« 『PEAKS』の読者参加型・取材山行の募集について | トップページ | SOTO “MUKA STOVE”の使い心地 »

2011年5月20日 (金)

東日本大震災に関するチャリティーアウトドアオークション『青空ユニオン』のこと

         Photo

アウトドアライターの先輩であるホーボージュンさんの提唱により、
『青空ユニオン』なる名前のもとに、
東日本大震災チャリティーオークションが本日、開始されました。

これはヤフーオークションのシステムを使って、
僕たちのような各界のアウトドア関係者が貴重なアイテムを放出し、
落札金額を被災地への義捐金とするものです。
詳しくは、上記のヤフーオークションから確認してみてください。
ジュンさんがいうところの「お宝」が、ぞくぞく登場していきますよ。

今のところ、トレイルランナーの横山峰弘さんの、
「トレイルレース使用ウェア、キャップ 他」、
シェルパ斉藤さんの、グレゴリーの「アウターフレームバックパック」が
オークションにかけられています。
これから長いこと、アウトドア界のアスリート、ガイド、メーカー、
僕のようなライターや編集者、カメラマンなどがドンドン出品します。
そのなかには、アウトドア界の伝説的大物も控えているのですが、
そのあたりはこれからのお楽しみに。

このチャリティーオークションの件は、
ホーボージュンさんと石巻に行ったときから聞かされており、
「お前もお宝を放出しろよ!」と、繰り返しいわれていたこと。
被災地である宮城県仙台市出身の僕に異論があるわけもないのですが、
困ったのは「お宝」という言葉。
たしかにすさまじい数のアウトドアギア/ウェアは持っているのだけど、
「お宝」っていうほど価値があるかといわれれば、難しいところ。
仕事道具でもあるので、「新品未使用」なんてものはほとんどなく、
どれも薄汚れているものばかりなのですから。
だけど、せっかくのチャリティーだから、
低額落札されるようなものは避けたいし‥‥

そんなわけで迷っていたところ、そのジュンさんから
関係者に送られてきたオークションに関するメールのなかに
『高橋庄太郎には「地元・東北の山を僕がガイドします券」を出品しろと頼んでいます』
という一節が! そんなこと聞いたこともないのに、すでに過去形になっていて‥‥。

ついでに書いちゃうと、今日のジュンさんのTwitterでは
『ちなみに、親友の小雀チュンチュンには
「アウトドアでフルコースディナーにご招待券」を、
高橋庄太郎には「故郷の東北の山々をガイドする券」を出品しろと
(強制的に)ねじ込んであります。ファンの皆さん、ぜひお楽しみに』とも。

小雀さんは聞いているのだろうか?

ともあれ、そういうわけで、僕の出品するモノというか権利のひとつは
「東北の山をいっしょに登りましょう(券)」というものに。
僕なんかのことで入札されるの? という心配はありますが、
これから案を練ってみようかと思います。
出品されたときには、どなたかぜひ落札してください。

というわけで、内輪っぽい舞台裏の話でした。

僕はほかにも何か出品する予定ですが、それはまだ秘密。

では、「青空ユニオン」のオークション、楽しみに。
できれば、高額で落札してもらって、東北の復興に一役かってください。

|

« 『PEAKS』の読者参加型・取材山行の募集について | トップページ | SOTO “MUKA STOVE”の使い心地 »

チャリティー関係」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

いいですね!
お金に余裕があれば是非落札したいです☆

明日、南相馬市に炊き出しのボランティアしに行って来ます!

投稿: カミナリおやじ | 2011年5月24日 (火) 07時36分

カミナリおやじ様

南相馬ということは、原町でしょうか?
市町村合併のために、昔の東北の地名が
頭に入っているとピンとこないことが。
しかし、被災地支援をしていただいて、ありがたいです。
青空ユニオンでの出品はいつになるかまだ決まっていませんが、
ときどきチェックしてみてください。

投稿: 庄太郎 | 2011年5月26日 (木) 15時11分

高橋様。こんにちわ。

時々「青空ユニオン チャリティオークション」チェックしていたのですが・・・もう終了したのでしょうか?

投稿: マルポカ | 2012年2月 1日 (水) 08時51分

マルポカさま

中心になっている人たちの動きがよくわからないのですが、
青空ユニオン、まだ終了していないはず。
僕のボトルは今ももちろん保管しており、
近いうちにタイミングを見て出展するつもりです。
もうちょっと待っててくださいね。

投稿: 庄太郎 | 2012年2月 7日 (火) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS』の読者参加型・取材山行の募集について | トップページ | SOTO “MUKA STOVE”の使い心地 »