« 男4人で橋の下、気田川&狩野川 | トップページ | 写真家・小林紀晴さんと、NHK紅白歌合戦(追記、さらに追記あり) »

2011年12月19日 (月)

『みんなの山道具』発売中

Imga
『みんなの山道具』というムックが発売されました。
たぶん60人くらいのバックパックの中身が紹介されていますが、
そのなかで僕の装備は6ページ分。
原稿も自分で書いて、詳しく説明しました。

想定としては、「冬の八ヶ岳」。
といっても稜線へ登ったりするのではなく、
美濃戸口あたりから行者小屋付近まで歩いて、雪中テント泊を行う程度。
活躍するのはスノーシューくらいという、
比較的初心者の方でも真似しやすい緩めの山歩きです。
軽さよりも快適度を重視してますが、ピッケルとアイゼンなどを加えれば、
一応、赤岳の山頂にも挑戦できるようなウェアとギアになっております。

しかし今回のような装備、この冬に使うことがあるだろうか‥‥。
というのも、今年の冬は書籍の執筆を予定しているため、
山に行くのは最低限にして、できるだけ我慢するつもりなんです。
(仕事という大義名分があれば行くけれど)
だから雪山の装備というのは、いくぶん願望まじりの想定なんですね。

アイテムの撮影はスタジオで行い、
以前このブログで紹介したスタジオ撮影の様子の2カットめになります。

実際のページは以下のような感じ。

Rimg0648a

Rimg0651a

Rimg0650a

これまでに何度か誌面で紹介したものもありますが、
今回が初お目見えのものもけっこう入っています。

また、このムックには「わが愛しき山道具」というページがあって、
そこに登場する3人分の原稿も書きました。
このページには僕自身も出ていて、私物のプリムス/2243バーナーを紹介しています。
ひとつ白状しておくと、これ、いかにも他の人が
僕に聞いて書いたような原稿になっていますが、実際に書いたのは自分自身。
それを知っていて読むと、なんだかおかしな気分になるかも。
ちなみに、見出しが「25年物の~」となっていますが、正確には26年ものでした‥‥。

そんなわけで興味があれば、詳しい内容は買って読んでみてください。
立ち読みするには、ちょっと文章量が多いかもしれませんよ。

|

« 男4人で橋の下、気田川&狩野川 | トップページ | 写真家・小林紀晴さんと、NHK紅白歌合戦(追記、さらに追記あり) »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

高橋庄太郎さん、はじめまして。ふみと申します。
「PEAKS」などを始めとする山雑誌で、いつも楽しく庄太郎さんの記事を拝読しております。
山登りの初心者で徐々に山道具を買い揃えているところなのですが、
アウトドアショップに行っても一体自分には何が必要で
何から手をのばせばいいのか
いつもその道具の多さに圧倒されるばかりだったので、
『みんなの山道具』を熟読し参考にさせていただきたいと思います!嬉しい〜。
あと個人的な話で恐縮なのですが、私の夫が庄太郎さんと外見が似ておりまして
(といっても庄太郎さん程のイケメンではないのですが・・・笑)
登山ウェアのスタイリングも参考にさせていただいております。
これからもご活躍を楽しく見守らせていただきますので、色々教えてください。
長々と失礼致しました。

投稿: ふみ | 2011年12月21日 (水) 18時52分

おおっと、未チェックでした。
と言うことで本屋に直行、即買い、即読み。。。
いつも写真を見て「どこのだろう?」って、、、でしたが、これだとわかりますねぇ。
そして参考になりますねぇ。
で、私、結論として、“日帰りOr泊、テントOr小屋、季節によっても違うし、そして人間だから機能だけでなく好みっていうものもあるし、それぞれだねぇ”ってことでした(笑)
できれば、履いている靴、み~んなの知りたかったですねぇ。
春夏秋編もお願いしたいのでヨロピコで~すぅ。

投稿: 修 | 2011年12月21日 (水) 21時39分

ふみ様

ご愛読、ありがとうございます。
このムック、もう少し文字数があれば、
できるだけ多くのものに商品名を入れられたのですが、
それでもその気になれば、同じようなものを探せるかと思います。
でも、最終的に使いやすいかどうかは、
その人それぞれで違うので、
自分にとってベターなものを探してください。
それと、旦那さんのウェアも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
修さま

今回紹介したのは雪山用なので、
けっこうゴツい道具が多かったのですが、
なんらかの参考に、どうぞ。
無雪期の道具もこれまでに何度か誌面で紹介していますが、
私物なのでいつも同じようなものになってしまうのが問題点。
でも、きっと来年も紹介する機会がありそうなので、
楽しみにしていてください。

投稿: 庄太郎 | 2011年12月22日 (木) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男4人で橋の下、気田川&狩野川 | トップページ | 写真家・小林紀晴さんと、NHK紅白歌合戦(追記、さらに追記あり) »