« 『PEAKS 3月号』発売中 | トップページ | 次の書籍のタイトルと表紙、やっと(ほぼ)決定 »

2012年2月24日 (金)

最近、パラパラと めくっている本(前編)

山にも行かず、街にすらめったに出ず、このところ自宅での仕事ばかり。
「北アルプス」に関する書籍を書いている、というか作っているからなのですが、
本当のところ、もう心身ともに疲弊しております。
予定通りの発売に間に合うのかどうか、ほとんど自信がありませんよ。

そんな日々を送るなか、僕の気晴らしとなっているのが、今回紹介するような山の本。
といっても、じっくり読む余裕はないので、パラパラとめくって眺める程度なのですが。
ついでにいうと、このブログをアップするのも気分転換の一環なので、
非常に適当に書かせてもらいます‥‥。
とくに古い山の本に興味がない方は、スルーしちゃってください。

こちらは昭和29年に発行された「立山・剱・黒部」、
および昭和30年の「上高地・槍・穂高」のガイドブック。
Img_5548a
今から58~59年も前の本だけあって、写真も不鮮明。
おそらく「上高地」の表紙は、もともとカラー写真ですが、
「立山」のほうは、モノクロ写真に着色したものでしょう。
Img_5546a
このようなビジュアル的要素は非常に少なく、ほとんどが文字。
しかし、今はない登山道や山小屋も紹介されていて、
かなり前から北アルプスの歴史を調べ、
知識をつけたいと思っている僕には、ものすごく面白い内容です。
なにしろ、あの黒部ダムができる前どころか、
着工すらされていなかった時代の北アルプスなんですからね。
もちろん今となっては、ガイドブックとしては実用的ではありません。

この2冊は、古本屋で1冊数百円で買えました。
今の本どころか、ウェブ上にも一切ない情報がたっぷり入っているのに、安いなあ。
こういう古書で集めた情報が、これからの自分の仕事の糧となるはず。
うん、きっと。

しかし、こちらはとても高価な本。
現在、例えばアマゾンでは1万円近い値段をつけている『日本山脈縦走』です。
こいつは昭和35年発行なので、今から52年前の本か~。
Img_5539a
内容は、読売新聞社が社業として行なった、「本州の山々をつなぐ大縦走」。
だから、「日本山脈」なんていう、聞いたこともない言葉がタイトルになっているんです。
具体的な内容は、東西2班に分けて、それぞれ45日かけて山の中を歩き、
最後には富士山で合流する、という長大な山行の記録。
当時の新聞には、この本の内容よりも、もっと詳しい話が掲載されていたはずで、
昔の新聞もあさってみたくなります。
自分が生まれる前に、こういうことが行なわれていたとは、スゴいですね。

さて付属の地図によると、この大縦走では下のようなルートをとったようで。
Img_5542a_2
この本は以前からほしかったのですが、どうしても値段が問題で、躊躇していました。
だけど、意外と安く売っているのを発見し、思い切って購入。
僕は海外のロングトレイルよりも、こんな日本の山の大縦走のほうに興味があり、
いつか自分の足で歩ききってみたいと思ってます。

とはいえ、この本のルートは、富士山で合流するために、どうにも不自然。
それに、登山道以外はクルマもけっこう使っているようです。
すべて歩ききるなら、自分なりに面白そうなルートを考えたほうがいいでしょうね。
まあ、本当に挑戦するときがきても、
それが3年先なのか、10年先なのか、20年先なのか、まったく想像がつきません。

しかし、実際に実行しないとしても、こういうデカい話は
地図を見ながら頭の中で計画をたてるだけで、相当に楽しめます。
何回に分けて歩くか、食糧補給はどうするか、どこにテントを張るのか、
それとも小屋を利用するのか、登山道がない場所は残雪期に歩くべきか、とか。

他にも、いくつもの面白そうな本を手に入れているのですが、
書きつかれてきたので、また後日に。
そんなわけで、今回は「前編」としておきます。

|

« 『PEAKS 3月号』発売中 | トップページ | 次の書籍のタイトルと表紙、やっと(ほぼ)決定 »

街(まち)」カテゴリの記事

コメント

日本山脈縦走 いい響きですね!僕もそういうロングトレイルを計画をしたことがあります。
やはり全行程をテン泊で行きたいところなので、山中以外はキャンプ場で繋げられるかなど、全国キャンプ場マップなど見てワクワクしていました。日本は世知辛いので公園などでテントを張ろうもんなら職質されること請け合いです(笑)昔、都内の公園で張ったら即通報され、あやうくレザーマン没収の事態まで招きましたよ・・(゚ー゚;
なのでそこからの旅のスタイルはシュラフのみの野宿。雨が降ったらゴアテックスの2レイヤーカバーに顔はレインウェアをかぶるのみ。
それでも怪しさは否めませんけどね!いやほんと日本は世知辛いです。
お仕事頑張ってください!僕も仕事の合間の息抜きでコメントしてみました(*´ェ`*)

投稿: 津田沼飲兵衛 | 2012年2月24日 (金) 17時51分


ご無沙汰してます。コメントは久々になりますが、庄太郎さんのブログは毎回楽しみで、拝見させていただいてます。


私も仕事の都合でなかなかまとまった休みが取れないのですが、職場に向かう朝、車の運転席から丹沢山系の山並みが綺麗に見える天気の良い日には、「今日は絶好の山日和なのに・・・」と思いながら、昼休みには山の本を開いて、今すぐには行けない「山」に思いを馳せたりしています。だから、冒頭の庄太郎さんの気持ちが分かるような・・・

今、書かれている「北アルプス」の本、私を始め、多くのファンの方々が発売を楽しみにしていると思います。本を一冊出すというのは大変なことかと思いますが、頑張って下さい! 待ってますから! 「実践学」の本のように、庄太郎さんのノウハウをまた学べるのを楽しみにしています。

それにしても日本縦断なんて、昔の人達もスケール大きく行動されていたのですね。驚きました。後半も楽しみにしています!

では、これから庄太郎さんの記事が載ってる最新刊達を買いに行って来ます。

投稿: sakuya | 2012年2月24日 (金) 19時57分

お疲れ様です。
私も、仕事柄、まとまった休みを取ることが出来ませんが、気持ちは、ヤマにあります。

「日本山脈縦走」…、今から、50年も前に、今よりも装備が充実していなかった時代に、私たちの生まれる前から…、先人たちは成し遂げたわけですね…。
本当に、凄いごどですね!

私も、何年先になるかわかりませんが、是非とも挑戦してみたいです。

「北アルプス」の本、作るの大変でしょうけれど、頑張って下さい!私も、楽しみにしている一人ですから♪

投稿: 酒屋の伜 | 2012年2月26日 (日) 10時55分

津田沼飲兵衛さま

僕が全縦走をやるなら、形にはこだわらず、
テントも避難小屋も利用して、街では宿に。
ルートも自分の興味に合わせて適当でしょうね。
自分が面白ければ、なんでもよさそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
sakuyaさま

僕はこのところ、テントのなかで寝たくてしかたありません。
今はベッドすら使わず、仕事部屋の床やソファの上で仮眠する程度。
本は予定通りのすけじゅーるで出版できるのか、もうよくわかりません。
ともあれ、頑張ってますよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
酒屋の伜さま

本州すべての縦走って、意外と途中で飽きるのかも。
だけど、やりきる達成感はすごいでしょうね。
あの本では大組織を組んでやってますが、
今ならば個人でやるほうが面白いはず。
本当に、頭の中で考えているだけで楽しめます。

自分の本作りも、いろいろな面で多くの人の力を借りていますが、
文章だけは個人戦です。

投稿: 庄太郎 | 2012年2月28日 (火) 14時59分


こんばんは! 
まだまだ夜は冷え込みますから、床寝で体調崩されないよう気をつけて下さいね。

今日、日中天気が良かったので、近くの相模川まで食材と椅子持参で歩き(自宅から1時間半程です) 、ちょっとだけアウトドア気分を味わってきました。まとまった休みが取れないときでも、たまにはこんなのもいい気分転換になりますね。
今回は、野菜とベーコンのスープに、今ちょっとハマっている黒糖パンを食して来ました。

庄太郎さん宅のお近くにも、自然を感じられる場所はありますか?

投稿: sakuya | 2012年3月 3日 (土) 23時28分

sakuyaさま

いいですね、外で気分転換できて。
うらやましいです。ああ‥‥。

僕はこのところコンビニにたまに行く程度で、
書籍のツメの打ち合わせも自宅近くまで
担当の方に来てもらっているので、
電車にすら乗っていません。

僕の自宅のそばには、かなり大きな公園があり、
なかなか自然を感じさせてくれるのですが、
そちらにもまったく行っていません。
早く、この状況から脱したいです。

投稿: 庄太郎 | 2012年3月 4日 (日) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS 3月号』発売中 | トップページ | 次の書籍のタイトルと表紙、やっと(ほぼ)決定 »