« マックパック “カスケード” のフレーム問題、対応方法 | トップページ | 麻生弘毅 著『マッケンジー彷徨』が、好評発売中 »

2011年9月22日 (木)

スイスのメーカー“EXPED”が、やっと日本でも販売に

Img_0053a
僕が以前から愛用しているメーカーで、
しかし日本では展開されていなかったのが、スイスのEXPED
ある意味、日本に残された「普通に手に入れられない」メーカーの最たるものでした。
なので、「どうして日本で取り扱う会社がないのかな」と常々思っていたところ、
なんと、とうとう来年から本格的な販売がされることになりました。

上の写真のテントは、昨年の鳳凰三山連休中の農鳥岳~伝付峠などで使った、
4シーズン用の“VENUS Ⅱ”。ヒルバーグ的な吊り下げ式、かつ半自立型の構造で
冬季用として、かなり気に入っているものです。
ちなみにこれ、海外通販で買いました。
しかし、来年からは日本でも買えるようになるわけです。

こちらは僕が防水性のサブバッグとしていちばん使っている“DRYPACK PRO 25”。
Img_2054a
上の写真は今年の北アルプスのときのもの。
まったく同じ写真を以前のこのブログでも使っていますね。
いくつかの雑誌で私物として紹介したら、読者からの問い合わせも多かったようです。
これはたしか、ニュージーランドで買った記憶があります。

こちらは昨年の南アルプス・赤石岳~荒川岳
テントではなく、地面に敷いて寝転んでいたマットがEXPED。
Img_0224a
ブログでは出していませんが、これと似たカットは『山と渓谷8月号』
誌面で使っています。DVDの紹介ページなどでも。
こいつはアメリカのシアトルで買いました。

そしてこちらは、いまだ雑誌などの取材でも使っていないマット。
Img_3780a
なんと内部にダウンが入っていて、雪上でも非常に温かいのです。
いずれ何かのときに、膨らませた状態も紹介したいところです。
これはどうしても使ってみたくて、海外から取り寄せました。

僕はほかにも、ドライバッグ、テントのペグ、張り綱とかも、
EXPEDのものを持っています。

こんなEXPEDを取り扱うことになったのは、アクシーズクイン
同名のオリジナルブランドに加え、マウンテンイクイップメントや
クレッタルムーセンなど、僕好みのメーカーを押さえている会社です。
一般向けの正式な発表はまだですが、もう公表してもよいとのことなので、
ここでみなさんにも僕の喜びをお伝えしようと思った次第。
どこまでのラインナップになるかは不明のようですが、
ともあれ来年を楽しみにしていてください。


|

« マックパック “カスケード” のフレーム問題、対応方法 | トップページ | 麻生弘毅 著『マッケンジー彷徨』が、好評発売中 »

アウトドアギア」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さん、こんにちは。
Exped、日本で正規販売開始されるんですね!何につけても天の邪鬼な僕は、09年に登山を初めたときにメジャーなブランドのストックを避けたくて、Expedのとてもコンパクトになるストックを買って以来このブランドが好きになりました。
先月半ばからJMTを歩きに行った(北アルプスリーダーズセッションに落ちた代わりに行きました...(笑))ついでに、カリフォルニアで庄太郎さんのより少し小さめのドライバック(Cloudburst15)も買ってきました〜。けど、これは近いうちに日本に出回るんですねー。少し悔しいけど、名前から格好いいブランドで使えるモノは多いし、喜ばしいことですね :-)

投稿: MINORU | 2011年9月22日 (木) 21時09分

MINORUさま

EXPEDを愛用していたんですね。
たしかにちょっと悔しいかもしれませんが、
簡単に買えるようになるのだから、めでたいこと。
リーダーズセッションは、ごめんなさい。
僕が人選したわけではないので、お許しを。
しかし、その代わりにJMTとはすごいですね。

投稿: 庄太郎 | 2011年9月23日 (金) 19時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マックパック “カスケード” のフレーム問題、対応方法 | トップページ | 麻生弘毅 著『マッケンジー彷徨』が、好評発売中 »