« 最近、パラパラと めくっている本(前編) | トップページ | 『Japan in a Day』プロジェクトに御協力を! »

2012年3月 4日 (日)

次の書籍のタイトルと表紙、やっと(ほぼ)決定

Img_5610a_2
こんなことをしている場合ではないのですが、お知らせです。

現在、製作/執筆がまだ続いている、僕の書籍のタイトルと表紙が決まりました。
正確に言うと、「ほぼ」。まだ若干、変更される可能性はありますが、
おそらくここから大きく変わることなく、決まることでしょう。

タイトルは『 北アルプス ~テントを背中に山を旅する~』。

内容を説明する「帯」の文言は以下のような感じ。

「山で過ごす夜は、
なぜこんなに気持ちいいのか?

エピソードから選ぶ、56の山旅ルート
自分が目指すべき山、歩くべき登山道がわかる!

この部分に関しては、変更される可能性はありますが、
内容の雰囲気は伝わるはずです。

で、各章の構成。

序章 大山脈・北アルプスの魅力
1章 北アルプス入門の山
2章 百名山最楽往復法
3章 大定番長距離縦走ルート
4章 挑戦的長距離縦走ルート
5章 山頂は通らない山の旅
6章 北アルプス南北全踏破
7章 北アルプス山岳道具学

それぞれの章の終わりには、ちょっとした実用コラムもつきます。

もうちょっと詳しいことは、すべての作業が終わって、
時間に余裕が出てきたタイミングで改めてしますね。

そうだ、表紙のことを忘れてました。
今のところ可能性が高いのが、いちばん上のもの。
もしくは、同じ写真を全面に敷いたものです。
このまま本決まりになるとうれしいけど、どうなることか。
ちなみに、この写真の撮影ポイントは、一昨年前の五色ヶ原。
1週間かけて、立山~笠ヶ岳を縦走しているときのものです。

発売は3月27日の予定。
すべては僕がキッチリ終わらせられるかにかかっています。
本当はもう作業が終了しているはずだったのに、
今もまだ書き続けているんですから。
それなのに、確実に間に合うと断言できないのが、非常にマズい。

あともう少し、頑張ります!

 

|

« 最近、パラパラと めくっている本(前編) | トップページ | 『Japan in a Day』プロジェクトに御協力を! »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

コメントの投稿時間を見て驚きました。まさか完徹とか・・・ちゃんと少しでも睡眠とって下さいね。

今回の「表紙」や「構成」を目にして、期待感で思わず顔が緩んでしまいました!!!

それにしても、ルート紹介だけでも56もあるなんて、他の章も含めて、今回の本の作成がどれだけ大変か想像できるような気がします。
僕はまだ北アルプスを体験したことがなく、もう少し他の山で修業してからと思っていますので、その憧れの山々に向かう前に、今回の庄太郎さんの本に巡り会える幸運にひたすら感謝です!

発売を心待ちにしてはいますが、そのお近くの公園で目を休める時間が少しでも作れればいいのに、とも思います。難しいかな・・・

投稿: sakuya | 2012年3月 4日 (日) 08時00分

3月27日ですか、ホントに『こんなことをしている場合ではないのですが』ですねぇ(笑)
“山で過ごす夜は、なぜこんなに気持ちいいのか?”、、、ホントですねぇ。
“56の山旅ルート”って、これは北アルプス史に残る仕事になりますよw。
“自分が目指すべき山、歩くべき登山道がわかる!”、、、この歳になって、自分の歩いてきた道、目指してきた道が、ますます解らなくなっている今日この頃です(笑)
ですが、山行は人生の方向性としても間違ってないと核心しているんですよ、地図無しGPS無しでも。。。

投稿: 修 | 2012年3月 4日 (日) 08時32分

こんにちは。今、谷川岳の帰りです。2年前の夏にはどしゃ降りにあいましたが、今日は素晴らしい快晴!! 冬の谷川岳ではなかなか珍しいことらしいですねぇ。

新しい本、初級者から上級者までが楽しめそうな内容で、非常に楽しみです。早く読みたいので是非頑張って下さい!

投稿: boriko | 2012年3月 4日 (日) 16時01分


おばんかだです。
庄太郎さん、お疲れ様です。

タイトル…、イカしますね~♪
本当に、楽しみでなりません!!

56もの、山旅ルート…、想像もつきません♪
それぞれの章の終わりの実用コラムもとても、楽しみです!

発売日迫って、大変でしょうけど、無理なさらずに。


投稿: 酒屋の伜 | 2012年3月 4日 (日) 18時02分

庄太郎さん、はじめまして。
いつも、楽しく拝見してます!!


いよいよ庄太郎さん本の第二弾ですね☆
ずーっと楽しみにしてました!!


うち、去年の11月に結婚しました。
会場にテント張っちゃうくらい山一色な式になりました。
そして、新婚旅行は夏に二週間くらい北アルプスの縦走に出掛ける予定です。
庄太郎さんの本を参考にルート考えさせてもらいます!!

忙しい時期ですが、体に気をつけてくださいね☆

楽しみに待ってます!!

投稿: おび | 2012年3月 5日 (月) 01時01分

高橋様

はじめまして。40歳3児の父です。
この正月に奈良の観音峰へ家族で初日の出雪中登山をして以来、
毎週家族5人で雪山登山に行っています。
子供は8♀,5♂,3♂歳。
主に奈良県が多いのですが、
薊岳、明神平x2回、高見山、金剛・葛城山x2回、伊吹山
と言った雪山へせっせと行っています。
なぜかハマってしまい、抜けられない。
子供たちが結構ちゃんと登るんですよ。
1400m以下の山々なので、大人の足では日帰り十分ですが、
3歳児をいかに踏破させるかが問題です。
明神平と伊吹山はそれぞれあと標高差200mでリタイヤ。やむなく下山し全員でリベンジを誓い、
先週、明神平のリベンジ成功しました。
樹氷が素晴らしかった・・・。
そり遊びには最高の場所でした。

今日立ち寄った本屋で高橋さんの著書に出会い、購入しました。
自転車ロングツーリングでのテント行を愛する私には、
ムダを楽しむ事や、テント泊のトキメキ
はとても共感できる内容です。
ぜひ次の著書も期待していますので、
体験談をたくさん読ませていただければ楽しいし何よりも何かを盗める気がします。
冬山に特化した著書も書かれるんでしょうか?
同世代として応援します。
期待しております。締め切り頑張ってください。

投稿: SPS隊長 | 2012年3月 5日 (月) 01時54分

新刊、楽しみにしています!
すぐ買いに行きます~。

そして高橋さんにいつかばったり山で会えることを夢見ています。

投稿: yuji | 2012年3月 5日 (月) 10時52分

庄太郎さん、お久しぶりです。
新刊いよいよなんですね♪
写真感動しました!スゴくイイですね。嬉しくて思わずコメントしてしまいました。
コラム楽しみにしています。
また『スイカ』ネタ(笑)みたいな話し読めたら嬉しいです。
え?27日って、発売日ですか?締切日じゃないんですか‥
もし、もし、間に合わなくても、待ってますから!
庄太郎さんの納得いくものが、できますように‥
( ̄人 ̄)ナムナム‥

投稿: aiko | 2012年3月 6日 (火) 10時28分

庄太郎さん、はじめまして。

僕はまだ、山を歩く、山で食べる 
までのレベルですが、今年は
山で寝るをはじめたいと思ってます。

まずは、近くの山にテント担いで。

そしていつか、

「山で過ごす夜は、
なぜこんなに気持ちいいのか?
エピソードから選ぶ、56の山旅ルート
自分が目指すべき山、歩くべき登山道がわかる!」

56(ゴロー)の山旅ルートを
歩きたいと思います。

それまでは、本でイメージと夢を。

新著、楽しみにしてます。

あと、もう少し、頑張って下さい。

投稿: ゴロー | 2012年3月 6日 (火) 10時36分

クビを長くして待ってましたよ〜\(^o^)/ あと少し、頑張ってくださいね♪

投稿: れな | 2012年3月 6日 (火) 22時42分

スッゴク楽しみです。

投稿: カラスムギ | 2012年3月 6日 (火) 23時38分

すぐ買います!!
サイン会等は渋谷でどうすか!?(笑)

投稿: マイケル | 2012年3月 7日 (水) 21時06分

みなさま

応援とご期待、ありがとうございます!
ひとつひとつのコメントに一言お礼をいいたいところですが、
まだ作業を続けているので、失礼ながらまとめて。

じつはまだ作業してます。
新聞は翌日に出るし、週刊誌も翌々日には店頭に並ぶのですが、
さすがに書籍はそういうわけに行くはずもなく、
それでもギリギリまでやらせてもらってます。

ひょっとしたら、少しだけ発売が延びるかも‥‥。
でも、時間の問題で間違いなく発売されますよ。
内容についての詳しいことは、またこのブログで紹介しますので、
楽しみにしていてください。

投稿: 庄太郎 | 2012年3月 8日 (木) 13時01分

こんばんは。遂に出るんですね(^-^)。特に第6章の北アルプス南北全踏破が気になります!以前「山岳縦走ギアガイド」で庄太郎さんが紹介してたコースですかね?去年の夏は立山室堂から新穂高温泉まで歩いたので、是非挑戦したいので、特に6章は熟読させていただきます!(^^)!

投稿: シリウス | 2012年3月 9日 (金) 19時42分

シリウスさま

第6章「北アルプス南北全踏破」、
これはたしかに「山岳縦走ギアガイド」で
紹介していたコースです。

だけど、これ、目新しい内容じゃないですよ。
なぜかというと、「山岳縦走ギアガイド」に載せた記事って、
もともとこの本にそのまま使う前提だったというか、
反対に、この本の「見本」的として書いたものを、
このムックにも載せたというか、
そんな感じだったやつだったからです。

とはいえ、けっこう書き直しました。

改めて、読んでみてください。

投稿: 庄太郎 | 2012年3月15日 (木) 03時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近、パラパラと めくっている本(前編) | トップページ | 『Japan in a Day』プロジェクトに御協力を! »