« SOTO “MUKA STOVE”の使い心地 | トップページ | マックパックの青い新モデルと、その他の青 »

2011年5月28日 (土)

『命を守る防災サバイバルBOOK』発売中

409366544309_scrmzzzzzz_a_2

あの大震災直後になんとか作り上げた『ビーパル5月号』
その特集は「いざというときの野外生活マニュアル」というものでした。
この号は非常に評判がよく、“完売”を記録。
読みたくても買えない人が続出していたようです。

そんな人のために、再編集&加筆して作られたのが、
この『命を守る防災サバイバルBOOK』という本。
僕が書いたのは、「灯す」というライトやランタンの部分です。
ビーパルに比べると、本のサイズは半分以下と、
保存しておくのに適している大きさになっております。

被災地に何度か入った者としてちょっと気になるのは、「サバイバル」という言葉。
あの悲惨な現場を見てしまうと、「サバイバル」というカタカナの言葉が
ちょっと軽く感じてしまうんですよね。
サバイバルという言葉を抜いて『命を守る防災BOOK』でも
意味は同じなのだけど、タイトルとしてのわかりやすさとしては、これでいいのか。
個人的には3月11日以降、アウトドア的には「サバイバル」って言葉は有効だけど、
自然災害に関しては、「サバイバル」って語感はそぐわない感じがしています。
ともかく、参考になる内容になっているので、興味のある方はご覧になってください。

|

« SOTO “MUKA STOVE”の使い心地 | トップページ | マックパックの青い新モデルと、その他の青 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

『BE-PAL5月号』を参考に、非常用のバックパックを作りました。これを使う日が来ないことを祈るばかりですが、玄関に用意してあるだけでお守り代わりというか安心感はありますね。是非こちらの本も拝読させていただきます! 

投稿: Rena | 2011年6月 5日 (日) 02時19分

RENAさま

僕の自宅にも非常用の道具がそろえられています。
最低限のとっさに持ち出せるものは小型バックパックに、
さらに「あれば便利」程度のさまざまなものを
大型ローラーダッフルバッグに。

そのビーパル5月号では、そんな僕が常備している
災害用装備一式を誌面で見せるという話も一瞬あったのですが、
自分の出身地が被災地だっただけに
それを撮影用に準備する精神的・時間的余裕がありませんでした。

この本は新しい要素がプラスされているとはいえ、
大半がビーパル5月号と同じなので、その号をお持ちなら、
まずは書店でパラパラと中身をチェックしてみてください。
そのうえで、必要そうだったら、ご購入を。

投稿: 庄太郎 | 2011年6月 5日 (日) 04時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SOTO “MUKA STOVE”の使い心地 | トップページ | マックパックの青い新モデルと、その他の青 »