« 奥多摩/雲取山と マックパック “グリセード” | トップページ | 八重山諸島/西表島-5(無人の海岸から山を越えて川、海へ)後編 »

2012年6月25日 (月)

ワンゲルガイドブックス『全国ベストトレイル上&下』発売中

1a
本日発売になったガイドブックが、2冊。
山と渓谷社のワンゲルガイドブック『全国ベストトレイル』の上巻と下巻です。
昨年発売され、僕の記事も載っている『北アルプス北部』と同じシリーズですね。

このなかに収録されている山取材のルポのうち、上の写真の上巻には、
僕が書いた「南アルプス/北岳~塩見岳」が再掲載されています。

じつはこのルポ、僕の記念すべき「初めての山取材」の記事。
掲載されたのは『山と渓谷』2008年8月号で、取材はその前年の2007年。
僕は2004年の途中からフリーライターになっていたものの、
それまでの経歴がファッション誌の編集者だったので、
アウトドア業界や山岳系雑誌へ近づく糸口がつかめず、
なかなか自分が目指す仕事はできないでいました。
しかし、2006年にとうとう『ビーパル』から仕事をいただき、
さらに、その翌年に『山と渓谷』からこの山取材の話がきたときに、
これでやっと「もしかしたらアウトドアライターとして食っていけるかもしれない」と、
希望が見えてきたという思い出に残る山取材なのです。
その直後には『フィールドライフ』の山取材に同行でき、
今はこれらの雑誌を出している出版社の仕事が中心になっているわけです。

初めての山ルポの原稿を書いたのが、まだ4年前、
取材をしたのがまだ5年前だとは……。
いわゆる登山歴はすでに26年にもなりますが、
仕事でも山に行くことができるようになったのは、わりと最近のことなんです。
しかしこの山のルポ、こういう取材に慣れていないときの原稿だったので、
自分では読み直したくないような気もしますが、興味のある方はどうぞ。

一方、昨年に取材&執筆した新しい記事が再掲載されているのが、こちらの下巻。
Imga
昨年8月に取材し、このブログでも簡単に紹介した北アルプスの朝日岳の話。
こちらは『ワンダーフォーゲル』に書いてから1年も経っていないので、
まだ懐かしいという気持ちにもならないくらい最近の内容です。

日本を東西に分けて、上下巻ともかなり広い範囲を網羅しています。
まずは書店で見てみてくださいね。


|

« 奥多摩/雲取山と マックパック “グリセード” | トップページ | 八重山諸島/西表島-5(無人の海岸から山を越えて川、海へ)後編 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奥多摩/雲取山と マックパック “グリセード” | トップページ | 八重山諸島/西表島-5(無人の海岸から山を越えて川、海へ)後編 »