« 東北の山/白神山地 | トップページ | 『モノ・スタイル アウトドア No.13』 発売中 »

2012年11月29日 (木)

「登山」モチーフの雄勝石アート作品

先日、仙台の実家に戻ったときのこと。
あるモノを、両親からプレゼントされました。
それも「庄太郎は絶対に喜ぶはず」と自信満々で。

あまりにも自信たっぷりなので、
正直なところ「気に入らないものだったらどうしよう?」とか、
「ものすごくセンスが悪いものだったら、どういう反応をすればいいのか?」とか、
受け取る前にいろいろなことを考えてしまったわけです。
だって、両親と好みが同じことって、あまりないじゃないですか。

そんなわけで、そのプレゼントが下の写真。
Img_0472a
なんだこれ、すごくいいじゃん!

バックパックを背負って山を歩いている人の姿ですね。
見るところ、2人はザイルでつながれているので、雪山なのでしょう。
僕の両親は「まるで雑誌に載っている庄太郎のようだと思って」買ってくれたのでした。

東京に戻ってから、このプレートを作っている方のことを調べてみたところ、
僕の地元、宮城県の石巻に拠点を持つ生田目富紀夫さんらしく、
下地になっている黒い石は、特産物の雄勝石。
雄勝石は現在は石巻市になった雄勝町の原産で、硯(すずり)の原料でもあり、
先日復元された東京駅の屋根に使われているスレートも、これなんです。

以前から東京駅用に、数万枚の雄勝石スレートが用意されていたようですが、
大震災のとき、雄勝町は津波に飲み込まれ、
東京駅の復元にも大きな影響が出る寸前に。

しかし、地元の人々の熱意でかなりの量のスレートが泥の中から拾い出され、
一枚一枚洗浄されて、なんとか東京駅の復元に役立ったのでした。

そんな雄勝石の作品が、こういう形で僕の家に来るとは、うれしいものです。
もともと雄勝町は父の田舎に近い場所にあり、
僕には子供のころから、なんとなく馴染みが深いんですよね。

よいものをプレゼントしてくれた僕の両親に感謝。
それにしても、親からプレゼントをもらったのって、
中学生のころ以来かも。

|

« 東北の山/白神山地 | トップページ | 『モノ・スタイル アウトドア No.13』 発売中 »

街(まち)」カテゴリの記事

コメント

素敵ですねぇ。
一瞬、庄太郎さんだぁって思いましたよ私も。
東京駅の雄勝石のはなし、私もTVでみました。
涙が出てしまうような、ホントに良い話ですよねぇ。
親はいくつになっても子のことを思ってるって、とても良いプレゼントですねぇ。
私の父はもういませんが、小学生の頃にもらった本、未だに持ってますものねぇ、ボロボロなのに(笑)

投稿: 修 | 2012年11月30日 (金) 07時57分

修さま

これ、本当は黒い台みたいなものもついていたのですが、
僕の部屋の関係で、プレート一枚で飾っております。
一生、大事にすべきものになりましたよ。

僕も父が学生のときに読んでいた本とか、
母が幼稚園のころに作ってくれた弁当入れの袋など、
今もっていても意味がないものを、
ただの愛着だけで保存しています。
モノって、必要、不必要だけではない意味がありますね。

ちょっと話は変わりますが、
学生時代に買った山道具なんかにも愛着があって、
使いもしないのに、うちの収納スペースを埋め尽くしてます。
ちょっとは整理すべきか、難しいところです。


投稿: 庄太郎 | 2012年11月30日 (金) 18時08分

素敵な贈り物、素敵なご両親様ですね!

投稿: 大西 聡 | 2012年12月 1日 (土) 11時26分

私も、庄太郎さんかと思いました。
いつも、庄太郎さんの記事を見てくれているんですね。
素敵な話しに感動しました!

投稿: aiko | 2012年12月 3日 (月) 10時58分

大西 聡さま

まあ、実際はいろいろと大変な両親なんですけどね。
息子として、愛は感じます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
aikoさま

ときどき本屋に行ったときに見ている程度だと思いますよ。
だけど、「お前は好きなことやって生活できているんだから、幸せだ」などといわれております。

投稿: 庄太郎 | 2012年12月 3日 (月) 22時27分

子供が幸せだと、私も幸せです。
親、兄弟姉妹、友達も、好きな人も幸せだと、
私も幸せです。
辛いことや、悲しいことが起きたら、
真っ先に飛んで行きます。
でも、
できれば、こんな行動力を発揮する場面に出会わない方が、
私の本当の幸せです。

だから、好きなことを仕事にできるって、
偉いんだと思うんです。
だって
心配かけないことが一番の○○孝行だと思うから。

投稿: aiko | 2012年12月 7日 (金) 23時44分

aikoさま

そうですね。
僕はあまり親に心配かけてはいないはずなので、
そこだけは自分でも安心です。
しかし反対に、僕が親を心配しているようにもあまり見えないようで、
大げさに心配している雰囲気を出したほうが親孝行なのかも。
難しいですね。

投稿: 庄太郎 | 2012年12月11日 (火) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東北の山/白神山地 | トップページ | 『モノ・スタイル アウトドア No.13』 発売中 »