« 八丈島・八丈富士に行ってきましたが‥ | トップページ | 「WILD THINGS by 1 ziles」 »

2010年10月27日 (水)

「浄水器」のこと

先日、コメント欄から質問を受けた浄水器について。
Img_3102
僕が持っているのは、このカタダインというメーカーの「ミニセラミックフィルター」。
これひとつのみ。
しかも、「持っている」のであって、「使っている」のではありません。
というのも、僕の山の歩き方だと、アウトドアではほとんど使用する機会がないんです。

じつはこれ、現在は僕のアウトドア用具とは別の場所に保管されているくらいで、
それは「災害用グッズ」のなか。使わなくなった大型バッグのなかに、
これまたあまり使わないテントや寝袋とともにしまわれています。
大地震なんかが起きたときは、その大型バッグを持って避難し、
うちの近所にある大きな池の水を利用しようと思っているのです。

さて、水の汚染には大きく分けて2種あり、
ひとつは「生物的」なもの。細菌とか寄生虫のようなものですね。
もうひとつは「化学的」なもので、日本でよくあるのは硫黄の化合物など。

このうち化学的な汚染を処理するのはかなり厄介なので、
僕はもとからそういう水は食事や飲み水には使いません。
そもそも、そういう化学的に汚れた水は日本にはあまりないし、
あったとしても、そう遠くないところに化学的に汚れていない水場もあるものですから。

で、生物的な汚染が考えられる水。
僕は日本の山の水で腹を壊したことはなく、
例えば沢で水を汲むとき、上方に山小屋や登山道がなければ
ほとんどそのまま使ってしまいます。
汚染が考えられるときには、基本的に「煮沸」で処理。
安全な水が入手できるかどうかわからないときは、多めに燃料を持っていっています。
だから、わざわざ浄水器を持っていくことはないのです。
浄水器はけっこう扱いが面倒だったり、持ち運びが面倒だったり、
はたまたポンプを押すために体力勝負だったりするので、
沸騰させて殺菌するほうが確実で簡単だという判断です。

ところで、最近、水の問題で困った場所といえば、北海道の「知床」。
北海道にはキタキツネが媒介するエキノコックスという寄生虫が山中にはびこっていて、
「生水は飲まない」ことが大前提です。
エキノコックス(の卵)が体内に入ると、体内で増殖して肝臓を犯していき、
しかし自覚症状がないままに10年、20年経ち、
発見されたときは手遅れということが多いという、かなり恐ろしい寄生虫なのです。
僕はこの知床でも、基本は煮沸でした。

しかし、煮沸の難点はノドが乾いたときに「冷たい水」が飲めないこと。
せっかくの山の冷たい水が、どうしても生ぬるくなります。
そんなわけで、以前から欲しいと思っているのが、以下の「ステリペン」です。
19220003000000_c
こんなやつ。日本ではエイアンドエフが取り扱ってます。
ボトルの水を紫外線で無菌化するので(所要時間数分)、水は冷たいまま。
でも高価だから(1万円台後半)、購入に踏み切れず、まだ持っていないのです。

これを初めて見たのは、5年前にカナダのアルゴンキンという湖沼地帯を
1週間ほどカヌーで旅したとき。その画期性に驚きました。
紫外線の殺菌効果は有名だけど、こんな小さなアウトドア用が発売されるとは。
たしか、その翌年に日本でも発売されたのではなかったかと思います。

僕は体が鈍感だからか、こんな調子ですが、
「山を歩きながら、冷たい水を飲みたい」という人には
ステリペンがよいかと思います。
ただ、たくさんの量は処理しにくいので、
キャンプ地でたくさんの水を処理するなら、他の浄水器の出番もありそうです。
料理に使う分には、いずれにせよ煮沸されるので、
浄水器をわざわざ用意する必要性はあまりないかもしれません。

こういう「安全な水」に関してはいろいろな考え方や器具があるので、
いずれ雑誌の誌面上で、もっと詳しく書ければいいなと思っています。

|

« 八丈島・八丈富士に行ってきましたが‥ | トップページ | 「WILD THINGS by 1 ziles」 »

アウトドアギア」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さん

おつかれさまです。
浄水器の記事ありがとうございます。
「スーパーデリオス」が手頃で
いいかなと思っていましたが、
紫外線の無菌化というのを
あるのですね。
いろいろ検討してみます。

雑誌の誌面で浄水器の記事を
目にすることを楽しみにしときます。
それでは、お体にご自愛ください。

投稿: Shu- | 2010年10月28日 (木) 20時56分

Shu-さま

スーパーデリオスもよさそうですよね。
あとは本当に山で使えるかどうか?

この商品に限らず、
カタログ的なスペックと現場での実際の使い勝手は
かなり違ってくるものなので、
本当はいろいろなものを試し使いできるといいのだけど。
できるだけ無駄な買い物をしないように
僕も常に注意しています。

投稿: 庄太郎 | 2010年10月30日 (土) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558195/49853677

この記事へのトラックバック一覧です: 「浄水器」のこと:

« 八丈島・八丈富士に行ってきましたが‥ | トップページ | 「WILD THINGS by 1 ziles」 »