« パタゴニア“スーパー・アルパイン・ジャケット”のこと | トップページ | 僕の本『トレッキング実践学』の台湾版が登場 »

2011年9月25日 (日)

チャリティ/別注“クリーンカンテーン”のボトル

5375a_2
内容的に「小ネタ」という言葉は似合いませんが、第2弾。

こんなボトルを作ってみました。
母体はクリーンカンテーンの800ml (27oz)ボトルで、プリントがオリジナル。
イラストは山の世界で超人気の鈴木みきちゃんで、
小汚い文字を書いたのが僕。
本当はイラストだけのほうがかわいかったのではないかと後悔してます‥‥。

6343a_3
このボトルを作った理由は、3月11日の大地震で被災した高校の
山岳部/ワンダーフォーゲル部の部員のみなさんにプレゼントしたかったから。
それで、「もっとつよくなる」なんていう文言を入れてしまいました。
「頑張ろう、東北」みたいな、あまりにもストレートなメッセージではなく、
若干は曖昧に、しかしなんらかの気持ちをこめて。

デザインもカッコいい方向のものは被災後には合わないような気がして、
そこで鈴木みきちゃんにお願いして、やさしく和めるものにしたのでした。
ちなみに、イラストで4人並んでいる背後にある山は、宮城県の船形山。
みきちゃんがいくつか原案を描いてくれたなかで、
僕が好きな地元の山を選ばせてもらいました。

6346a
裏側には、このような表記が。
人気イラストレーターである、みきちゃんの名前はもともと入れたかったのですが、
僕も知らないうちに、彼女が僕の名前まで書き込んだ版下を作ってくれていました。
ちょっとお恥ずかしい。
真ん中のバックパックはグレゴリーですね。
クリーンカンテーンを日本で取り扱っているのはエイアンドエフで、
同社ではグレゴリーも扱っていますから。

このボトルを作る作業をしていたのは、7月終わりで、
僕が取材した石巻高校の夏山合宿に間に合わせようと、
ものすごくタイトな期日で、エイアンドエフさんは対応してくれました。
代金も僕がすべて支払うつもりでいたのですが、
そのあたりも配慮してくださるとのことで、頭が下がる思いです。

じつは、鈴木みきちゃんには、ノーギャラでイラストを描いてもらってます。
それどころか「光栄です」と、いってもらって。
また、ここで使っている写真はすべてプロの加戸昭太郎さんの撮影ですが、
これも仕事ではなく、個人の行為で引き受けてくれました。
みなさんに本当に感謝します。

加戸さんは苦労していろいろなカットを撮ってくれました。
せっかくなので、冒頭の写真以外も、ここでご紹介。

5179a

6336a

このボトルは45本作り、、先に書いた石巻高校ワンダーフォーゲル部のほか、
同じく被災がひどかった多賀城高校山岳部、
被災のために福島から宮城一高に転校してきて、
山岳部に入部したという女の子に贈りました。
僕の手元にはまだ数本残っていますが、
これはいずれ、「青空ユニオン」として、チャリティーオークションに出す予定です。
定価は3150円ですが、じつは出品に関係してけっこう手数料もかかるので、
できるだけ高額で落としてもらえると、被災地支援になるのですが‥‥。
鈴木みきちゃんのファンは多いので、みきちゃんを愛する人に期待していますよ。


|

« パタゴニア“スーパー・アルパイン・ジャケット”のこと | トップページ | 僕の本『トレッキング実践学』の台湾版が登場 »

アウトドアギア」カテゴリの記事

チャリティー関係」カテゴリの記事

コメント

先日立山で、いつも持ち歩いている本『トレッキング実践学』にサインと『旅は脚力』という言葉を入れていただきありがとうございました。
『チャリティ/別注 “クリーンカンテーン”のボトル』すごくいいです!
これからもご活躍を応援しています。

投稿: bei | 2011年9月26日 (月) 09時06分

船形山は僕も宮城県で1番好きな山です。
去年も登ってきましたよ。

素敵な活動ですね!
応援してます!

チャリティーもかなり競争率が高くなりそうな予感がします!僕も出来る限りご協力できればさせて頂きます!

投稿: gohlira | 2011年9月26日 (月) 12時21分

beiさま

立山でお会いした方ですね。
その際は、こちらこそありがとうございました。
このボトル、出品されたら、ぜひ入札してください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
gohliraさま

船形山には、僕の高校山岳部の小屋もあります。

今年の夏は行けませんでしたが、いずれ夏にでも行って、
ダラダラ過ごしてきたいと思ってます。
出品の際には、ぜひ入札を。

投稿: 庄太郎 | 2011年9月30日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パタゴニア“スーパー・アルパイン・ジャケット”のこと | トップページ | 僕の本『トレッキング実践学』の台湾版が登場 »