« 男4人と女1人で川の上、北関東/那珂川 | トップページ | 生まれ故郷・仙台での年末年始 »

2012年1月 4日 (水)

いまさらですが、謹賀新年

Ggimg_5385a

今年もよろしくお願いします。

昨年に続き、今年も年賀状を出さないでしまいました。
年賀状って、なかなかすばらしい日本の文化だと思うのですが、
なんだか年々、年末がバタバタしてしまい、
年賀状を書く余裕がなくなってしまっています。
とほほ。

簡単に済ませちゃえばいいのだろうけど、
子どものころから毎年、版画を彫って、刷って、
それぞれの友人知人に一言ずつ書いてと、わりとキチンとやっていたために、
いまさらなんとなく中途半端にはしにくくなっちゃって。
それでも、ここ数年は版画を彫って1枚だけ刷ったら、
あとはパソコンでスキャンして、プリンタにお任せするという
お手軽な方法を取っていましたが今年は彫ることすらしませんでした。
むむむ、これでいいのか?

しかし、いまさら言うまでもなく、パソコンってラクですね。
上の画像なぞ、写真を何枚か撮ってみて、それからちょっとだけ画像処理を加え、
トータルで10分もせずに作れるんですから。
ちなみに、タツノオトシゴのフィギュアは、年末年始に帰省していたとき、
僕の実家がある仙台からすぐの松島水族館で入手したもの。
たしか今年って、辰年ですよね。そんなことすら、いまやアヤフヤ。

さて、今年に入って、早くも僕が本格的に作業へ取りかかっているのは、
3月中に出版される「北アルプス」の書籍。
いまだピンとくるタイトルが浮かばないのですが、
とにかく、テント泊前提で、北アルプスのルート選びができる本です。
主要な山の山頂への単純往復コースも含みつつ、メインは縦走路。
大震災さえなければ、本来は昨年6月に出版されるものでしたが、
延期されたことによって、もう一度考える時間が生まれたために、
内容は大幅に変更されています。

他の仕事もあるとはいえ、今年前半はなにより「北アルプス」の本。
雪山にもほとんど行かず、頑張りますよ。
北アルプスの山旅に興味がある方は、楽しみにしていてください。

|

« 男4人と女1人で川の上、北関東/那珂川 | トップページ | 生まれ故郷・仙台での年末年始 »

街(まち)」カテゴリの記事

コメント

新年明けましておめでとうございます。

高橋さんのブログは読ませていただいておりましたが、初コメさせていただきます。
昨年はいきなり・・・申し訳ありませんでした。
早速「トレッキング実践学」「みんなの山道具」2冊購入し日々勉強させていただいております。

本年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: T.Kuroda | 2012年1月 4日 (水) 23時14分

あけましておめでとうございます。
昨年はいっぱいの山旅話をありがとうございました。
松島水族館、、、私も行きましたねぇ。
一等初めは、小学生の頃、夏休みに、父と兄と祖母と松島に行ったときに、、思い出すと遊園地あったような、、あれが水族館だったのかなぁって。
それから、子どもたちが小さかった頃、仙石線乗って、ラッコとか見たなぁ。
最近は、毎年暮れに松島で過ごしていたのに一昨年から行けなくなって、、今年は行こうかな、水族館も。。。
松島は震災の被害も少なかったと聞いたけど、、、東北みんな元気だしてほしいです。
庄太郎さん、、今年もいっぱい山の話を聞かせてくださいね。
楽しみにしています、東北の山の話も。。。

投稿: 修 | 2012年1月 5日 (木) 08時31分

あけましておめでとうございます。

今年も耳寄りな情報をブログを通して教えてください。

出版される「北アルプス」、楽しみにしています。
今年は夏に唐松岳から針ノ木岳までテント泊で縦走したいと思っています。

投稿: SW | 2012年1月 5日 (木) 22時21分

迎春

庄太郎さんや
庄太郎さんの
大切な人達が
笑顔でいっぱいの年に
なりますように。


年賀状、今年は元旦に間に合いませんでした。それは庄太郎さんのと同じ理由です。しかもパソコンなし、プリンターナシな我が家。しかも(2回目)何故か今年は絵の具で手書き…
年々枚数が減ってきてます(汗)まんべんなく広範囲にできれば…この性格なんとかしたい(泣)

庄太郎さんの『アルプス』楽しみにしてます♪

投稿: あいこ | 2012年1月 5日 (木) 22時36分

あけましておめでとうございます\(^o^)/ ♪ いつもいつもブログ、記事、楽しみにしております‼ 庄太郎さんのスタイルが私はすごく共感できる部分が多くていつも参考にしております(*^_^*) いつかどこかの山でお会いできる時を期待しつつ、今年も山に登ります!日本が平和で、庄太郎さんがhappyな一年になりますように☆

投稿: Rena | 2012年1月 5日 (木) 22時44分

T.Kurodaさま

FACEBOOKの件は、申し訳なく思ってます。
ただ、そういうわけなので、ご了承を。
次の本は「トレッキング実践学」よりも、
北アルプスをテーマにしているために
いくぶん限定された読者向けですが、
興味があれば、そちらもよろしくです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
修さま

松島水族館は、大人になってから行くと、
あれ、こんなに小さかったっけ? という規模ですが、
素朴な感じがして、なかなかいい場所でした。
また行ってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
SWさま

唐松から針ノ木までをテント泊縦走は、
かなり長い距離を歩く日が、1日生じますね。
その問題となる日をどう歩くかも、
僕の次の本では触れるはず。参考にしてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あいこ様

年賀状って、自分が楽しもうと思えば、
面白い作業ですよね。
時間さえあれば、じっくり作るんだけど‥‥。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Renaさま

僕は今年も日本の山に登り続ける予定です。
書籍の作業さえ終われば‥‥。
たぶん今年も北アルプス中心なので、
見かけたら声をかけてください。
ひとりで歩いているふりをして、
近くにカメラマンがいたりもしますけれど。

投稿: 庄太郎 | 2012年1月 6日 (金) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 男4人と女1人で川の上、北関東/那珂川 | トップページ | 生まれ故郷・仙台での年末年始 »