« ”クリーンカンティーン”のボトル、チャリティーオークションに出品します | トップページ | 速報。これから開催される、いくつかのイベントについて »

2012年4月28日 (土)

東北の山/仙台・北泉ヶ岳

Img_6811a_2
世の中では、今日から大型連休ですね。
昨年の連休、僕は仙台の実家に長々と戻り、
蔵王連峰を歩くとともに、少しばかり被災地で活動してきました。
しかし今年は連休中に地元に戻る予定ではなかったので、
その代わりに少しだけ早く帰省して、1週間弱も過ごしてきたのでした。

上の写真は、最終日にひとりで登ってきた北泉ヶ岳。
今年の1月には泉ヶ岳に取材に行ってきましたが、
その隣にある北泉ヶ岳は、泉ヶ岳自体よりも少しだけ標高が高い山であります。

だけど、この北泉ヶ岳に登ることは、じつはまったくの想定外。
東京を出るときは、大東岳にいくつもりだったのですから。

しかし、ちょうど山に入るタイミングで、かなりの悪天候に。
高校のとき以来行ったことがない大東岳には不安を感じ、
もうひとつの候補として考えていた、なじみ深い船形山に行き先を変えました。
ところがキャンプ地まであと少しのところで林道は雪でふさがり、
歩けば十分行けるものの、駐車の問題や、なによりも雨が激しくなってきたので
なんだか面倒になって、船形山も断念したのでした。

そんなわけで、船形山への登山口近くにある
僕の高校時代の山岳部の小屋を眺めた後は、来た道を引き返すことに。
Img_6780a
いやはや、懐かしいな~。
もう時効だけど、この小屋では飲酒して部員が数人、酔いつぶれた記憶が。
高校時代の思い出が眠る小屋です。

その後、僕はさらに各地を走り回りましたが、
行きたい場所に限って、林道が雪で覆われていて、先には進めず。
そのうちに夕暮れも近づいてきたので、
とりあえずいっそうなじみの深い泉ヶ岳に向かうことにしました。

雨は豪雨といってもよいレベルになり、駐車場での車中泊を決断。
この時点で、雪中キャンプ用に用意していたテントやらなにやらが無駄に。
天気予報によれば翌日は天気が回復傾向とのことなので、
翌朝から日帰り登山をすることにしました。
泉ヶ岳の駐車場から実家まではクルマならあっという間なのに、車中泊にしたのは、
テント泊ではなくても、せめて山中っぽい場所では眠りたかったから。
それにしてもやっかいな雨でした。

さて、翌朝。大型バックパックから小型バックパックに荷物を入れ替えて出発。
1月に来たときは雪で覆われていたスキー場も、すでにこんな状態。
Img_6783a
さすが南側の斜面は雪融けが早い。
そういえば昨日、僕の行く手を阻んだ雪の林道は、すべて北側でしたよ。

雨は深夜のうちに止み、薄曇のなかを歩いていきます。
Img_6790a
ここはまだ1月にも歩いた「水神」への道です。

前日の雨のために雪は適度に締まっており、歩行はスムーズ。
タラタラ歩いているうちに、水神の分岐に到着。
Img_6794a
1月にはここから泉ヶ岳に向かいましたが、今回はさらに北上して、
北泉ヶ岳を目指すわけであります。ちなみに、標高は1253mです。

そこで、まずはこんな沢を渡り、
この日は僕以外誰も入山していないらしい森の中を歩いていきます。
Img_6796a
ここの水、現在は飲用不可となっていますが、
雪解け水が流れ込んでいるこの時期ならば問題なく飲めるはず。

奥のほうまで歩いていくと、東側には泉ヶ岳の雄姿。
Img_6803a
木々の葉がまだ生えていない今でなければ、見えない風景です。

とはいえ、このあたりはブナ林で、新緑の時期はものすごくきれいなはず。
Img_6810a
あと1ヵ月遅く行けば、透明感がある緑を愛でることができたんだけど。

今回、「使わないかも」と思いながらも持っていったワカン。
Img_6831a
山頂まで、本当に使わずじまい。
前日の雨、当日の気温や日光の加減が絶妙で、ワカンを使うどころか、
ワカンなしでも夏以上に歩きやすい道のりでした。
で、山頂の写真が、今回のブログの冒頭になるわけです。

山頂から北側を見下ろすと、ひさしぶりに見てみたかった桑沼の姿が。
Img_6814a
じつは前日、こちら側から北泉ヶ岳に登ろうかとも考えて、
途中まではクルマで走ったものの、雪で行く手をふさがれて断念しておりました。

僕が山頂付近から見たかったもうひとつの風景は、これまた断念した船形山。
しかし、芽吹きこそまだとはいえ、樹林で覆われた山頂付近からは、
船形山方面をクリアに望むことはできないんです。
だけど、ここまできたら僕は意地でも船形山を見たくなり、
長倉尾根の方向へかなり降りて行って、視界が開ける場所を探しました。
で、やっと撮れた写真がこんなもの。
Img_6825a
やっぱり、船形山の山塊はいいなあ。
いつのまにか青空まで出てきており、
これならば船形山にも日帰り往復が余裕でできたな、などとも思わされましたが、
まあ、今回は北泉ヶ岳でよしとしましょう。

そんなわけで、あとはほとんど走るようにして、一気に下山。
その日のうちに東京に帰ってきました。

さてこれから先は、仙台での細かな話。
下の写真は実家の近くで、
家を建て直すときに僕の両親が仮住まいしていた場所の付近です。
Img_6841a
このあたりは地盤が緩く、以前、実家を建て直すときに
僕の両親が借りていた家は崩落寸前になって、今は取り壊されておりました。
こういう場所以外でも仙台にはますます更地が増え、
新しい家がどんどん建てられているところでした。

子どものころに何度も遊びに行った八木山動物園。
Img_6675a
世間では「パンダがやってくる」と明るい話題になっている施設ですが、
このインドゾウのトシコのように地震におびえてしまい、
厩舎から一切外に出なくなってしまった動物もいるんですよね。
トシコは昭和38年から、この動物園にいるそうなので、
僕も子どものころに何度も会っているはず。
地震のせいとはいえ、異国の地でおびえたまま暮らしているとは気の毒すぎます。
個人的には、これから来るパンダよりも、こういう動物を大切にしたいと思います。

週末には、ひさびさにベガルタ仙台の試合をホームで観戦しました。
震災後の再開試合であった昨年4月23日、雨中の対・川崎戦以来です。
Img_6737a
FC東京には4-0で勝ったのですが、得点シーンよりも盛り上がったのは、
怪我でここまで試合に出られなかった大黒柱の梁勇基選手が復帰したシーン。
会場の興奮ぶりは圧倒的で、感動的な光景を見させてもらいました。
いやはや、同じくベガルタ仙台を応援している者とはいえ、
地元サポーターの熱気はすさまじいばかりです。

そういえば、西表島の話は途中になっていますが、いずれアップするつもりです。

|

« ”クリーンカンティーン”のボトル、チャリティーオークションに出品します | トップページ | 速報。これから開催される、いくつかのイベントについて »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

昨年の『蔵王連峰を歩く』を繰り見しました。
そうだ、、刈田から雁戸までの楽しそうな楽しそうな&羨ましい山行でしたねぇ。。
昨日エコーラインが開通したと言うニュース、、雪は例年並みだそうですが、『蔵王連峰を歩く』の写真より多いように見えましたねぇ。。
雁戸は、笹谷より山形寄りの関沢から入ったことがありますが、ず~っと昔になりますねぇ。。
友人と2人で刈田までの予定だったのに、北雁戸で、2人とも人を当てにしてビールを持っていなかった事が判明し、罵りあいながら走るように関沢に返し、釣り堀で飲んで、最終バスにも遅れ、結果、家まで歩いて帰ったことを思い出しましたよw(笑)
1月の泉が岳読んで、5月に行こうと思っていますよ、絶対に!!!

投稿: 修 | 2012年4月28日 (土) 08時36分

北泉ヶ岳は泉がだけに行くと大体はセットで寄ってしまいます。特に紅葉の時期は最高ですよね。シャッターさえ押せばどう撮っても絵になっちゃうくらい見事です(三叉路から北泉側は特に)。

投稿: tohokunok | 2012年4月28日 (土) 11時45分

修さま

蔵王、僕は今度、夏に歩きたいと思ってます。
本当はテント泊をしたいのだけど……。
それも、できれば僕が初めて山のなかでテント泊した場所で。
蔵王にはいろいろな思い出があるけど、
もっと自由に山を歩けるといいのだけどなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
tohokunokさま

僕も今回、はじめは泉ヶ岳にも行こうかと思っていたのですが、
なんだか予定よりも早く戻らねばならなくなり、
北泉ヶ岳にしたのでした。
しかし、故郷を離れて20年以上もすると、
地元の山の事情に疎くなりますね。
この時期の雪の量とか、予想がつかないです。

投稿: 庄太郎 | 2012年4月30日 (月) 02時17分

ハジメマシテ!
仙台出身の者です。泉ヶ岳、自宅から毎日見てました。
スキー教室、遠足、家族で、何度も出かけました。
懐かしくて涙が出そうです。

八木山動物園の話、胸が痛みますね。
時間を作ってでかけてみたいと思います。
故郷の話をありがとうございました。

投稿: norimon | 2012年5月 1日 (火) 23時51分

こんにちは。帰省されていたのですね。私も子供の頃、八木山動物園にはよく行きました。名前は記憶しておりませんでしたが、私もトシコには何度かあっているはず・・・ベニーランドにも良く行きました。アトラクションそっちのけで狂ったようにトランポリンをやっていた記憶があります。

私はGW始めの二日間を使って、初めてのテント泊をしてきましたよ!今回はテントで食べると寝るに慣れることを目的に、富士見平小屋にテントを張り、瑞牆山と金峰山に登ってきました。ドマドームについてはこちらでいろいろアドバイスを頂きましたが、非常に快適に過ごすことができました。ありがとうございました。やってみていろいろ気づくことも多く、面白かったです。しかしテント泊装備、やはり重いですねぇ。第二段はテント泊装備を背負って歩くに慣れる!といことで雲取山に行って来ます。

実は同行の兄のテントも購入する必要があり、いろいろ見た中でMSRのハバハバHPを考えていたのですが、ニーモのタニ2Pが発売前から雑誌などでもなかなか好評なようだったのでタニ2Pにしました。当初4月初旬ぐらいの発売予定だったのがだいぶ遅れ、GWに間に合わないかなぁと思ったのですが、ギリギリ間に合いました。後からお店の方などにお話したらすでになかなか入手が難しいようで、結構ラッキーでした。タニ2P、設営も簡単ですし、中も広々、初心者にも非常に使いやすそうですね。

そうそう、ドマドームライト1、確かに2の広さがあればさらに快適な気はしますが、1でも十分用は足りました。気に入りました!お揃いです!

投稿: boriko | 2012年5月 2日 (水) 13時20分

 5/1に泉ヶ岳に登って来ました。
今年は残雪が多く滑落者も出たとかでカモシカコースと滑降コースが通行止になっていました。水神コースをどうぞ・・・という案内があったので水神コースで登りました。
しかしながら、山頂にいるとカモシカ・滑降コースに通行止の黄色いテープが張ってあるのですが、それをゴールテープのように何組もの登山者が登ってきます。
春先は雪も薄くなり、また表面が凍り始め滑りやすくもなります。だから、滑落者がでたのでしょう。それに、潅木帯の踏み抜きも怖いところです。余程雪がいっぱいある時の方が安全です。自己責任ではあると思いますが、通行止にしているところを行くのは私は気が進みませんでした。
 ふもとではニリンソウが咲き始め、若干の高山植物も花を咲かせていました。最後に花に心癒され帰宅の途についたのでした。

投稿: tohokunok | 2012年5月 6日 (日) 10時40分

norimonさま

泉ヶ岳を毎日見ていたとは、もしかしたら僕と同じ泉区あたり?
今年になって八木山動物園、松島水族館と行きましたが、
子どものころに遊びに行った場所が健在だと、なんだかうれしくなります。
だけど、やっぱり地震の影響を感じると、
ちょっと悲しくもなりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
borikoさま

ドマドーム、やっぱりいいでしょう?
ニーモのタニもよいはずなんですが、
僕はサンプルを使わせてもらった後、まだ入手はできていません。
早く自分の手元において、いつでも使える態勢にしたいところです。

ベニーランドには、僕も遊びに行きました。
このあいだ亡くなった漫画家の土田世紀さんの「編集王」には、
ベニー八木山という人物が出てくるのですが、
それはなぜかはわかりません。
しかし、それを初めて見たときには
ちょっとうれしくなった記憶があります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
tohokunokさま

カモシカコースと滑降コースの通行止、という標識は僕も見ましたよ。
ただ、山の技量には個人差が大きいので、
一概に禁止するのは難しいというのが、僕の考えです。
でもたぶん、tohokunokさんが見た人たちは
安全に歩けそうもない人だったんでしょうね。
雪の状況も悪くて、滑落者も出るくらいなんだから。
やはり無理はしないほうがいいと思います。

しかし、僕が行ったときと10日も違うと、
植物の様子はかなり違うんでしょうね。
ニリンソウが咲いていたとは、うらやましいです。


投稿: 庄太郎 | 2012年5月 7日 (月) 10時59分

サンプルというのは使った後手元にそのまま残らないのですか。ドマドーム、いいですねぇ。実は私も記録的にブログをやっているのですが、そこで今回の山行にドマドームとタニ2Pを使用したことを書いたら、使用感などお問い合わせが来てしまったりしてちょっと慌てています!タニ2Pは、私自身が寝たわけではないのでお店で験し張りをしたときに横になった程度でお伝えできるほどの感想はなく・・・皆さんきっと庄太郎さんの使用感待っていますよ!

ベニー八木山!これってゼロから発想できるネーミングじゃないですよね。きっと仙台の地を訪れたことのある方だったのでは?

荒木飛呂彦さんの「ジョジョの奇妙な冒険」にも仙台にまつわるキーワードが出てくると、私はちょっと嬉しくなります。

投稿: boriko | 2012年5月 7日 (月) 12時47分

 山の技量には個人差があり一概に禁止は難しい・・・私もそう思っています。 ただ、誰でも登ってくる現状を見ると、リスクが高く技量・装備が必要なことが分からずに登ってくる人が増えてしまわないかということを心配しています。みんな登ってるし・・・と。
 皆がある程度牽制し合うことがなければ、山には危険なところもあるという認識が芽生えないのではと危惧しています。今日は珍しく人に会ったなぁ・・・というような山なら勝手に行けばいいですが、泉ヶ岳みたいに老若男女が多く訪れる山ではある程度の啓蒙活動が必要ではないかと思う次第です。あくまでも個人的にそう思うということです。

投稿: tohokunok | 2012年5月 7日 (月) 21時19分

はじめまして

いつも雑誌やブログを拝見させていただいております。

僕は仙台の隣町、富谷町に住んでいます。

地元の山に庄太郎さんが登っている記事なんかを見るととても嬉しくなります。


僕はかなり庄太郎さんの影響を受けており、近いうちに北アルプスでテント泊という夢を見ております。

ただ、さすがにちょっと遠いので、地元の東北でテント泊出来る山はないかと色々調べております。

朝日や飯豊以外にどこかないんですかねぇ・・・。

ネットで調べてみると、北泉ヶ岳から三峰山・船形方面に行く途中に、水源って言う場所があって一応キャンプ地になってるみたいなんですが・・・。

なにかいい情報ありましたら教えてください。

投稿: kusui | 2012年5月 8日 (火) 15時20分

borikoさま

サンプルは雑誌の撮影や店舗での商品説明、それに今回のようなお試しなどに使われるものなので、次の人のために返却しなければならないんですよ。そんなこともあって、商品を購入するとしても、一般のお客さんを優先して、僕のような者は後になったりもします。

マンガにはよく作者の縁の地名が使われていますよね。
それとはちょっと違うけれど、『イブニング』というマンガ誌の「レッド」という作品(山本直樹さん)の登場人物は、ぜんぶ著名な山の名前になっていますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
tohokunokさま

考えていること、だいたいわかります。
登山者にもいろいろな人がいるように、山にもいろいろありますから。
泉ヶ岳は簡単な山に感じますが、ときどき遭難も起こっているようだし、なめてはいけないと思います。問題を起こしそうな人がいれば、ときには思い切って注意してみる勇気も必要なのかもしれませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
kusuiさま

東北の山って、だんだんテント場が少なくなっていて、正直なところ面白さが減っているように思います。飯豊はともかく、朝日でもテントを張れる場所が少なくなっていますからね。

北泉ヶ岳の「水源」も、昔の地図では明確にテント場になっているのですが、今の地図では消されているものが多いようです。実際は今もそこにテントを張っている人は多いようだけど。

でも、テント場でなくても、テントを張れる場所はけっこうありますよ。
山といっても非常に広く、そのなかで指定地以外にテントを張りにくいのは国立公園や国定公園、自然保護地区などの範囲にかかっている場所だけで、それら以外は法律で規制されていません。ただ、水場やトイレがなかったりするので、自分でなんらかの対応方法を考えておかねばならないし、当然ながら自然にインパクトを与えるようなことはマナーとして避けなければならないし。
こういうことにはグレーなゾーンもけっこうあって難しく、僕もそのグレーな部分で野営していることも多かったりして。そもそも雪がある時期や沢登り、一般登山道を外れた場所なんかでは、国立公園内であってもテント場以外にテントを設営するのが当たり前ですしね。

しかし、東北の山にテント場が多ければ、僕ももっと地元の山に登っているんだけどなあ。僕も東北で長いテント泊縦走ができる場所があればうれしいと思っています。

投稿: 庄太郎 | 2012年5月10日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”クリーンカンティーン”のボトル、チャリティーオークションに出品します | トップページ | 速報。これから開催される、いくつかのイベントについて »