« パタゴニア「スピーカーシリーズ」の内容と「クリーネストライン」の記事 | トップページ | 『夏山JOY 2012』発売中 »

2012年6月 3日 (日)

北アルプス/毛勝三山(後編)

Img_7371a
北アルプス/毛勝三山(前編)の続きであります。
上の写真は剱岳。ちょうど剱沢からは反対側にあたる北側の風景です。
こんな景色を見たくて、僕は毛勝三山に向かったのでした。

さて、カッコいい剱岳の雄姿を見るのは、もっと後のこと。
実際の僕たちは、まだ稜線にも上がっていません。

そんなわけで、3日目の朝。
Img_7182a
朝焼けは天候悪化のサインとも言われますが、きれいなものです。

西北尾根から見る毛勝山。
Img_7188a
2日目のキャンプ地からは200mほど上に山頂があります。

アイゼンをつけて、ひたすらの登り。
Img_7197a
雪が溶けてきていて歩きにくいのですが、
その代わり、もしも滑落してもすぐに体を止められそうな雪質でした。

背後には駒ケ岳。
Img_7212a
こうやって見ていると、あちらの稜線まで歩いていきたくなります。

そんなこんなで標高を稼いでいくと……。
意外とあっけなく毛勝三山の代表格である、標高2414mの毛勝山に到達!
Img_7226a
これから歩く「二山」の稜線の先にあるのは、あの剱岳。
うれしくなって、珍しく自分のカメラで記念写真を撮ってもらいます。
自分が写っている写真をこのブログで紹介することは、
これまであまりありませんでしたが、それだけうれしかったってことなんです。

この山頂で驚いたのは、僕たちが「危険」と判断して戻ってきた
阿部木谷の土砂崩れ地帯を歩き、山頂まで登ってきた人がたくさんいたこと。
「意外と歩きやすかった」などという話をききましたが、
歩きやすいことと、安全であることは、まったく別のことだと思うのですが……。
実際、昨晩僕たちが寝ているときも、土砂崩れが再び起き、
ものすごい音を立てているのが何度か聞こえたくらいで。
結果的に事故に会わなかったからよかったとはいえ、
話を聞いているだけで恐ろしくなりました。

ちなみに、僕たちと同じように谷から登るのを止め、
尾根沿いに登っていったパーティがひとつ。
僕はテント内にいたので直接話をしたわけではありませんが、
「風の谷」の山田さんが率いるガイドツアーだったようです。
やはりお客さんを連れていると、安全第一。さすがだと思います。

山頂からは東側の稜線も丸見え。
Img_7247a
白馬岳やら朝日岳やら、昨年にも登った山々がクッキリ見えてしまいました。
いちばん北には爺ヶ岳まで眺められたので、後立山連峰がほぼすべてという状況。

しかし、僕たちの目的は、毛勝三山の縦走。
ここからさらに南下し、もっと剱岳に近づいていきます。
Img_7259a
これから歩く稜線が目の前に延びており、
雪庇が崩れかけている場所も見受けられました。

とはいえ、この日、危険箇所は1カ所程度。
Img_7278a
ときに雪に足をとられつつも、けっこう順調に進んでいきます。
Img_7286a
釜谷山を越え、雪の稜線をひたすら南へ。

そして毛勝三山のうち、いちばん南にある猫又山に到着。
Img_7294a
あとは適当な場所にテントを張れば、本日の行動は終了です。

このころからガスがかかるようになり、目の前にあるはずの剱岳は見えず。
Img_7309a
かろうじて奥大日岳付近の稜線が眺められる程度でした。

食材には余裕があるのに、なぜか不思議な味の組み合わせで夕メシ。
Img_7295a
明太子スパゲティに甘辛いソースの肉団子、
その上に乾燥ニンニクと唐辛子のトッピング。そして味噌汁。

最終日となる4日目。
晴れたのはよいものの、かなりの強風のなかで目を覚ましました。
Img_7351a
昨日は見えなかった剱岳が目の前に。
僕が持っていった赤いテントは、風にあおられて、おかしな形にひしゃげております。

ブナクラ尾根に沿って、下降を開始。
Img_7369a
遠くには五竜岳や鹿島槍ヶ岳の姿も眺められます。

しかしこの後、雪庇などを避けてルートをとっているうちに
予定とは少しズレた谷を下っていくことに。
Img_7380a
日光の照り返しで日焼けがひどくなり、顔がヒリヒリしてたまりません。
Img_7386a
下がるにつれて危険な場所も出てきますが、難なくクリア。

だけど……。
この後、僕たちはいくつもの思わぬ困難に出会うことに。

例えば、こんな感じ。
Img_7394a
なぜか、雪渓ではなく、ヤブのなか。
詳しい話は、いずれ書くことになる雑誌の記事のなかで。

とりあえずブナクラ谷に下り、下山口となる馬場島を目指します。
Img_7404a
で、このブナクラ谷でも面倒な事態にいくつか遭遇したりして。

ともあれ、予定よりもかなりの時間を費やして、やっと林道に出ました。
Img_7412a
あとは馬場島まで歩くのみ。

この毛勝三山の話、プロのカメラマンのもっとカッコいい写真とともに、
いずれ雑誌でキッチリとした原稿を書くことになっています。
数ヶ月先になるはずですが、お楽しみに。

|

« パタゴニア「スピーカーシリーズ」の内容と「クリーネストライン」の記事 | トップページ | 『夏山JOY 2012』発売中 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

『歩きやすいことと、安全であることは、まったく別のことだと思うのですが……。』ホントにそう思います。。
ガイド無しで緊張しながら歩いてますが、この言葉を心に刻みます。
『いずれ書くことになる雑誌の記事のなかで』楽しみにしています。

投稿: 修 | 2012年6月 4日 (月) 07時57分

すごいとこ行ってますね~。感動です。自分も残雪がある山行ってみたいんですが技術が伴ってないのでお預けです。ぜひ行く時は高橋さんみたいにプロ意識持った人に教えてもらいたいものです。最近ブログ見るとやたらめったら雪山行ってる人いますが技術があるのだろうかと心配になります。

自分みたいに素人が言うのもあれですがもう少しリーズナブルに登山技術を教えてくれるところがあるとうれしいんですが。。。。。山岳会やサークルがいいんでしょうが休みが平日とか年齢層が違ったりとかでなかなか難しいものがあります。

最近は雑誌が非常に多くて困りものです。ついつい高橋さん出てると買っちゃいます。ほどほどにしといてください(笑)。それではお仕事がんばってください!!

投稿: かりまー | 2012年6月 6日 (水) 17時49分

修さま

歩きやすい場所は安全であることも多いのですが、
必ずしもそうとは言い切れないんですよね。
安全には必要以上に気をつけるに越したことはありません。
僕は絶対に山なんかでは死にたくないですし。
いくら山が好きでも、死ぬために行く場所ではないですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かりまー様

僕は雪山にはあまり自信がないので、
可能な限り危険は避けて登るようにしています。
その怖さだけは十分に知っているから、無茶はしません。

雪山の怖さを知らない人のほうが、経験も少ないのに
厳冬期の高山に行ったり、危険な場所を歩いたりしがちで、
ときどき驚きます。
登山歴が長いからといって、技術や判断力が秀でているとは限らないけど
山を初めてすぐに難易度の高い場所に行く人が多く、
そういう人の行動のほうが、山よりも恐ろしかったりして。
しかし、どうやって実力をつけるかは、
たしかに人それぞれの都合があるので、
なかなかハッキリしたことはいいにくいですね。
難しいなあ。


投稿: 庄太郎 | 2012年6月 7日 (木) 17時49分

庄太郎さん教えてください。
このブログ、ミートボールを3日目に食べてますが夏山でも食べてますか?僕も山でパック保存のハンバーグやミートボール食べたいと考えてますが、夏場は皆どうしてるんだろう?寒い時期限定なんですかね?
あと、さとうのごはん系の物は食べる時はどうやって温めてますか?あのパクごとお湯で沸かしてるんでしょうか?それともそのままでしょうか?マジックライスは高価なんで。。。

投稿: 四国男 | 2012年7月20日 (金) 21時01分

四国男さま

僕は加熱済みのものならば、夏でもそのまま4~5日持ち歩いて、レトルト食品を食べることはよくあります。
経験上、高温状態にしなければ、これくらいはもつようです。
だけど、おすすめはしません。
あくまでも僕はいまのところ大丈夫なだけで、
他の方まで問題ないとは限りませんから。
ちなみに、常温保存可能なレトルト食品もあるので、
そういうものが売っている店では、もちろんそちらを買うようにしています。

サトウのゴハンは、山の上までは持っていかず、
登山口に近い場所にテントを張るようなときにだけ使用しています。もしくはアルファ米を買えなかったときにだけ。

こいつを山で食べるときは、パックのまま過熱することはありません。
パッケージがデカ過ぎて温めにくいのと、わざわざ10~15分以上も火にかけて温めるのはガスの無駄なので。
その代わりにどうするかというと、パックからゴハンをとりだして鍋に入れ、そこに多めの水を入れて、沸騰させながらかき混ぜるということ。
かなりゆるめのゴハンになりますが、数分で食べられるようになりますよ。
普通に加熱したほうが当然おいしいですが、僕は面倒くさいので、こんな方法をとっています。

投稿: 庄太郎 | 2012年7月21日 (土) 03時35分

丁寧にありがとうございます!
聞ける人がいないのでコメントで質問して失礼しました。
とても参考になりました。ミ-トボ-ルの件は山で腹下したらシャレにならないのでまず下界で試してみます(笑)
長期で頻繁に山に登られている方ならではの貴重な知識が得られました、ありがとうございました。

投稿: 四国男 | 2012年7月24日 (火) 18時17分

四国男さま

昨日まで4泊5日で北アルプスに行っていましたが、
最終日までレトルト食品は保ちました。
街とはかなり気温が違うので何ともいえませんが、
とりあえず、僕の腹には問題なしです……。

投稿: 庄太郎 | 2012年8月 9日 (木) 01時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パタゴニア「スピーカーシリーズ」の内容と「クリーネストライン」の記事 | トップページ | 『夏山JOY 2012』発売中 »