« またしても北アルプスへ(蝶ヶ岳~霞沢岳) | トップページ | 「浄水器」のこと »

2010年10月26日 (火)

八丈島・八丈富士に行ってきましたが‥

04

12

山に行くと、最近なんだか調子が悪い。それは、天気のこと。

上の2枚の写真は、3年前に遊びで行ってきた八丈富士。
伊豆諸島のなかでもとくにデカい島、八丈島の最高峰です。
このときは強風だったけど、晴れていたなあ。
こんな風景だけど、ここは「東京都」。
ちなみに八丈島を含む伊豆諸島や小笠原諸島の
クルマのナンバーは「品川」で、渋谷あたりと同じです。

今回、その八丈島へ取材に行ってきたのですが‥
Img_3050
竹芝桟橋を出るフェリー。一夜明ければ、八丈島に。

朝、八丈島が見えてきたのはいいけれど、山頂付近には厚い雲が。
東京を出るときにチェックした天気予報はそれほど悪くなかったのですが、
ここにきて再チェックすると、完全な下り坂になっておりました。
ホント、困るよなあ。
Img_3098
ちなみに、左側が八丈島本島で、右が無人島である八丈小島。

キャンプ場にテントを設営。
青空も一瞬見えていたというのに、この直後、どしゃ降りに! 
Img_3061
太平洋にぽっかりと浮かんでいる島なので、
天気の急変はものすごく、強風が吹き荒れます。
数百キロ、数千キロ、数万キロ(ちょっと大げさだな)と海上を流れ、
たっぷりと湿気を帯びた風が、
この場所(八丈島)にきて、はじめて陸地と衝突するのだから、
そりゃ天気もなかなか安定しないわけなのです。

でも、いくらかマシなタイミングを見計らって、八丈富士(854m)への登山を開始。
Img_3074
視界が少しでもひらけていたのは、このときくらい。

「八丈富士」というくらいあって、山の形状はまさに富士山。
火口のまわりを外輪山がぐるりと囲み、鬱蒼とした緑の空間に。
Img_3068

Img_3078
溶岩の隙間には、こんな洞穴も。

Img_3086
でも、ほとんどこんな感じ。いや、これでも良いほうか。
なんとか八丈富士の外輪山を一周したものの、
とにかく写真を撮るようなコンディションではないんです。
ここで使った何枚かの写真では意外と明るく感じられるでしょうが、
実際は雨も風も、本当にヒドい状況なのでした。

天気予報では、この日も、翌日も、まだまだ雨と強風が続くとのこと。
というわけで、取材は断念。
八丈富士に登りはしたものの、
僕らはたんに登ればいいのではなく、美しい写真を撮り、
取材ができなければ意味がないのです。
通常はなんとかギリギリまで頑張ってなんとかしちゃうのですが、
今回、ダメなものはダメ、なのであります。

実際、その後もずっと八丈富士の山頂は厚い雲に覆われ、
海岸のキャンプ場の僕たちのテントは雨でずぶ濡れでした。

帰りのフェリーは、次の日の朝の出航。
時間が余ってしまったので、雨のなか港で行なわれていた「海遊魚まつり」へ。
タダで地元の魚などの食材をいただけるのです。そして地元の焼酎も。
Img_3092
キンメの刺身やトビウオのつみれ汁、明日葉のおひたしなど。
こいつらがどれも、マジでうまかった!
お金を払ってもよいから、もっと食べさせてもらいたかったほど。
取材をしない(できない)でこういうことをしていると、少々罪悪感がありますが。

Img_3096
翌日の朝、東京へ帰るフェリーに向かいます。
12時間近くも乗りっぱなしなんですよ。
青空が出ているのですが、これは東の方向のみ。
八丈富士の山頂付近は相変わらず黒い雲に覆われていて、
こうなっちゃうと、なんの未練もなく今回の取材はあきらめられました。

だけど、もう一回、行かないといけないなあ。

|

« またしても北アルプスへ(蝶ヶ岳~霞沢岳) | トップページ | 「浄水器」のこと »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です!

島旅ですかぁ〜。そういえば以前にトカラ列島を旅されてましたよね☆
僕が初めて庄太郎さんの記事を読んだ旅です。
その時はクレッタルムーセンのギュンギナルがほしくてヤフオクで探して見つけたんですが、高くて。。。

あきらめました。笑

島の山からの景色は海の空と島!
普段の景色とは違う感じが味わえて
これまた楽しそうですね!!

島旅もいいなぁ〜☆


投稿: カミナリおやじ | 2010年10月26日 (火) 22時19分

おつかれさまです。

数年前に僕もお正月休みにそこのキャンプ場に
泊まりました。風が強かった印象があります。

その時驚いたのが、島焼酎の空きビンをテントの横に
自慢気に並べているテントがいっぱいありました。
空きビンが多いほど、テント泊を長くしていて、
すごいというステイタスがありました。

「くさや」を島焼酎「八重椿」のアテ(肴)に
飲んでたことを懐かしく思います。

投稿: Shu- | 2010年10月28日 (木) 20時44分

カミナリおやじ様

トカラというと、今は亡き「okugai」ですね。
あの取材、ものすごく面白かったです。
雑誌自体も面白いのが何号も出るはずだったのだけど、
ここには書けない諸事情で終わっちゃいましたけど。
たしかにあの時はギュンギナルを背負っていて、
入りきらない荷物を手でも持っていた記憶が。
食材を買いすぎて、入りきらなかったんです。
島はやっぱり面白いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Shu-さま

失敗に終わったこの取材のとき、
僕たちも雨の中で くさやを焼き、
島焼酎を飲んでました。
「海遊魚まつり」で買ったのですが、
観光客用のお土産的な商品だったからか、
僕が以前食べた くさやほど、臭くはなかったです。
たまにしか食べないものだし、
もっと臭くてもよかったんだけど。

投稿: 庄太郎 | 2010年10月30日 (土) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558195/49851930

この記事へのトラックバック一覧です: 八丈島・八丈富士に行ってきましたが‥:

« またしても北アルプスへ(蝶ヶ岳~霞沢岳) | トップページ | 「浄水器」のこと »