« ”UNICO CAMP”(+那須岳登山)のお知らせ | トップページ | 『モノ・スタイル アウトドア No.11』発売中 »

2012年3月21日 (水)

あと10日で発売される僕の本について

Img_5579a_2
3月30日に発売される僕の本『北アルプス テントを背中に山の旅へ』の件です。

見本が刷り上ってきて、僕の手元まで送られてくれば、
ここで発売前に詳しく紹介しようと思っていたのですが‥‥。

じつは今日から今月いっぱい、留守にいたします。
毎年通っている、西表島に行ってくるんです。
発売が3月30日の予定なので、つまり発売日には自宅にいないんですね。
僕自身、帰宅しないと本になった状態を確認できないわけで。
というわけで、実物を踏まえての説明は、発売日のあとになってしまいます。

とりあえずお伝えしておきたいのは、まずは書店で実物を確認して、
そのうえで、面白そうだったらお買い上げいただきたいということ。
中身を見ないまま、ウェブ上から買ってしまうと、
実物を見て、がっかりする可能性もないわけではありません。
読む人にとって価値のないものだと、書いたこちらも悲しくなるので、
無駄なお金は使わないようにしたほうがいいですよ。

もちろん、作り手としては、面白いもの、意味のあるものを作ったという自負はあります。
ただ、今までにない微妙なラインを狙っており、
そこを誰もが気に入ってくれるかどうかには、ちょっと不安もあるんです。
だから、やはり書店で確認、もしくは僕の説明を聞いてもらってから
買ってもらったほうが間違いないと思っているんですよね。

ところで、冒頭の写真は、この本を書いていたときの僕の机。
本のなかに「計画を立てる」という項目があるのですが、
その部分のイメージカットとして、自分で撮ったものです。
実際は、この本を書いているときは周囲に資料や地図が散乱し、
片付ける余裕もなくて、ひどい有様だったんですけどね。

それにしても、これから出発する西表島が楽しみ。
西表島、知床、そして北アルプスが日本にあるだけで、僕は幸せです。

|

« ”UNICO CAMP”(+那須岳登山)のお知らせ | トップページ | 『モノ・スタイル アウトドア No.11』発売中 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さん
お疲れ様です!
待ちに待った新刊!必ず、書店で手に取って、見たいと思います‥。

西表島ですか。
あれからもう1年ですね‥危ない岩場を登って断念した話しですよね?あれは読んでてハラハラしました~。今回はイリオモテヤマネコに会えるのかな?
帰ったらまた楽しいお話しのせて下さいね。楽しみにしてます。
気をつけて行ってらっしゃ~い♪

投稿: aiko | 2012年3月21日 (水) 14時50分

庄太郎さん、はじめまして。
いつも、楽しく読ませていただいています。

新しい本をとても楽しみに待っている、この頃です。
前書「トレッキング実践学」で、山登り、テン泊に目覚めたといっても過言ではありません。
今の自分のバイブルです(o^-^o)

今度の本を読んで、また今年も北アルプスに行きたいと思います。

投稿: あいらんど | 2012年3月23日 (金) 22時09分

庄太郎さんはじめまして。自分も前の本何回も読み返したりしてます。大変参考になります。さっきアマゾンで予約してきました!!次の本も自分にとって大切な一冊になると思います。これからもご活躍お祈りしてます!!

投稿: かりまー | 2012年3月23日 (金) 22時53分

庄太郎様

西表島はいかがですか!?

新刊、無事の発売、おめでとうございます!! &お疲れ様でした。
先程、予約しておいた書店にて購入し、まずは感動! そして早速拝読させて頂いてます。

最初の見開きの写真、深い青色の空と美しい山並み・・・本当に、昔からある山岳信仰も納得できる荘厳さに、胸が震える感覚を覚えました。そこに佇む庄太郎さんの姿が奇跡のようで、自分もいつかこの場所に立つことができるだろうか、と夢を膨らませながら、ざっと全体に目を通してみました。

「実践学」の時も感じましたが、見出しがとても分かり易く、また文章の潔さが、読んでいてやっぱり清々しく感じますね!
これからじっくり読んで、また庄太郎さんから学ばせて頂きたいと思います。

いつか、憧れの鑓温泉にも行けるでしょうか・・・
この本を手にした嬉しさを、庄太郎さんご本人にお話したい気持ちでいっぱいですが、まずは庄太郎さんのこれらの本で学びながら、トレッキングの技術を身に付けて行きたいと思います。

素晴らしい本を有り難うございました。

投稿: | 2012年3月30日 (金) 22時36分

高橋さんこんばんは。

「北アルプス」購入させていただきました。

望んでいたとおりの内容で、とても満足しています。

今年は唐松岳から針ノ木岳と、燕岳から霞沢岳までテントを背負って縦走したいと考えているので、参考にさせていただきます。

投稿: SW | 2012年3月31日 (土) 22時00分

庄太郎さん

素敵な本をありがとうございます☆

たくさんの素敵な写真に、超テンションあがる目次、たくさんの北アルプスのお山たち!!!!
何度も何度も読み返しちゃいました。

今年の夢は、どこかのお山で庄太郎さんとバッタリお会いすることです!!
早く夏にならないかなぁ〜

投稿: おび | 2012年4月 1日 (日) 00時33分

お疲れさまです!
4件回ったんですがどこにも売ってなかった。。。

まさか、もう売り切れ!??

また明日探してみます。。。

投稿: カミナリおやじ | 2012年4月 2日 (月) 21時26分

aikoさま

西表島は、今回も最高でしたよ。
前回は失敗に終わった場所にも到達できたし。
今回のたびの話も、徐々にここで書いていこうと思ってます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あいらんど様

今度の僕の本、テント泊で北アルプスを歩く人には
少しは役立つことが書いているかと思います。
ぜひ、読んでみてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かりまー様

予約までしていただいたようで、ありがとうございます。
アマゾンでご購入であれば、感想をレビューしてくださるとうれしいです。
イマイチであれば、それでもかまいませんので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(無名)さま

早速買っていただいたようで、ありがとうございます。
発売日前から留守にしていたもので、
本になった形のものって、僕もまだ見たばかりなのですが、
あのようなもので大丈夫だったかと心配。
ともあれ、ほめていただいてありがたいです。
今年はぜひ、鑓温泉に行ってみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
SWさま

ご購入、ありがとうございます!
「唐松岳から針ノ木岳」「燕岳から霞沢岳」ともに、
僕の本で紹介した2つのコースの組み合わせですね。
計画の参考にしてもらえると、うれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おび様

すでに何度も読んでいらっしゃるんですか?
なにかおかしい部分を発見したら、ぜひ教えてください。
あまりにも最後の作業がバタバタになってしまったので、
ミスがあったらどうしようかと思っているんです。
今年も僕は、北アルプス中心に山に行くので、
どこかで見かけたら、声をかけてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
カミナリおやじ様

あれ? 書店にないですか‥‥。
今回、予想以上の冊数を刷ってもらっているので、
売り切れってことはないと思うのだけど。
たまたま、その書店になかったのかもしれません。
もうちょっと探してもらうか、ウェブでご購入を。
カミナリおやじさんの写真も使われています。

投稿: 庄太郎 | 2012年4月 2日 (月) 22時27分

庄太郎様

はじめまして、いつも雑誌等でご活躍を拝見させて頂いてます。
庄太郎さんの本のお陰で、アウトドアに目覚めました、未だ平地や川辺などの散策などしてキャンピングを楽しんでますが、いつかテントを背負って山の方にも行ってたいです。

もう新刊の本を読んで、気になる場所をチェックしてます。
その前に山行にも耐えれる体作りをしないといけませんがね・・・。

投稿: 一休 | 2012年4月 3日 (火) 15時43分

一休さま

僕の本を買ってくださったとは、感謝します!
森や海、川など、アウトドアにはいろいろな方面がありますが、
山ばかりの日本に生まれたからには、
山でのキャンプもしたほうが、絶対に面白いですよ。
ぜひ、今年は試してみてください。

投稿: 庄太郎 | 2012年4月 3日 (火) 23時55分

こんにちは。
私も購入しましたよ。
とても参考になりますね
テントを入れた重いザックを背負ってる自分が好きですね(#^.^#)

マックパック75の件でもコメント入れてますよ(^-^)/
いつか山ですれ違う日が来たら嬉しいですね。
頑張ってくださいね(^O^)

投稿: なお | 2012年4月19日 (木) 13時02分

なお様

ご購入、ありがとうございます!
北アルプスをテーマに、テント泊に絞った本は、
たぶん日本でこれだけのはずです。
面白そうなルートを探して、歩いてみてくださいね。

投稿: 庄太郎 | 2012年4月25日 (水) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”UNICO CAMP”(+那須岳登山)のお知らせ | トップページ | 『モノ・スタイル アウトドア No.11』発売中 »