« 『PEAKS 12月号』発売中 | トップページ | 北アルプス/燕岳~蝶ヶ岳(常念山脈) »

2012年11月16日 (金)

ニュージーランド南島/ワカティプ湖の周辺

Img_7957a
だんだん寒くなってきましたね。
現在、原稿書きに追われている僕ですが、
気分転換にブログをアップしようとしています。
時間をかけていられないので、写真多め、文字少なめでまいります。

今回の話は、今年6月に行ってきたニュージーランド。
はるか昔にアップした「雲取山」のあとに行ってきたもので、
現地はちょうど今の日本と同じ、冬の始まりといったタイミング。
これはウールのウェアで有名なアイスブレーカーに関わる取材旅行で、
すでに『山と渓谷9月号』『ワンダーフォーゲル10月号』で記事にしています。

こちらは、ルートバーンを軽く歩いたときに、入り口にあった展示パネル。
Img_7968a
左が昔のスタイルで、右が今のスタイル(!)。
こういう格好で歩いてくださいということなのですが、
それにしても、これが今? なんか、かわいいけど。
反射していてわかりにくいですが、ショートパンツにロングゲイターという
典型的な「ニュージーランド・スタイル」です。

で、ルートバーン。
Img_7996a

Img_8000a

Img_8035a
長大なルートバーンを、わずか1日だけ歩いただけなのが、ちょっと残念。

2年ほど前に、ひとりで歩いたことがあるケイプルス・トラックの入り口。
Img_8061a
このときはケイプルスではなく、レイク・レレのほうへ歩きました。

そういうわけでレイク・レレ。
Img_8114a
こういう場所でテント泊をしたいものです。

登山口はワカティプ湖の畔で、ウシがウロウロしております。
Img_8149a
この写真、前も使った気がしますが、再び。

アイスブレーカーと独占的契約をしている巨大な牧場へ。
Img_8180a
ヘリコプターに乗って、上空から「羊が育つ環境」視察。

Img_8231a

Img_8265a

とあるピークに下り立ち、ワカティプ湖を上から眺めたりも。
Img_8314a
しかし、非常に寒かったですよ。

牧場内の取材時には、はじめてウニモグに乗りました。
Img_8366a
しかも、荷台に。
Img_8388a
とくに自動車好きでもない僕ですが、
このまさに業務用というゴツさには惚れてしまい、記念撮影なんかも。

牧場では僕たちを歓迎するために、巨大な焚き火を用意。
Img_8208a
湖に流れ着いた流木を切ったものですが、高さは3m弱といったところ。
僕の人生で最大の焚き火であります。

だけど、乾燥しきっているので、あっという間に燃え尽きてしまいましたよ。
Img_8417a
近くに寄れないくらい、とにかく暑かった!
近くにワインを置いておいたら、ホットワインになってしまいました。

宿泊は、時期になるとヒツジの毛を刈る職人さんが寝泊りする小屋に。
Img_8426a
ホテルなんかよりも、こんな場所のほうが面白いです。

最終日の朝。
Img_8429a

出発する前に、ヒツジとウールについてのレクチャーも。
Img_8523a
左がこの牧場のオーナーで、左がアイスブレーカーの社長です。

帰る前にクイーンズタウンのマックパックのショップに寄ったところ、
思わぬものを発見!
Img_8566a
このバックパックを背負った軍団、
2010年にニュージーランドにきた、僕たち日本人チームではないですか!

しかも、商品パッケージにも写真が使われているとは!
Img_8576a
いやはや、知らなかった。

そんなわけで、ニュージーランド取材の軽い話でした。

|

« 『PEAKS 12月号』発売中 | トップページ | 北アルプス/燕岳~蝶ヶ岳(常念山脈) »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

肖像権?大丈夫なんですか?
でも、個人的には、欲しいです。
カッコいい画ですねー!

しかし外国の自然はスケールが違いますね。
どれもキレイな写真ばかりです。
イイところなんでしょうね…
庄太郎さんの笑顔が物語ってますね。

投稿: aiko | 2012年11月24日 (土) 10時36分

aikoさま

あの写真は、撮影したカメラマンがマックパックに使用許可を出しているので、
とくに問題はないんですよ。
ただ、突然ショップで発見したからびっくりしただけで。

外国の山ならば、次はパタゴニアかネパールなどにも
行きたいものです。

投稿: 庄太郎 | 2012年11月25日 (日) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS 12月号』発売中 | トップページ | 北アルプス/燕岳~蝶ヶ岳(常念山脈) »