« 写真家・小林紀晴さんのカレンダー 『八ヶ岳』 | トップページ | 北アルプス/餓鬼岳~唐沢岳 »

2012年12月18日 (火)

北アルプス/剱岳~剱沢雪渓~水平歩道

Img_0446a
なぜか今になって、今年8月の山行の模様であります。
北アルプスの剱岳。もう何度、この山に登ったことか。
このときは、室堂から剱澤小屋近くのテント場まで移動し、
そこから山頂へ往復するという、定番コースでした。

だいぶ前のことなので途中は省略し、早くもカニのタテバイの難所。
Img_0344a
同行してもらったカメラマンの矢島くんは岩場が大の苦手なのですが、
ここまで来てしまったからにはどうしようもないので、頑張っていただきます。

山頂から北に見えるのは、今年の5月に登った毛勝三山
Img_0356a
半分は雲に隠れているけれど、これはもう一度行きたい山ですよ。

で、すでにテント場に戻ってからのカット。
Img_0458a
このようにテント内からいい景色が見えるシチュエーション、大好きです。

この山行で、新しいギアをいくつか導入。
Img_0462a
こいつはジェットボイルのSUMOとSOLを組み合わせたもの。
さらにコンパニオンボウルセットまで加わった、フル装備。
ちなみに、SUMOにもSOLにも、チタンとアルミがあるのですが、
僕は軽さよりも使い勝手を考えて、アルミをセレクト。

MSRのハイドロメダリーバッグ。
Img_0464a
プラティパスのようなフィルム状の水筒はすぐに壊してしまうので、
多少重くても丈夫なコイツを使い始めてみました。とりあえず、お試しに。

剱岳へ往復した後は、室堂にもどるのではなく、剱沢雪渓へ。
Img_0494a
夏の雪渓は、いいなあ。どこまでも下って行きたくなります。

突然ですが、今年の夏、僕がやたらと愛用していた行動食。
Img_0576a
北アルプスのお膝元、富山のホタルイカを干したもの。
塩気があって、日持ちして、これからも持って行きたいと思っております。

氷河と認定された剱岳の三ノ窓雪渓、そしてチンネあたりの風景。
Img_0649a
僕たちは池ノ平でもテントを張りましたが、
その日の夜にチンネ付近のありえない場所を
ライトとともに移動している人を発見しました。
小屋には通報しておいたのですが、翌日にきいたところ、事故があったとのこと。
翌日は早朝からヘリコプターが飛んでいました。

そしてこちらは、仙人池から見た、いわゆる裏剱。
Img_0763a
このあたりから天気は下り坂に。
一時はひどい状況のなか、先へと進みました。

この後、僕たちは雲切新道から仙人谷ダムにおり、
あとは昨年も歩いた黒部峡谷の水平歩道へ。
なのですが、このあたりのことも思い切って省略。
下山口は欅平でした。

いろいろと省略はしてしまったけれど、すばらしい3泊4日だったなあ。

さて、人に紹介するという以前に、自分の記録のために、
今年の山行は今年のうちにアップしてしまいたいと思っているので、
とりあえず簡単にでも、これからどんどん進めていくつもりです。
しかし、今年のうちというのは、ちょっと無理っぽいか。

ともあれ、僕と矢島くんは下山すると3日後には、
再び北アルプスの別の山域を目指していたのでした。

|

« 写真家・小林紀晴さんのカレンダー 『八ヶ岳』 | トップページ | 北アルプス/餓鬼岳~唐沢岳 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真家・小林紀晴さんのカレンダー 『八ヶ岳』 | トップページ | 北アルプス/餓鬼岳~唐沢岳 »