« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月23日 (月)

『ランドネ9月号』発売中

Img_0001a
本日、『ランドネ9月号』が発売になりました。特集は「北アルプス」。
このところ、アウトドア系の雑誌では、なにかと北アルプスが多いですね。

僕は一部のページに監修的にかかわっていて、
巻頭の6ページのグラフでは、いわゆるキャプションは書いています。
あとは「北アルプスってどんなところ?」という2ページでは、
なんというか、先生的な役割も。

それにしても、今年の春に僕も本を出した「北アルプス」
じつは今月のはじめにも3泊4日で行ってきたのですが、
それを報告するのもままならないほど、このところバタバタ。
北アルプスどころか、他にも4~5回、山に行ってきているというのに、
いつになったら、このブログにアップできることか。
できることといえば、短時間でアップできる発売雑誌の紹介ばかりで。

おそらく追いつかないままに秋を迎えるんでしょう。
ともあれ、今年の夏も大半は山中で過ごす予定になっているのでした。

| | コメント (5)

2012年7月21日 (土)

『みんなの山道具 夏山編』発売中

Photo_3a
昨年に発売された『みんなの山道具』というムックが好評だったということで、
今年になって第2弾が登場しました。
その名も『みんなの山道具 夏山編』であります。

僕の道具の紹介は、巻頭の8ページ分。
さらにその前のプロローグページも僕の写真で、
しかも表紙の丸のなかに並んでいるウェアとギア類も、すべて僕のもの。
こういう表紙になるとは知らなかったので、
家に送ってもらった見本誌を見たときにはビックリしました。

前の号で、僕は雪山の装備を紹介していましたが、
今回はタイトルのように当然ながら「夏山」の道具です。
一部重複しているギアもありますが、それはまあ仕方ないことですよね。
ともあれ、今年買ったばかりのギアとウェアを意識的に多く入れていきました。

しかし、どうもウェブで確認できる僕の装備の説明には
「長く使っている愛用品がたっぷり」という宣伝文句に……。
というか、このムックの扉ページにも、いつのまにかそんな言葉が。
たしかに長年使っているものも入っているのだけど、
むしろ正反対の方向で、ここではまだほとんど使っていないもの、
手に入れたばかりの最新のものを、できるだけたくさん紹介しているんです。
なぜ、こんな一文になっちゃったんだろう?

ともあれ、僕以外にも多くの方々の道具を見ることができるこのムック、
ギア好きの方はぜひ見てみてください。



| | コメント (5)

2012年7月20日 (金)

『モノ・スタイル アウトドア No.12』発売中

5109hh858sl_ss500_a_2
『モノ・スタイル アウトドア No.12』が、昨日発売になりました。
この雑誌では、第1号から毎回、長い文を書いているのですが、
この号から新連載として、ちょうど10年前の僕の旅の話を書くことになりました。
会社を辞めてからの2年間の無職時代に国内外をブラブラしていたときのうち
3ヶ月くらいはアメリカにいて、その期間のメインとなった旅のことです。

タイトルは「アメリカ本土 全48州の旅(Driving Lonely」というもの。
2ヶ月にわたって行なった、ひとり旅(クルマ使用)のときの話を
つらつらと書いていきました。
このときは当初、アメリカの国立公園をできるだけまわるという
テーマを持った旅だったのですが、実際はアウトドアというよりも、
ひたすらクルマで突っ走ったドライブ旅になってしまいました。
ひとりで一気に36000キロ、地球の直径の9/10を走ったのだから、
自分でもよくもまあ、そんなよくわからないことをやったものだと思い出されます。
Img_9729a
正直なところ、この話が面白いのかどうか、自信がありません。
個人的には非常に楽しかったのですが、
僕はクルマが好きなわけではないし、アメリカに思い入れもないし、
なぜこんな旅をしたのか、他の人には説明しにくいんですね。
クルマでの一人旅なのでひたすらに孤独で、
話のネタにするような出会いなんてものはあまりないですし。
ともあれ今回は10ページで、4回に分けて書くことになっています。

その他、僕の旅とは関係なく、クルマのJEEPがらみのページで、
僕にとっての「リアル」ということについて、別途1ページ書いてもいます。

興味のある方は書店でチェックしてみてくださいね。


| | コメント (2)

2012年7月14日 (土)

『PEAKS 8月号』発売中

Peaks12_08_2a
『PEAKS 8月号』が発売されました。
特集は「パーティで歩こう!」というもので、
僕は先日行ってきた雲取山のルポをもとに、リーダーとはどう行動するか、という話を
なんだかえらそうに8ページも書いております。いやはや。

そのほかには以前、槍ヶ岳・北鎌尾根に登ったときの装備から、
第2特集の「軽量化」でも自分の装備について解説しています。
あの時は、普段よりも10キロくらい軽量して挑戦したんですよね。
いつも重い荷物の僕でも、本当はやればできるんだということがわかってもらえます。
これは2ページ。

あとは、ひさびさに復活した連載「マウンテンギア研究所」のトレッキングブーツ。
Img_6990a
大量のブーツを集め、もろもろの解説を加え、
なんと11ページのボリュームになっております。

そんなわけで、僕が書いたのは、計21ページ。
他のページも含め、面白そうであれば、ぜひお買い求めを。

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

『ワンダーフォーゲル8月号』発売中

Ggg_2
このところ、ほとんど家にいない生活をしているなか、、数日前に発売されておりました。
『ワンダーフォーゲル8月号』であります。

僕が書いているのは、巻頭の「わたしの登山計画」というコラムで、
南アルプスの笊ヶ岳を取りあげています。
この笊ヶ岳、いまだ僕は登ってことがなくて、本当に行ってみたいんですよね。
かなり地味な存在ではあるのですが。

それと、連載ものとして書いている「MOUNTAIN EQUIPMENT BRAND HISTORY」で
アメリカのブランド、「グラナイトギア」のこと。
このウルトラライトで知られるブランドの歴史の詳細については、
雑誌で書かれていることはほとんどないので、
興味のある方にはタメになる内容だと思いますよ。

そんなわけで、店頭でぜひ手に取ってみてください。

| | コメント (2)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »