« ニュージーランド南島/ワカティプ湖の周辺 | トップページ | MonoMax別冊 『OUTDOOR GEAR BOOK』発売中 »

2012年11月17日 (土)

北アルプス/燕岳~蝶ヶ岳(常念山脈)

Img_8732a
先ほど、原稿書きがやっと終了したので、その余韻を冷ますかのように、
今度は夏から秋にかけて滞っていた山行に関する
ブログをアップしようとしております。

これは7月初旬に歩いた北アルプスの燕岳から蝶ヶ岳への縦走。
梅雨時の取材だったので、悪天候が心配されましたが、
思いのほか天気は悪くなく、ホッとした記憶が残っています。
取材の結果は、すでに『TRAMPIN’ vol.9』に表紙込みで掲載されているので、
ここでは今回も、写真多め、文字少なめで。

初日は雨の中を登りはじめ、燕山荘のテント場へ。
Img_8661a
朝起きると、東側は雲海でありました。

2日目は、まずは大天井岳へ向かって、表銀座コースを進みます。
Img_8762a
遠くには、槍ヶ岳の姿が。
昨年、ひとりで西岳から蝶ヶ岳へ歩いたときの、逆コースです。

このときに持っていった僕のバックパックが左のマックパック。
右はいっしょにいったライターの麻生くんのものだったか、
同じく同行してもらったTHE BOOMのベーシスト、山川さんのものだったか……。
2人は同じバックパックだったので、忘れてしまいました。
Img_8775a
しかし、これだけ大きさが違うのに、
なぜか僕の荷物のほうが重いということが、なんとも不思議。
要するに、パッキングの問題なのですが。

近づいてくる大天井岳。
Img_8781a
これは、東側から吹き上げてくる雲が、西側からの風に押されて止っているという、
北アルプスの典型的気象風景の写真ですね。

大天井岳の巻き道は残雪で通れず、直登ルートで山頂へ。
Img_8807a
いくぶん浮石もあるということで、いつもは最後尾を歩いている僕が、
このときだけは先頭に。
だから珍しく、みんなが正面を向いているカットになっています。

槍ヶ岳の東鎌尾根と南岳への稜線が、重なって真正面に。
Img_8816a
この2ヵ月後、3ヵ月後に、どちらのルートも僕は歩くことに。

やっと見えてきた2日目の宿泊地、常念小屋。
Img_8851a
もちろん、小屋泊ではなく、テント泊です。

僕が大学のときに、初めて北アルプスの稜線に達した思い出の地、常念乗越。
Img_8877a
何回来ても、感慨深い場所です。

3日目は常念岳の山頂を経由し、蝶ヶ岳を目指しました。
Img_8906a
しかし、なぜだかみんな、赤いウェア。
Img_8915a
その後、天気は一気に悪くなり、雨の中を歩き続けることになりました。
Rimg0942a
凍えながら到着した蝶ヶ岳ヒュッテでは、
テント泊の我々にも自炊スペースを使わせてくれ、
小雨になるまで数時間もダラダラ。
前から思っていたことですが、この小屋は本当に親切。
いつかテント泊装備をもつ体力がなくなったときには、
こういう小屋を贔屓にしたいと思っております。

ところで、この日はペースが遅かったので、
最後尾の僕はのん気に歩いていたのですが、
ヒマに任せて登山道を見ていると、トレッキングポールのプロテクターが
いたるところに落ちていること、落ちていること……。
Img_8986a
わずか半日のあいだに、11コも拾ってしまいました。
このプロテクターの紛失、環境にもよくないので、大きな問題ですね。

このときに僕が使っていたテントは、愛してやまないドマドームライト2。
Img_8933a
夕方になると雨も止み、快適な一夜になりました。

といっても濡れものは多く、最終日は天日に干して
もろもろの装備をいくらか乾かしてから、上高地へと下山開始。
Img_8992a
それにしても、梅雨の時期なのに、雨が降っていたのは
4日のうち1日半ほどだったので、ラッキーでした。

下山前にもう一度眺める槍ヶ岳から南岳への稜線。
Img_9028a
さらに南側を見ると、こちらには焼岳。
Img_9015a
こんな焼岳にも、この2ヵ月後に登りました。

蝶ヶ岳の山腹には、7月になっても大きな雪渓という雪田が。
Img_9062a
このときは残雪だったのに、今は新雪が積もっているんでしょうね。
夏好きの僕としては、こういう写真を見ながら、
過ぎ去った夏を懐かしんでしまうわけです。

ああ、もう4ヶ月も前なのか。

季節外れではありますが、今後も今年の夏~秋の山行の様子を
ここで遅い日記代わりにアップしていくつもりです。


|

« ニュージーランド南島/ワカティプ湖の周辺 | トップページ | MonoMax別冊 『OUTDOOR GEAR BOOK』発売中 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

お久しぶりの山ブログ。
待っていました!

僕も始めての北アルプスの稜線は常念乗越でした。
憧れの庄太郎さんと同じというだけで嬉しいです(笑)

今後のブログも楽しみにしています!

投稿: OLAF | 2012年11月17日 (土) 07時28分

いつもブログ参考にさせて頂いてます。

自分は、今年、北アルプスデビューしまして、同じ七月半ばごろに、燕岳から常念岳(一ノ沢に下山)しました。
庄太郎さんの意見も参考にしつつ、嫁さんとの山行きが多くなったので、自分もドマドーム2を使ってます。おかげさまで(?)かなりお気に入り。

燕岳では、残雪の上に幕営して凍えたり、常念乗越の強風に度肝を抜かしたり、今となっては、とてもいい経験ができたかと。

庄太郎さんも今年の夏山も沢山の思いでがあるのでしょうね。ブログの更新楽しみにしてます。

投稿: maus | 2012年11月18日 (日) 21時01分

OLAFさま

これから、今年の夏~秋の山行の様子を
どんどんアップしていきます。
たぶん、どれも簡単なものになり案巣が、お楽しみに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
mausさま

同じような時期に、同じ場所に行っていたんですね。
ドマドームが使いやすいようで、なにより。
僕は今年も、北アルプスばかりでした。

投稿: 庄太郎 | 2012年11月23日 (金) 23時43分

こんばんわ。
9月の知床エクスペディションでおせわになりました!
人生初ソロ、初縦走(山小屋泊だけど)と同じルートだったのでうれしくてコメントしちゃいました。
あれ以来、山にはまって、さらに知床以来テント泊に魅了され、秋には山でのテント泊デビュー。
来年の夏の北アルプステント泊縦走が待ち遠しくて、秋山をちょいちょい攻めてます。
庄太郎さんの記事もすごく参考にさせてもらってます!
また、山か川か海でお会いできるのを楽しみしています!
寒くなりましたが、お体にお気をつけて、ますますのご活躍を!

投稿: yucca | 2012年11月29日 (木) 22時43分

yuccaさま

知床の海と山の話も、ここで書こうと思いつつ、
ブログの山行記録はいまだ7月が終わっただけで……。
この後、北アルプスのネタが連続するので、
ご覧になってください。

僕は来年も知床に行きますよ。
で、いつものことながら、どこかの山もプラス。
冬よりも圧倒的に夏、それも北国や高山の夏が好きなので、
あと数ヶ月は我慢のときです。

投稿: 庄太郎 | 2012年11月30日 (金) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュージーランド南島/ワカティプ湖の周辺 | トップページ | MonoMax別冊 『OUTDOOR GEAR BOOK』発売中 »