのが大好きになった事を思い出し、懐かしくなりました!

いつも面白くて楽しい記事をありがとうございます!
つい、一人テンションが上がってしまいました♪

スライドショー、私も拝見したかったです。。泣

投稿: ぴーち | 2010年9月14日 (火) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558195/49438356

この記事へのトラックバック一覧です: 縞枯山と『TRUE CAMP』:

« 焼岳、ひとり登山 | トップページ | 『PEAKS10月号』発売 »