« 北アルプス/槍ヶ岳~南岳 | トップページ | 『日本百名山データBOOK』発売中 »

2012年12月24日 (月)

北アルプス/焼岳と上高地

Img_2784a
槍ヶ岳~南岳を歩き終え、早朝に上高地まで下山した僕たちですが、
この最終日は予備日的な扱いだったので、時間には余裕が。
ここまできたら、早く帰っても、遅く帰っても同じだよ、と、
焼岳に登ってから東京に戻ることにしてしまいました。

つまり、取材で山に入ったものの、ここからはプライベート。
同行していたカメラマンの矢島くんもすぐには帰宅せず、
いっしょに行くことになりました。
まさに仕事も遊びも同じ感覚で、いいねえ。

釜トンネルから中の湯まで歩き、新中の湯ルートから山頂へ。
Img_2754a
このあたりは森がけっこう深く、気温も高くて、汗みどろ。

とはいえ、森林限界を越えると、さわやか。
Img_2762a
島々につづく谷が後に続いております。

すでに、ほぼ山頂。
Img_2773a
冒頭の写真と同じ、火山口の岩場の奥には笠ヶ岳。
一昨年前には立山から1週間かけて縦走し、最後の目標地でした。
今年のうちにもう1回行きたかったのだけど、次は来年か。

焼岳自体も、前に来たのは一昨年前でした。
Img_2785a
そのときも、こんな感じの写真を撮った気がします。

山頂からの穂高連峰。
Img_2806a
手前のなだらかな稜線は、昨年歩いたばかり。

いかにも焼岳らしい、岩と蒸気。
Img_2818a
地面が熱い場所もたくさんあり、
冬にきたらどんな感じなのか、見てみたいものです。

下山は中尾峠から新穂高温泉へ。
マイナーな焼岳登山ではけっこうマイナーな道です。
Img_2845a
この道も暑かったので、沢まで下りて頭やら顔やらを
洗ったときの気持ちよさといったら……。

こんな感じで焼岳から下りると、僕は1週間ぶりに帰宅。

だけど、3日後には再び上高地へ。
Img_2880a
このときは、山歩きというより、ほとんどキャンプのみ。

梓川のほとりからは、あの焼岳が。
Img_2950a
誰かが山頂にいて、こっち側を眺めているのかもしれないな、
などと、僕はぼんやりと考えておりました。

|

« 北アルプス/槍ヶ岳~南岳 | トップページ | 『日本百名山データBOOK』発売中 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北アルプス/槍ヶ岳~南岳 | トップページ | 『日本百名山データBOOK』発売中 »