« 気田川カヤック旅 | トップページ | エイ出版社の「社長賞」をいただきました »

2010年12月23日 (木)

南アルプス・雪の鳳凰三山

Img_0139
気田川から家に戻り、滞在10時間弱。
すぐに今度は、南アルプスへ。
こんなふうに富士山も間近に見える鳳凰三山が目的地です。
ピッケル、アイゼン、わかん、スコップなど雪山道具満載で、
食料や燃料もたっぷりも持ったため、荷物の重さはかなりのものでした。

こういう富士山の写真って、早くも正月っぽいですね。

さてこちらは、登山口に近い夜叉神峠から見る間ノ岳。
連休のときは、隣の農鳥岳からも眺めました。
Img_0013
その右奥の裏には仙丈ケ岳があるはずで、昨年の雪山では登れずに戻ってきた山。
というわけで、今年の鳳凰三山は失敗しないよう、念入りに計画。
しかし、今年は雪があまり多くないですね。

初日はダラダラと登るのみ。
夜叉神峠以外では、ほとんど展望は望めず、森林帯を進みます。
Img_0026
雪の積もり方が中途半端。
溶けた雪が再び凍り、ツルツルしていて歩きにくいのなんの。

2日目のキャンプ地の朝。
この写真はまだマシな感じで、実際は吹雪。
ここは森に囲まれているからよいけれど、
上空はゴウゴウと音を立てて、強風が吹き荒れている始末。
Img_0057
緑のテントが僕のもの。
雪上用テントとして気に入っている、EXPEDの”Venus Ⅱ”というモデル。

防寒対策は万全なので、あまり寒さを感じなかったのですが、
生の野菜はこのような状況に。
Img_0061
完全に凍りついていて、ジップロック内部は霜だらけ。
大昔の冷蔵庫のようです。

寝袋も顔に近い部分は呼気によって霜が降り、
塩が吹いたように白くなってしまうのです。
Img_0177
気温はおそらく-10℃程度。
でも、寝袋がとにかく暖かいので、夜には暑くて起きるほど。

で、もろもろを省略して、最大の目的地・地蔵岳のお姿を。
Img_0107
先端の岩は有名な「オベリスク」。
そこだけで20m以上あり、登る気になれば、登れちゃいます。
誰にでも、とは、とてもいえないけれど。

オベリスク近くには賽の河原といわれる場所も。
Img_0116
ちょうど真後ろには、甲斐駒ケ岳。
鳳凰三山(地蔵岳/観音岳/薬師岳)自体もいわゆる百名山ですが、
この甲斐駒ケ岳だけではなく、北岳、仙丈ケ岳、富士山、八ヶ岳など、
日本の名山に囲まれていて、すばらしい風景を眺められるのが、
この山のよいところなのです。

後の空に近い部分、ぽっかりと浮かび上がるのは、八ヶ岳連峰。
その下にはJR中央本線や中央高速道、高原の畑。
Img_0148
まさに2800m付近をウロウロとする
空中散歩の趣なのです。

というわけで、詳しくは来年発売の某雑誌を。

|

« 気田川カヤック旅 | トップページ | エイ出版社の「社長賞」をいただきました »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

初めましてshine
雑誌にブログ、よく拝見させて頂いてますhappy01

65リットルのザックにテントを担いで単独で登っています。

先日初の3泊テント生活をしたのですが、食料を1泊の時のノリで持って行ってしまい、とても後悔しましたwobbly

『肉』の大切さを知りました(笑)

年末に向けて、登山計画を立てているのですが、お勧めの山料理など
ありましたら教えて下さい☆

お忙しいところ、図々しいお願いすみませんsweat01

投稿: 貞子 | 2010年12月24日 (金) 15時29分

どうでもいい話ですが、夜叉神峠から見た写真に写っているのは仙丈ヶ岳ではなく、白根三山の間ノ岳だと思います

投稿: SW | 2010年12月24日 (金) 20時12分

貞子さま

女性で65リットルバックパックとはデカいですね。
といいながら、僕の周囲にはゴロゴロいるんですが、
それはやはりちょっと特殊状況で。

僕は普段の生活では野菜ばかりです。
別に心がけているわけでなく、
肉よりも、魚よりも好きだから。
だけど、山ではパワーを使うからか、
肉系の食べ物がほしくなります。
この鳳凰三山では、肉団子にチャーシューを加え、
キムチと野菜を載せた丼を作りました。
予備食として食材を余分に持って行っちゃったからですが。
これがものすごくうまかったのですが、
体力任せで食材を運ぶ僕のような者の、
こんなメニューは参考にならないでしょうね‥‥。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
SWさま

ご指摘、感謝します!
たしかにその通り、あの山は間ノ岳ですね。
なぜ、こんなバカみたいな間違いをしたのか
自分でもよくわかりませんが、
前後の文章とともに直しておきました。
ありがとうございます。

投稿: 庄太郎 | 2010年12月28日 (火) 04時07分

高橋様

明けましておめでとうございます!!
そして、社長賞おめでとうございますm(_ _)m
今年の活躍も期待してます!!

前のコメントで書いたお正月山行は天気が不安だったのですが、八ヶ岳から変更して空木岳に行ってきました!!

2泊3日で生肉、生野菜、テントは共同装備でしたけど…
やっぱりザックが20キロ近くの重さになり(笑)途中で肉を捨てたくなりながら登ってきました!!

空木岳でも天気予報は微妙だったんですけど、登ってみれば無風、快晴!!!

八ヶ岳も南アルプスも、山頂では北アルプスも見られて最高のお正月になりました。

こんな経験が出来るのも、高橋さんのトレッキング実践学で山にハマったおかげです。
ありがとうございます!!

2冊目たのしみに待ってます

投稿: キウイ | 2011年1月 4日 (火) 15時41分

キウイさま

中央アルプスに行ってきたんですね。
天気もよかったようで、なにより。
高山の魅力のひとつは、やはり稜線からの眺めだから。
メシも「生」がいちばんうまいですよね。
持っていけるときは、持参するに限ります。

僕が昨年行ってきた鳳凰三山の記事は
あと1週間ほどで発売されるPEAKSに乗ります。
同じ特集には木曽駒に行った話も掲載されるはずなので
楽しみにしていてください。

投稿: 庄太郎 | 2011年1月 7日 (金) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気田川カヤック旅 | トップページ | エイ出版社の「社長賞」をいただきました »