« 『PEAKS 7月号』発売中 | トップページ | 男の隠れ家特別編集 『夏、山へ。』発売中 »

2012年6月19日 (火)

奥秩父/金峰山~甲武信ヶ岳

Img_7746aa
先日、奥秩父に行ってきました。主要な山でいえば、金峰山と甲武信ヶ岳。
そして、それらをむすぶ縦走を行いました。
上の写真は、甲武信ヶ岳山頂から見た金峰山の方向。
つまり、今回歩いてきた山々の風景です。

この山行は雑誌の取材で、早くも原稿は書き上げてあり、
発売まであと10日もないという状態。
詳しいことはもうすぐ雑誌上で見られるので、ここでは簡単に。

廻り目平を出発し、まずは金峰山へ。
Img_7592aa
まだ雪が残っていて、場所によっては氷になってつるつる。

金峰山小屋の前にある四丈半岩。そして、その奥には瑞牆山。
Img_7625aa
この岩の上に僕が立っているカットを、雑誌ではデカデカと使ってます。
かなり迫力がある写真を撮ってもらったので、ぜひ見てください。

その四丈半岩の上から撮った金峰山。
Img_7619aa
ものすごくひさしぶりに登る山です。

金峰山の象徴ともいうべき五丈岩。
Img_7630a
平日でしたが、山頂では3~4人の方に会いました。

朝日岳山頂で発見した、雷に打たれた木。
それもやられてからまだ1日も経っていないはずの生々しさ。
Img_7666aa
ちょうどこの前日は、雷がすごかったんですよ。

大弛峠から少し登った場所にある夢の庭園から、金峰山の方向。
Img_7690aa
天気は悪くもなく、良くもなく。

同じような景色が続く稜線。
Img_7697aa
今回はソロ山行的な取材だったのですが、
写真を撮ってもらうために実際にはカメラマンさんがいっしょです。
ほとんどの時間帯は、僕の前を歩いてもらいました。

で、いろいろなことを吹っ飛ばして、すでに甲武信ヶ岳。
Img_7717aa
ガスがかかっちゃって、周囲の景色は見えず。

この後、甲武信小屋までいってテントを張り、翌日にまた山頂へ。

今度はなかなかの天気。昨日とはぜんぜん雰囲気が違いますね。
Img_7740aa
梅雨に入る少し前でしたが、この日以外は天気がイマイチだったのが残念。

千曲川の源流の最初の1滴が湧き出る場所。
Img_7766aa
この水が日本海まで流れていくんですね~。

新緑のなかを歩き、下山口は毛木平。
Img_7779aa
いやはや、このあたりをまともに歩いたのは、学生のとき以来。
ほとんど忘れかけていたので、非常に新鮮でした。

そんなわけで、詳しいことは今月中に発売される雑誌というかムックを。
けっこう長い文章を書いていますので、お楽しみに。

|

« 『PEAKS 7月号』発売中 | トップページ | 男の隠れ家特別編集 『夏、山へ。』発売中 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

今月の11〜12日に甲武信ヶ岳にテント泊したのでめっちゃタイムリーでテンション上がりました(^O^)あんまり人もいなくて地味だけど静かで私は好きでした♪ いつか私も瑞牆、金峰から縦走してみたいですねぇ。記事楽しみにしてます!

投稿: Rena | 2012年6月20日 (水) 00時43分

高橋 庄太郎さんはじめまして!高知で登山にハマっている者です。

PEAKSで高橋さんの記事をよく読ませて頂いてます。
ブログの記事とは関係ない質問なんですが、だいぶ前のPEAKSの記事で『お気に入りの登山靴を半インチ違いで2足持っている』と書いてありました。なぜなんでしょうか?素朴な疑問です。
ちなみに自分は初めて買った登山靴で親指の爪を殺してしまい...だから靴のサイズ感に興味があります。
高橋さんはその半インチ違いの2足をどう使い分けているんですか?
良かったら教えて頂けませんか?

投稿: FULLFULL | 2012年6月20日 (水) 13時52分

Renaさま

甲武信に行って来たんですね。
僕の一週間くらい後に。
この時期だと一気に季節が進むので、
より春というか夏らしくなっていたことでしょう。
僕の旅の話は、今月末の雑誌を見てくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
FULLFULLさま

同じブーツのサイズ違い(スカルパでいえばヨーロッパサイズで44、45、つまりだいたい28と28.5㎝)を持っているのは、たんにはじめに買ったものがどうも小さくなっているからです。
なんだかこの歳になって足が肥大しているようで、学生のときは27㎝だったのに、もはや28では小さい気がして28.5cmも買ったのでした。

仕事柄、連続して山に行くことが多く、1足だけではもたないので、数足はきまわしていますが、
今のところ28は薄いソックス(温暖な時期)に合わせれば窮屈ではなく、28.5は厚めのソックス(寒い時期とか)にするとピッタリという感じ。
しかしこれから買うのはすべて28.5でしょうね。
同じブーツのサイズ違いを履いてみて感じるのは、大きいほうが圧倒的に蒸れないということ。キツメにヒモを締めれば足が内部でずれることもなく、僕には大きめのほうが都合がいいです。

親指に負担がかかるのは、サイズが小さいからという可能性もありますが、ヒモの締め方に問題がある場合が多いので、正しい締め方でもう一度はいてみるといいですよ。


投稿: 庄太郎 | 2012年6月21日 (木) 15時07分

なるほど!自分にとっては凄く為になる回答です。
2足目から気をつけたのは細身のブ-ツで中で足が動かないようにする事でした。
よりけりでしょうが、プロの方が大きめのサイズを選択している場合があるって事が解ったのが収穫です!

丁寧な回答ありがとうございました!

投稿: FULLFULL | 2012年6月21日 (木) 15時57分


金峰山、行かれたんですね! 私は昨年の夏に瑞牆山に行ったのですが、あの時はまとまった休みが取れず、日帰りでした。途中、富士見平小屋から左に道を分けて登って行きましたが、身体が2つあればなぁ、と思ったのをよく覚えてます。

山頂から金峰山の稜線が見えましたが、なだらかそうに見えて、実はあんな大きな岩の塊があったんですね~。鳥居の大きさと比べると凄い迫力。いつか間近で見てみたいです。発売されるムック、楽しみに待ってます!

投稿: sakuya | 2012年6月22日 (金) 19時22分

FULLFULLさま

僕のブーツは、大きめといっても、一般的なサイジングよりもほんの少しという程度ですよ。
ヒモの締め付けをしっかり行なったうえで、内部で足が動かないサイズのものを選んでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
sakuyaさま

もうムックは発売されましたが、見ていただけましたか?
五丈岩はなかなかカッコいいので、いずれ金峰山にも登ってみてくださいね。

投稿: 庄太郎 | 2012年6月25日 (月) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS 7月号』発売中 | トップページ | 男の隠れ家特別編集 『夏、山へ。』発売中 »