« マックパック “カスケード” シリーズの問題点について | トップページ | “立山黒部アルペンフェスティバル2011”で »

2011年8月31日 (水)

『ランドネ10月号』発売中

D0061ea5a
あちらこちらの山に登っているうちに、8月ももう終わり。
すでに1週間も前になりますが、『ランドネ10月号』が発売になっておりました。

この号は、ざっくりいうと「テント泊」が大特集。
僕がかかわっているのは、とある山行(上高地から涸沢への往復)をふまえて
「今後どうすれば稜線上でソロテント泊山行ができるようになる」かという
アドバイス的なコラムの部分の2ページ分です。

それにしても、このランドネという雑誌、
一時のほとんどファッションばかりの方向から、
いまやアクティビティに寄った方向に、路線転換。
ウェアのコーディネートも、いわゆる「山ガール」的なノリが薄くなっており、
とても現実的になっていて、非常によい傾向だと思います。うん。


|

« マックパック “カスケード” シリーズの問題点について | トップページ | “立山黒部アルペンフェスティバル2011”で »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
庄太郎さん的には、山ガールはアリですか?
僕は、それが入り口で、そこから本気になる人が増えれば、嬉しいです。

投稿: 森明俊 | 2011年9月 1日 (木) 12時59分

森明俊さま

僕も山に興味を持つ人が増えることは大歓迎です。
というか、興味を持ってくれる人が増えることを祈って、
日々、アウトドアライターという仕事をしています。
若い人が山に登ってくれないと、
これからの日本の山が廃れてしまいますから。

ただ、なにを持って「山ガール」という言葉でまとめるのか
自分自身でも難しいところではありますが、
「山ガール」という言葉が象徴する
原色をガチャガチャ組み合わせたコーディネートは苦手で、
もう少し色を抑えめにしたほうがおしゃれなのに、
などと思っていることは事実。
派手な色は、1色か、ぜいぜい2色にすると
自然のなかに溶け込んで、美しい気がするんだけど。


投稿: 庄太郎 | 2011年9月 4日 (日) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マックパック “カスケード” シリーズの問題点について | トップページ | “立山黒部アルペンフェスティバル2011”で »