« 『PEAKS 12月号』発売中 | トップページ | 北アルプス/穂高連峰・ひとり歩き(前編) »

2011年11月20日 (日)

『モノ・スタイル アウトドア No.10』発売中

Kk
昨日、『モノ・スタイル アウトドア No.10』が発売されました。
僕が書いたのは、「日本の秘境」についての7ページ。
考えてみれば、決まったタイトルはなかったとはいえ、
毎回のように長文を書きながら続けていた連載の、第10回目になります。

で、この「日本の秘境」で取り上げた場所はというと、
比較的わかりやすいところをメインにしたために、
中心は日本の世界自然遺産地域です。

下は、世界遺産になる前から僕が通い続けている知床。
昨年歩いたときの写真です。
Img_0100a
今年もはじめに山を歩いて、次に海を漕ぎに行きました
知床の魅力は簡単には表現できないので、
以前に書いたブログ、もしくは僕が書いた雑誌の生地をぜひ見てみてください。

こちらは、今年になって世界遺産に登録された小笠原。
11a
僕が行ったのはすでに5年ほど前ですが、
まさか世界遺産に登録されるとは思っていませんでした。
なぜなら、現地のレンジャーの方に話を聞いたところ、
外来種によって生態系が壊れすぎているとのことで(主に父島と母島)、
そういった現状ではとても無理じゃないかと思われたからです。
でも、人が立ち入っていない場所が多く、秘境であることは間違いなし。

いわずとしれた、屋久島。
Rimg0086a
個人的には縄文杉などよりも、こういう風景のほうが好き。
海に近いモッチョム岳から見る海であります。
でも、屋久島にはもう3年くらい行っていないなあ。

ほかに、世界自然遺産には白神山地があるわけですが、
僕が行ったのは10年くらい前になり、まだデジカメで写真を撮っていなかったころ。
なので、ここでお見せできるカットがありません。
いや、プリントしたものがあるはずなんだけど、探すのが面倒なので省略します。

ほかには世界自然遺産に登録されてはいなくても、日本の秘境のなかの秘境も。
こちらも、僕がほとんど毎年行っている行っている西表島です。
R0013863a
日本で唯一、、誰もがジャングルをテント泊で(頑張れば)歩ける場所。

最後に、山の奥深く。
年に10回以上は軽く行っている北アルプス、のなかの雲ノ平
Rimg0397a
この写真は、その雲ノ平から見た水晶岳です。
ほかに、北アルプスでは先日行ってきた黒部峡谷についても触れています。

このような場所を中心に、『モノ・スタイル アウトドア No.10』では、
他の場所についても紹介しております。
あくまでも僕視点で選んだ秘境で、しかもキャッチーな場所にとどめていますが、
興味のある方は、ぜひご覧になってください。

|

« 『PEAKS 12月号』発売中 | トップページ | 北アルプス/穂高連峰・ひとり歩き(前編) »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

ヤバイ、続きが読みたい
山に行きたい・・
寂しい山の風景いいです。

投稿: マイケル | 2011年11月30日 (水) 19時45分

マイケルさま

この雑誌の原稿、比較的ザックリしたものなので、
本当はもっと細かいことも書きたかったような気が。
とくに知床と西表島は。
僕が書いたものではないですが、面白い本も出ていますよ。

投稿: 庄太郎 | 2011年12月 2日 (金) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS 12月号』発売中 | トップページ | 北アルプス/穂高連峰・ひとり歩き(前編) »