« 南アルプス/間ノ岳~北岳~池山吊尾根 | トップページ | 「登山」モチーフの雄勝石アート作品 »

2012年11月28日 (水)

東北の山/白神山地

Img_9866a
今年の7月、梅雨時に東北の白神山地に行ってきました。
日本で4ヵ所登録されている世界“自然”遺産のひとつですね。
白神山地は青森県と秋田県にまたがる場所に位置するのですが、
このときはすべて青森側でした。

これは『男の隠れ家10月号』の取材で、雑誌の特性上、
いつもテント泊の僕には珍しく、旅館泊まり。
「熊の湯温泉旅館」という、吉川隆さんという現役のマタギがご主人の宿です。
Img_9735a
だから、飼い犬はもちろん猟犬」。
Img_9738a
宿の裏の敷地には大きなオリがあり、ツキノワグマが2頭飼われておりました。
Img_9761a
以前、小熊がいることを知らずに親熊を撃ってしまい、
かわいそうになって、結局飼い始めたものとのこと。
オリのなかでもものすごく敏捷で、ケンカをしたら確実に負けるでしょうね。

地元の食材を使った夜ゴハン。
Img_9787a
宿泊客の多くは釣り人らしく、
目の前を流れる赤石川でご主人が釣ったアユも並んでおります。
メシを食ったあとに聞いた、ご主人の猟と釣りの話はものすごく面白かったですよ。
こういう方向の取材、僕の仕事のなかでもっと増やしていきたいものです。

この宿を拠点に、各地をウロウロ。
登山というよりは散策といったほうがよい、山歩きです。
Img_9778a
白神山地が世界自然遺産に登録された理由が
太古の生態系を残すブナの天然林、というものだけあって、
この時期のブナの森の中は、ものすごくきれいでした。

エゾガクアジサイ。
Img_9827a
この植物がピンクの花をつけるのは珍しいらしいのですが、
最近はけっこうよく見かけるとのこと。

ヒラタケ。
Img_9891a
できれば採って食いたかったけれど、我慢。

たしか、モミジカラマツ。
Img_9948a
これは北アルプスでもたまに見かける花です。

半日かけて取材した「暗門の滝」。
このときは道が荒れており、3つある滝のうち、
それほど大きくはない「第3の滝」しか行けませんでした。
Img_9904a
ここに行ったのは、僕は2度目かな。

暗門の滝付近を案内してくれたのは、これまた現役のマタギである工藤光治さん。
Img_9935a
そこらに落ちていた木の棒を杖代わりに、雨が降れば傘をさし、
足元は長靴。こんな姿で、ほぼ1年中、白神山地のどこかを歩いているそうです。
親切でシブいおじさんで、さすがに山の知識は豊富。
このときはそれほど時間がないうえに、取材として聞かねばならないことが優先で、
本当は僕自身の興味を全開にして、
もっといろいろな話を聞きたかったです。

工藤さんは長靴姿でしたが、僕は濡れた路面でもソールが滑りにくいという
モンベルのゴアテックス ラップランドブーツというものをはいてみました。
Img_9914a
僕がいつも行っているテント泊縦走のような山行には華奢なのですが、
こういう山歩きのときには、なかなか調子がよし。

林道を延々とクルマで走り、津軽峠にも。
Img_9974a
そこには推定樹齢400年、幹周り465m、樹高30mのブナの大木があり、
「マザーツリー」という名前が付けられております。

さすがになかなかの風格。いいなあ、こういう雰囲気。
Img_9986a
だけど、このくらいのブナの大木、白神山地ではとくに珍しいものではなく、
この木はたまたまクルマでアクセスしやすい場所にあったから
有名になってしまっただけのようです。
個人的には「マザーツリー」というカタカナの愛称までつけられていることに
非常に違和感がありました。日本的な漢字の名前ならいいのに。
ブナの木には、まったく非はないのですけどね。

このときの取材で悔やまれるのが、
白神山地の遠景がうまく撮影できなかったこと。
まだ梅雨明けしていなかったので仕方ないとはいえ……。
Img_9995a
もっと東北の山らしい奥深さを感じたかったけれど、
やっと撮れたものがこの程度なのでした。

世界遺産登録地域ということもあり、今回のように開放された場所以外で
白神山地を歩くには多少面倒な面(とくに秋田県側)もありますが、
青森県側ならば、テントを持って入山することもできるんですよね。
沢沿いでの野営やブナ林の深い森、いいだろうな……。
東北出身の僕にはなじみがある場所ですし、
来年あたりには、自分の足で奥深い場所まで行ってみたいと思っております。


|

« 南アルプス/間ノ岳~北岳~池山吊尾根 | トップページ | 「登山」モチーフの雄勝石アート作品 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南アルプス/間ノ岳~北岳~池山吊尾根 | トップページ | 「登山」モチーフの雄勝石アート作品 »