« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月28日 (土)

昭文社(山と高原地図)の取材

Rimg0700a
先日、出版社「昭文社」にお邪魔して、取材を行ってきました。
山好きにはお馴染みの「山と高原地図」を作っている会社ですね。
取材の目的も、もちろんその「山と高原地図」。
ヘビーユーザーの僕は以前から担当の方に聞いてみたいことがあり、
やっと実現した取材なのでした。

詳しくは近いうちに発売される雑誌を見てほしいのですが、
昭文社さんではこんなものを見せてもらいました。
Rimg0698a
来月、再来月にまとめて発売される「2012年度版」のために、
実地調査をふまえて情報を更新し、赤字を入れて校正作業中の地図。
縦も横も、販売されているものの倍くらいの大きさに拡大され、
詳しく書き込みがなされています。
このようなものを見せてもらいながらの取材は、非常に面白かったんですよ!
最終作業中でお忙しいところ、約束の時間の倍もかけて説明していただき、
僕はますます「山と高原地図」に愛着を持ってしまいました。

昭文社という会社、もともと僕はとてもすばらしい会社だと思っていて、
例えば、昨年は大地震関連の地図でも役立つものを作ってくれています
(それらの地図を紹介しているときのこのブログ、今見るとちょっと品がないけれど)
「山と高原地図」以外の出版物も、僕の家には数え切れないほどあるんです。

話を「山と高原地図」に戻すと、先ほど「僕はヘビーユーザー」と書きましたが、
先ほど実際に手元にある数を数えてみたところ、なんと121部!
古いものも捨てず、かつ新しいものを毎年買い続け、
しかも古本屋などで大昔のものを見つけるとすぐに「資料」として購入するため、
こんな数になってしまったのでしょう。他社の新旧の登山地図も所有しているのに、
「山と高原地図」だけで、軽く100部以上とは。
国土地理院発行の1/25000や1/50000地形図よりも多いかもしれません。

下の写真は、うちにある「山と高原地図」の新旧のパッケージ。
Rimg0701a
ここにあるだけで、6種類。手元にあるもので一番古いのは、左上のもの。
このころから「山と高原地図」には防水性で強いユポ紙が使われ始めており、
劣化しにくいからか、わりと保存状態がよいものもときどき古書店で見かけます。

昔の地図を見ると、今は廃道になった登山道が載っていたり、
反対に今はある登山道がまだ作られていなかったり、
また、小屋やキャンプ地が思いがけない場所に存在していたりと、
とにかく面白いんですね。
僕は北アルプスを中心に昔の地形図も集めていて、
陸軍の陸地測量部が作った80年近く前のものなども手元に多数あり、
それはそれで見ているといくらでも時間がたつほど面白いのですが、
人間の視点で役に立つ情報が満載された「山と高原地図」には、
また別種の面白さがあるんですね。
だから今も、山に入るときは「最新の山と高原地図」、「昔の山と高原地図」、
「国土地理院の地形図」という組み合わせで地図を用意することが多いのです。

そんなわけで、僕は昔の「山と高原地図」を見かけると迷うことなく購入しており、
今は「白&ピンク」パッケージ時代(だいたい1970~1980年代)のものだけで、
15部ほど集まってしまいました。
Rimg0707a
今も常に「売っているものはすべて買う」という心構えで古書店をチェック。
僕としては仕事のうえでも趣味の面でも、非常に貴重で得がたい情報源。
それなのに、ほとんどどれも数百円で買えるんですから、
同じ山域のものが複数になってしまっても、お構いなしです。

この地図にはウンチクっぽいネタも多数ありますが、
そのあたりは来月に発売される『PEAKS』に掲載されるので、
「山と高原地図」のユーザーの方は、お楽しみに。

| | コメント (5)

2012年1月20日 (金)

東北の山/仙台・泉ヶ岳

Img_5386a
年末年始を過ごした仙台に、再び行ってきました。
目的は「泉ヶ岳」。
僕が小学生のときに初めて登った山であり、初めてスキーをした山であり、
初めてキャンプをした山であり、小中学校の校歌に歌われている山であります。

この山行の話は、来月発売の『PEAKS』で書くので、ここではごく軽く、簡単に。
大地震のことも含め、地元の山ではいろいろと考えさせられることがあり、
雑誌上ではテイストをかなり変え、気合を入れて、しっかり書かせていただきます。
ちなみに、連載企画『東北の山々』の最終回です。

始発の新幹線で東京から仙台に向かい、カメラマンの後藤匡人くんと合流。
スキー場の駐車場にクルマをとめ、水神コースから山頂へ向かいました。
そんなわけで、今回のブログの写真に写っているのは、すべて後藤くん。
Img_5387a
後藤くんは僕と同じく、東京に住んではいるけれど、宮城県出身。
つまり、宮城県出身者での取材チームなんですね。
昨年の「宮城県石巻高校ワンゲル部夏山合宿」取材でも
僕とカメラマン柏倉陽介くんという同郷コンビを結成しましたが、
東北がらみの仕事のとき、こういう組み合わせは仕事がスムーズです。

このコースを歩くのは、一昨年の秋以来。
そのときも、これと同じような看板の写真を撮った気がします。
Img_5391a
足元に雪が積もっているので、上から目線の写真。
こういう色使いは、真っ白な雪のなかで映えますね。

天気はいまひとつでしたが、ときどき青空も。
Img_5400a
スノーシューをはいて徐々に高度を上げていき、このあたりは「賽の河原」付近。
Img_5403a
ここだけ雪が吹き飛ばされていて、岩が露出しています。
スノーシューのブレードがちょっと邪魔。

撮影しながらゆっくりと登り、約3時間で山頂へ。
Img_5408a
この日は、僕たちの前におそらく1人、そして僕たちの後を5人ほど、
山頂を往復した模様。平日なのにけっこう多い気がします。

ひさびさにはいたスノーシュー。今シーズンは、今回だけだろうな。
Img_5420a
昨年、僕はトレッキングポールを3本も折ったので、
手持ちのなかから使えるパーツを組み合わせ、
スノーバスケットを取り付けて今回は持っていきました。

下山の途中から吹雪。
Img_5421a
水神コースの目印である明治時代の石碑まで戻ってきたときには、
すでに数センチも積もり始めており、
その後はさらに本格的な吹雪になってしまいました。

そんななか、空に向かってカメラをかまえる後藤くん。
Img_5430a
レンズに雪が付着しないかと、少し心配になります。

一昨年前、僕が講話というものをさせてもらった「少年の家」まで戻ると、
先生に率いられた小学生の団体に遭遇。
Img_5432a
みんなものすごく元気で、走るような勢いで雪の道を歩いていきます。
僕たちよりもよほど速く、ドンドン先に行ってしまい、
ついには見えなくなってしまいました。
僕もこんな感じで、子どものころに雪の泉ヶ岳にいったことがあり、
まるで昔の自分を見ているようで、懐かしくなってしまいました。
何十年たっても、泉ヶ岳は仙台市民にとって身近な山なんです。

雪で隠された小川の横には、こんな看板が。
Img_5434a
バーベキューとともに禁止されているのが「いも煮」。
いも煮がバーベキューと同格に扱われているのが、いかにも東北。
僕も子どものころから、何度も河原で焚き火をして、芋煮会をやりました。

スキー場まで戻ると、再び天気は晴れに。
吹雪いているのは標高が高いところだけのようでした。
Img_5456a
遠くに見えるのは太平洋、その手前には仙台の市街地。
角度を変えると、海岸の工場などもよく見えました。
あの海に大津波が起こり、未曾有の災害になってしまったとは‥‥。
いまだ重い気持ちにならざるを得ない風景です。

この後、実家に少しだけ寄り、すぐに仙台駅へ。
せっかくの故郷なのに、日帰りしなければならないのが寂しいですが、
書籍の作業を進めなければならず、仕方ないのでした。
正月に帰省していたばかりなんですけどね。

以前よりもどことなく殺風景な仙台駅。
地震直後、仙台駅のJR関係者がどんなに頑張って復旧に務めようとしたのか、
僕はひとつ、非常によい話を聞いているのですが、
ここで紹介するのは難しいので、いずれ何かに書きたいと思ってます。
Img_5477a
帰りは、初めての「はやぶさ」。なかなか快適でしたよ。

| | コメント (15)

2012年1月16日 (月)

『モノマガジン 2/2号』発売中

Hha
『モノマガジン 2/2号』が本日発売されました。

僕が書いたのは「2012年 大予言」という特集とは関係なく、
レギュラーページ「世界の傑作品」のなかのひとつ、“ストームケトル”。
簡単に言えば、燃焼効率がよいイギリスのアウトドア的ヤカンです。
煙突状に中空になったポットとグリル部分を組み合わせ、
燃料にはそのあたりに落ちている小枝なんかが使えるという
素朴でいて温かみのあるデザイン。

わずか1ページではありますが、逆を言えばひとつのモノに関してだけで
1ページも使えるわけで、ライターとしては書き甲斐があります。
よくある商品紹介のページでは、
1ページで10個近いモノを紹介しなければならないこともあり、
そういうページ構成ではなかなか十分には書ききれないんですよね。

そんなわけで興味がある方は、『モノマガジン 2/2号』を。

| | コメント (2)

2012年1月14日 (土)

『PEAKS 2月号』発売中

Peaksa
『PEAKS 2月号』が本日発売です。

僕が担当したのは、不定期気味に連載になっている「マウンテンギア研究所」、
第18回目となる「ベースレイヤー」7ページ。
今号は、これだけ。

この「マウンテンギア研究所」もタメになるページになっているはずですが、
僕のページよりも見てもらいたいのが、
昨年の大震災以降に始めた「東北の山々」という連載。
今回は、僕が仙台第二高校の山岳部にいたときに
部の顧問だった伊藤朋幸先生に書いてもらっています。
Img_5481a
紹介している山域は、「南蔵王」。
山の紹介に加え、大震災以降、宮城県各高校の顧問の先生たちが
今後のことをいかに考え、山岳部がどのように活動していたのか、
リアルに伝わってきます。
これはぜひとも読んでもらいたい内容。
PEAKS編集部のみなさんには怒られるかもしれないけど、
この2ページだけは立ち読みでもいいので、読んでみてください。

この伊藤先生とは宮城県第一高校山岳部・夏山取材として
一昨年にはいっしょに岩手山に登ったり、
現在、先生が委員長を務めている宮城高体連登山専門部のリーダー研修会に
僕が呼ばれて、講師的な役割でスライドショーなどもしたことがあるなど、
今もお付き合いがあります。
この歳になっても、高校のときの先生とつながりがあるのって、いいものですね。

そんなわけで『PEAKS 2月号』、手に取ってみてください。

| | コメント (3)

2012年1月11日 (水)

『ワンダーフォーゲル2月号』発売中

5811_l
『ワンダーフォーゲル2月号』が発売中です。

大特集は表紙にもあるとおり、「山のQ&A」。
100ページを越える内容のうち、
僕が担当したのは、そのなかの「ウェア」と「テント泊装備」、計22ページ分です。
先月、WILD-1 印西ビッグホップ店にお邪魔し、
丸一日かけてショップの方の視点によるモノの選び方や考え方について話を聞き、
原稿にまとめました。僕自身も勉強になることがあり、タメになるページになってますよ。
ちなみに、ウェアの撮影の様子は、先月のブログの3枚目の写真です。
誌面と見比べてもらうと、きっと面白いでしょう。

この特集のなかでは、僕なりに考えていた最近のソロテント、ソロ山行のことも
「ソロテント最前線」というタイトルのコラムに書いております。
とにかくまあ、ここ数年、テント泊およびソロテントの人気はすごいもので、
本当はいくらでも書くことはあるのですが、今回はあくまでもコラム。
1ページだけですが、興味深い話も入っている(はず)なので、ご一読を。

ほかにも連載ものとして始まった「マウンテンギア・ブランド・ヒストリー」の第1回として、
「コロンビア」について、5ページ。
コロンビアといっても「日本企画」商品の話が中心で、
本国アメリカとは異なる日本独自のモノ作りに焦点を当てています。

そんなわけで、この号だけで僕が担当したのは28ページ。
1冊のうち、1/6くらい書いた計算になり、
ひとつの雑誌にこれだけ一度に書いたのは、ひさびさ。
年末に行っていた、もっとも大きな仕事でした。
頑張ったなあ。

| | コメント (4)

2012年1月10日 (火)

『MONO MAX 2月号』発売中

Monoa
『MONO MAX 2月号』が発売されました。この雑誌の仕事は初めてです。

といっても、原稿を書いたわけではなく
「買ってよかった! 大満足モノ」という特集のなかで、
アウトドアライターとして気に入っているものを選び、
持っていった私物のギアを見ながら取材を受けて
別のライターさんに原稿化してもらっています。

ちなみに、僕が「買ってよかった」ものとして紹介しているのは、
グラナイトギア「ニンバストレース」
パタゴニア「スーパー・アルパイン・ジャケット」
・スカルパ「ゼログラビティ10GTX」 という3点。
はじめの2つは、このブログでも話をしています。

スカルパのブーツは数年前からほぼ同じタイプをはいていて
今年からもう一足、サイズが微妙に違うものも手に入れて使っていました。
夏は山に行ってばかりなので、何足か用意しておかないとマズいんです。

しかし、このブーツのこと、特に何かをここで書いた記憶があるような、ないような。
写真には何度も写ってたように思うのですが。
例えば、昨年7月の表銀座コースの6カットめとか。
ちなみに、その写真は、今回の『MONO MAX 2月号』のページ内でも、
イメージカット的に使われています。

今回の取材&撮影の現場はこんな感じでした。
2011121515490000za
ジャケットとバックパックは写っているけれど、ブーツは隠れちゃってますね。

詳しくは雑誌を見てみてください。

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

生まれ故郷・仙台での年末年始

Img_1411a
年末年始は仙台で過ごしました。
昨年は大震災のこともあって、何度も東京と往復しましたが、
やはり正月の帰省は気持ちも違うものです。

気持ちは違うものの、実家がある住宅地から泉ヶ岳がよく見えるのは、変わらず。
夜になるとスキー場の照明もついており、なかなかきれいなものです。
しかし、大震災直後の暗澹たる精神で眺めたときには
まさか冬になってスキー場が再びオープンするとは思えませんでした。

下の写真は、初詣に出かけたときに見た南側からの泉ヶ岳。Img_5261a
夕方の光の中で見ると、紅葉の山のようにも見えます。

ちなみに、初詣は仙台の山間部にある「定義山(定義如来西方寺)」へ。
地震のときに本堂の壁に亀裂が入ったとのことですが、
その他は以前きたときと変わらず、名物の「あぶらあげ」も売られていました。
だけど定義山に至る道路は、地震のためにいまだ一部が通行止めでした。

今回の帰省は、少し時間に余裕があったので、
子どものころによく遊びに行っていた松島水族館にも行ってみました。
今は正式名称「マリンピア松島水族館」のようで。
Img_5376a
いわゆる「日本三景」、大観光地の松島にある、小さな小さな水族館です。

館内に掲示されていたのは、ここが津波に襲われてからの記録。
Img_5345a
日本全国からの支援によって、今は通常の営業に。
Img_5351a
本当にありがたいことです。

下の写真にはいかにも撮影禁止のようなマークがありますが、
正確には「フラッシュ撮影」が禁止されているだけ。
そんなわけで、こいつはマンボウ。
Img_5309a
僕が子どものときのイメージとしては、「松島水族館=マンボウ」。
小学生のころ、この水族館で「世界最長飼育記録」が更新されていて、
子供心にも、とても誇らしく思えたのを覚えています。
しかし、地震のために松島水族館の電力系統は失われ、
昨年はじめまで飼育していたマンボウは、
水温低下と水質悪化によって死んでしまいました。
今、元気よく泳いでいるのは、大洗水族館から寄贈されたもの。
死んでしまったマンボウはかわいそうだけど、
同じく津波でやられた大洗からの、こういう助け合いの気持ちはいいですね。

そういえば以前、友達の親戚が三陸の小さな漁町で漁師をしており、
子どものころに遊びに行って、毎日釣りをしていた記憶があります。
そんなある日、沖の網から上げられたのはマンボウ。
刺身にして食いましたが、白身で非常にうまい魚でした。
東北の海辺には、そのような楽しい思い出ばかりが残っています。
その友達とは今は連絡がとれないのでわからないのですが、
あの漁師さんの一家、なんとか生きているといいのだけど。

話を水族館に戻します。こちらは僕が好きな淡水系大ナマズと、ピラニア。
Img_5274a
こいつらも東北の寒い3月の停電に耐えたのかと思うと、
ますますかわいく見えるものです。

裏に海が見える会場で、アシカのショー。
Img_5313a
こういうもの、ひさしぶりに見ましたが、たまには悪くないですね。

外にあるペンギンの水槽には、津波の高さがわかる表示が。
Img_5272a
松島の付近は比較的津波の影響が少なく(高さ2m弱)、水没はまぬがれたようです。
それでも、水槽内のきれいな水と真っ黒な濁流を隔ていたのは、
この透明なアクリルの板1枚だけだったのでしょう。
水族館の建物の水没も1階部分にとどまったようでした。
大被害があった石巻とはそんなに離れていないのに、この程度ですんだとは
不幸中の幸いというか、大不幸中の不幸というべきか。
今となっては、とにかくまだマシだったといってよいのかもしれません。

水族館と海のあいだにある公園。
Img_5373a
歩く場所には盛り土がなされていて、樹木の多くは塩害で枯れていました。

震災から9ヶ月、今は平和そうに見える海。
Img_5375a
だけど、海辺の壁はいまだはがれたまま。

この後、海岸線を南下し、塩釜~多賀城と経由して仙台の実家へ戻りました。
いまも撤去されていない漁船や崩れたままの家屋も多く、
思い出の地はやはり深く傷ついていて、お正月のめでたい気持ちも半減。
だけど、国道沿いの復旧はかなり進み、港周辺も修復が進んでいました。
この短期間でここまで復旧させるとは、さすが宮城県人と誇らしい気持ち。
一方で、今も他県ナンバーをつけた支援関係のクルマが何台も走っており、
全国のみなさんの力に助けられたからこその復旧なんだとも深く感じました。

さて、実家に帰ると待っていたのは、うちの愛犬のモモちゃん。Img_5257a
ただでさえ寒さに弱いパグで、しかも老犬。
母が買ったらしい「がんばろう東北」という言葉が入った
フリース素材の温かそうな服を着ていました。

仙台から戻り、ここ数日は東京で通常通りにライター仕事を行っている僕ですが、
この1月のうちに、もう一度仙台に行く予定です。

| | コメント (5)

2012年1月 4日 (水)

いまさらですが、謹賀新年

Ggimg_5385a

今年もよろしくお願いします。

昨年に続き、今年も年賀状を出さないでしまいました。
年賀状って、なかなかすばらしい日本の文化だと思うのですが、
なんだか年々、年末がバタバタしてしまい、
年賀状を書く余裕がなくなってしまっています。
とほほ。

簡単に済ませちゃえばいいのだろうけど、
子どものころから毎年、版画を彫って、刷って、
それぞれの友人知人に一言ずつ書いてと、わりとキチンとやっていたために、
いまさらなんとなく中途半端にはしにくくなっちゃって。
それでも、ここ数年は版画を彫って1枚だけ刷ったら、
あとはパソコンでスキャンして、プリンタにお任せするという
お手軽な方法を取っていましたが今年は彫ることすらしませんでした。
むむむ、これでいいのか?

しかし、いまさら言うまでもなく、パソコンってラクですね。
上の画像なぞ、写真を何枚か撮ってみて、それからちょっとだけ画像処理を加え、
トータルで10分もせずに作れるんですから。
ちなみに、タツノオトシゴのフィギュアは、年末年始に帰省していたとき、
僕の実家がある仙台からすぐの松島水族館で入手したもの。
たしか今年って、辰年ですよね。そんなことすら、いまやアヤフヤ。

さて、今年に入って、早くも僕が本格的に作業へ取りかかっているのは、
3月中に出版される「北アルプス」の書籍。
いまだピンとくるタイトルが浮かばないのですが、
とにかく、テント泊前提で、北アルプスのルート選びができる本です。
主要な山の山頂への単純往復コースも含みつつ、メインは縦走路。
大震災さえなければ、本来は昨年6月に出版されるものでしたが、
延期されたことによって、もう一度考える時間が生まれたために、
内容は大幅に変更されています。

他の仕事もあるとはいえ、今年前半はなにより「北アルプス」の本。
雪山にもほとんど行かず、頑張りますよ。
北アルプスの山旅に興味がある方は、楽しみにしていてください。

| | コメント (6)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »