« 北アルプス/内蔵助平&ハシゴ谷乗越(前編) | トップページ | “TRUE CAMP 2011”と、八ヶ岳/ニュウ »

2011年10月20日 (木)

北アルプス/内蔵助平&ハシゴ谷乗越(後編)

Img_3555a
前回の「雷鳥平~内蔵助平」の続きとなる後編です。

内蔵助平で夜を明かした僕は、翌朝からハシゴ谷乗越へ。
上の写真はそのハシゴ谷乗越から見た赤沢岳~針ノ木岳の稜線
右下が内蔵助平の一角に当たります。

こちらは内蔵助平の沢にあった目印。
無人の山中にあって、人の気配がする数少ないもの。
Img_3463a
内蔵助平は立山の稜線から黒部川まで下降してくる登山道の途中にあり、
そこから北にハシゴ谷乗越に向かう登山道が分岐しています。
で、ハシゴ谷「乗越」というくらいで、ここは
真砂岳から黒部別山まで長々と続いている尾根の鞍部(低い場所)に当たり、
要するに「峠」とも言い換えられる場所なのです。
今年、このすぐ脇の山中で動けなくなった登山者が、
入山から1週間後に救助されるという事故も起こっています。

下の写真は、真砂岳から延びてきてハシゴ谷乗越に至る尾根。
登山道を登っているときに撮ったカットです。
Img_3491a
かなり昔には、この尾根沿いにも登山道があったようですが、今は廃道に。

内蔵助平からハシゴ谷乗越への道は、ほぼ樹林帯。
しかし乗越まで登ってしまえば、冒頭の写真のようにすばらしい景色が待っています。
Img_3493a
またしても遠望できた白馬岳と清水尾根
秋の乾いた空気に加え、天気もよいので、とてもクリアに見えて気分よし。
乗越では真砂沢ロッジに泊まっていたと思われる
登山者たちのグループに出会いましたが、
やはりみなさん、この絶景に歓声を上げていらっしゃいました。

さて、僕の今回の2つの目的(内蔵助平とハシゴ谷乗越)は、これで達成。
しかし、ハシゴ谷乗越には登るだけではなく、
その裏側にある剱沢まで下りてみようとも思っていました。

そんなわけで、剱沢の方向に下り始めると、この風景。
Img_3501a
右側(手前)ではなく、左(奥)が、あの剱岳です。
この角度から見上げるのも、また一興。

剱沢までの下り道には、ハシゴがいっぱい。
さすが、「ハシゴ谷乗越」の名前どおりですね。
Img_3543a
この地名の正確な由来はわかりませんが、
内蔵助平側にはまったくハシゴがないことを考えると、
剱沢側かの視点から名付けられた地名であるのでしょう。

剱沢に近づいてくると、道がグズグズに。
このあたりは湧水が豊富で、途中には水場もあります。
Img_3515a
しかし、こんなにたくさん赤いテープをつけなくても、
それほど間違えやすい道ではないような気が。

尾根を下りきり、剱沢に到着。
Img_3521a
何度も歩いている道ですが、それまで薄暗い森の中を歩いていたので、目に新鮮。
ここでパンやらチョコレートなどの行動食をとり、僕は再びハシゴ谷乗越へ戻ります。

秋の登山道には、さまざまな実がなっており、
ときおり数粒つまんでは、口に入れたりも。
Img_3550a

Img_3474a
この時期になると熟していて、非常においしいです。
あまり食べると何なので、ちょっと味見する程度で。

そんなわけで、剱沢からハシゴ谷乗越まで登り返した僕は、
その後、再び内蔵助平へ下り、デポしておいた荷物を回収。
Img_3578a
荷物は朝のうちに撤収し、バックパックにまとめて沢近くに置いておきました。
バックルの近くにはピンク色のメモを挟み、
「ハシゴ谷乗越から剱沢まで往復し、午前中には戻ります」などとメッセージも。
山中にこんなものが置いてあると、ここを通った人が驚く可能性もあるので
遭難者のものと間違われないように、と。

あとは黒部川まで下るのみ。
Img_3596a

Img_3606a
内蔵助谷のうち、内蔵助平よりも下部は険しく、
数値に表れる標高差よりも体力を使います。
だけど、そんな道を登ってくる登山者がけっこういてビックリ。
しかし、多くの人は内蔵助平から真砂沢ロッジを目指しているようで、
内蔵助山荘に向かう人は少数のようでした。

やっと黒部川本流に到達。
Img_3627a
黒部ダム(黒四ダム)の下流、「下ノ廊下」といわれる場所です。

この下ノ廊下、10日ほど後に再び訪れることになっていたので、
詳しくはまた後日にアップするつもりです。

本流に出てから1時間ほど登山道を進んでいくと、黒四ダムの下に。
Img_3667a
風向きによっては水しぶきが遠くまで舞い上がりますが、
この日は遠くで白い飛沫を上げるのみ。

黒部川はこんな簡易的な橋で渡ります。
Img_3661a
この後は、ひたすらダムサイトまで人工的な道を登るばかり。

その途中、あと数分でダムサイトの建物という場所から見上げた立山連峰。
Img_3679a
あの裏側から、ここまで歩いてきたのだなあ、と、ちょっとした充実感。
それにしても、ルートは違うとはいえ、
僕は数日前にも室堂からダムまで歩いており
なんだか似たようなことを繰り返しているような。
だけど、同じような「室堂(雷鳥平)~黒部ダム」というコースでも、
谷のひとつひとつで山が見せる表情はまったく違います。
その違いが面白いこそ、なんどでも山に入ってしまうんですね。

|

« 北アルプス/内蔵助平&ハシゴ谷乗越(前編) | トップページ | “TRUE CAMP 2011”と、八ヶ岳/ニュウ »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北アルプス/内蔵助平&ハシゴ谷乗越(前編) | トップページ | “TRUE CAMP 2011”と、八ヶ岳/ニュウ »