« 北アルプス・ソロ山行‐3(柏原新道~針ノ木岳 編) | トップページ | またしても北アルプスへ(蝶ヶ岳~霞沢岳) »

2010年10月22日 (金)

北アルプス・ソロ山行‐4(針ノ木岳~黒部ダム 編)

R0016452

前回の更新から、間を空けてしまいましたが、その後のこと。

こちらは、針ノ木岳山頂から30分ほど歩くと到着する針ノ木峠にある針ノ木小屋。
針ノ木岳、針ノ木峠、針ノ木小屋と「針ノ木」ばかりですが。
R0016368

すでにシーズンを終え、完全に無人。
小屋が開いていないどころか、外部トイレも撤収され、
夏なら購入できる水も手に入らない状況。
こうなると、ただ建物が存在するだけで、登山者にはなにも意味はありません。
まあ、キャンプ地が平らであることはよいのだけど。

なかでも困るのは「水」。
種池小屋から持ち運んできてはいるけれど、
山中で1泊するには、もうちょっと入手したいのでした。

で、ここは通過してしまい、明日の行程のつもりだった
針ノ木谷(また「針ノ木」ですね)に下りて行くことに。
谷に下りれば水がたくさん流れていて、豊富に使えるわけなのであります。
明日歩く時間も短縮され、トイレ問題も岩だらけの稜線よりもずっとマシ。
なにかと便利で、晩秋の山歩きとしては現実的な選択肢のひとつでしょう。

登山道が通っている沢にはだいたいキャンプできる場所があるので、
そういうところを見つけてテントを張るつもり。
通常、縦走のときにはキャンプ指定地を使いますが、
雪山や沢登りのときには通常のことです。

というわけで、谷を下りて行くと、まずはカラフルな紅葉。
R0016385
一応、ここは一般登山道ですが、かなりマイナールートなので、
草木が枯れて踏み跡が見えやすくなった秋でもけっこう歩きにくく、
夏ならもっと苦労するはず。

R0016407
谷の底に近づいていくと、このようなありさま。
こんな岩をつたって、ドンドン下っていきます。
増水していると歩けないような場所も多数。ここは針ノ木谷ではなく、まだ枝沢です。

R0016417
ここが針ノ木谷の出合。
テントを張るために平らにならされた場所が2~3ありましたが、
もう少しだけ先に進むことに。
そして、針ノ木峠から2時間ほどで到着したのが、冒頭の写真の場所なのでした。

テントのなかから覗くと、こんな感じ。
以前にも泊まった人が何人もいるらしく、近くには焚き火の跡がありました。
R0016467
沢から1mほどしか高くないのが難点ですが、
天気予報で大雨の心配はなかったのと、
いざというときには逃げられる高台がすぐ裏にあったので、ここに決めました。
少々危険ではありますが、総合的に判断すると
この時期の、この場所なら、まず大丈夫。
いつでも退避できる準備と心構えだけは、忘れずに。

夕食は、角煮とオクラとシイタケのぶっかけメシ。
それと、なぜかトムヤムクンスープ。
R0016462

水の流れる音しか聞こえない、まさに無人の谷で一晩過ごし、翌朝。
R0016480
こんな谷をさらに下り、黒部ダムを目指します。

R0016498
ちょっと古いけど、クマのフン。なかには木の実の種や、何か動物の毛が。
こんなのがいくらでもあり、途中からどうでもよくなりました。
昔のこのあたりの猟師のことを書いた本を読むと、
まさにこの谷でクマやカモシカをたくさん撃っていたようです。

R0016502
「古道」と書いてありますね。
この谷は戦国時代の武将、佐々成政が、真冬の大雪のなか、
従者とともに針ノ木峠越えを行なったという言い伝えのある場所なんです。
この話は諸説あり、詳しく書くといくら字数があっても足りないくらい。

狭い谷間を抜けると、広々とした気持ちのよい場所に。
もうすぐ黒部ダムが見えてくるはず。
R0016583

木々のあいだにグリーンのダムの水を見ながら進んでいくと‥‥
R0016597
「平の渡し」。
この場所には、黒部ダムができる前はつり橋がかかっていたのですが、
ダムの完成とともに水没。
対岸に登山道があっても、これでは登山者はそこに渡れません。
なので、ダムの責任者である現・関西電力が費用を負担し、
登山者のために、「無料」で渡船をしてくれるのです。
実際は、対岸にある「平ノ小屋」に委託しているのだけれども。

R0016607
ダムを船で渡る気持ちよさ。
黒部ダムには有料の観光船もありますが、
ここまで歩いてきた人には、数分とはいえ、無料でダムの上を旅できるわけです。
R0016619
昨年の夏にこれに乗ったときは、小屋のご主人がルアーでトローリングしてましたよ。

その後は、ダムサイトへ歩くだけ。
R0016648
対岸には、昨日まで歩いていた針ノ木岳などが。
あの稜線をたったひとりで歩いていたと考えると、なんだかしみじみ。

こうして、僕の5泊6日の山旅は終わりました。

(おしまい)

|

« 北アルプス・ソロ山行‐3(柏原新道~針ノ木岳 編) | トップページ | またしても北アルプスへ(蝶ヶ岳~霞沢岳) »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558195/49817248

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス・ソロ山行‐4(針ノ木岳~黒部ダム 編):

« 北アルプス・ソロ山行‐3(柏原新道~針ノ木岳 編) | トップページ | またしても北アルプスへ(蝶ヶ岳~霞沢岳) »