« 「東北の山々」をとりあげる、雑誌の新しい企画 | トップページ | 『DIME11号』発売 »

2011年5月10日 (火)

『ビーパル6月号』発売

B004xcwv9o09_scrmzzzzzz_

実家のある仙台、宮城県に入って、すでに10日以上。
このあたりのことは後日、ご報告するつもりですが、
ひさびさに時間と気持ちに余裕が生まれ、
とりあえず『ビーパル6月号』発売のお知らせをしてみます。

今回の特集は、もろに僕の得意分野である「山登り」。
先月取材に行った九州の祖母山のルポが2ページ掲載されております。
その他には、「ストレスフリー」というキーワードで説明した
ウェア&ギアの部分が4ページ、「持ち物リスト」1ページ、
それとモノクロのページで「世界遺産の山」に関して、コメントを3つ。

といいながら、じつは僕自身、中身はまだ未見なので、
特集全体がどうなっているのかわかりません。
でも、いわゆる山岳専門誌とはちょっと違う中身になっているはずなので、
興味がある方は、ぜひご覧になってください。

|

« 「東北の山々」をとりあげる、雑誌の新しい企画 | トップページ | 『DIME11号』発売 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

ご実家へ行かれて色々とお忙しい中、返信のコメントを有難うございます。
PEAKS5月号、読ませていただきました。書かれた文章から、被災地の細かな惨状が伝わり、やはりこうして、東北の話題を継続して発信していく大切さを感じました。そして、少しずつ復興していく東北を見て、いろいろな形で応援している私たちもまた、元気をもらっているのだと思います。日常の小さな困難など、東北の状況に比べれば、と思うと、乗り越えるモチベーションを保てるからです。「東北の山々」の新企画も、ぜひ長く続けて頂きたいと思います。

**** お勧めの3つの山 ****
ご紹介頂き、ありがとうございました。これまでのコメントで登場していた山々ですね!船形山のブナ林の写真、木にハイタッチヽ(´▽`)/されているのは庄太郎さんご自身!?  画面いっぱいに私の好きな黄緑色が溢れていて、写真を見ただけでも癒されます。いつか実際にあの光に透ける黄緑を見に行きたいです。
栗駒山も「久々に行きたい山」と書かれていましたね。今年行かれるんでしょうか・・・?
今、百名山地図帳の23番会津駒ヶ岳を開いて見ています。駒ノ小屋に1泊するコースで、いくつか池を経由するようです。水のある風景も好きなので、余震が落ち着いたらぜひ訪れてみたいと思います。


ビーパル6月号、今度は品切れしないうちに買いに行ってきます。毎週木曜は仕事が休みなので、今日にでも。担当されたコーナー、今回は色々盛りだくさんのようで、楽しみにしています!


庄太郎さんも「体を使って」いらっしゃることと思いますが、疲れが出ないよう体調にお気をつけて・・・。

投稿: sakuya | 2011年5月12日 (木) 04時10分

お疲れさまです。

今月号のBE-PALおもしろかったです。

楽しみにしていた、野田さんと加藤さんの対談記事
世界遺産の山々も知りたいところがほとんどでした
百名山の所要時間ごとに区切られた山々は、こんな短時間で行けるなら…と、新たな目的ができました

それと、庄太郎さんのTシャツいい色ですね♪
ザックも見なれない色で変化球くらったような新しい発見しちゃった気分です
ちょっと長めの御髪も素敵(笑)

先日、東北の方々への祈りをこめて、地元の里山縦走をしてきました。
飯豊山から福島方面まで見える山です。
その時、歩き方がマズかったのか、膝をやってしまい、やはりダブルストックがいいのかな…と
BE-PAL見ながらチェックしてます。

投稿: aiko | 2011年5月12日 (木) 15時21分

sakuyaさま

ブナの木に触っている人、これは女性ですよ。
正確に言えば、アウトドア/山岳雑誌で
このところ大活躍しているカメラマンの野川かさねちゃん。
このときの船形山も5月の連休で、
ライター、カメラマン、編集者、
さらに僕の弟まで加わって、総勢6~7名。
いつものことながら、仕事仲間=友達なので、
プライベートなのに、仕事っぽいメンツです。
雪の上にテントを張って、なかなか楽しかったですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
aikoさま

僕たちが以前、信越トレイルに遊びに行ったときに
行われていた野田さんと加藤さんの対談記事、
やはり面白いですよね。
まさにインテリ・アウトドアズマン同志の対談で。

トレッキングポールを効果的に使おうと思ったら、
やはりダブルが正解ですよ。
確実に膝への負担がやわらぐはず。
一度、お試しを。

投稿: 庄太郎 | 2011年5月13日 (金) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「東北の山々」をとりあげる、雑誌の新しい企画 | トップページ | 『DIME11号』発売 »