« 北アルプス/後立山連峰(爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~唐松岳) | トップページ | 北アルプス/烏帽子岳~船窪岳 »

2012年12月21日 (金)

北アルプス/乗鞍岳と 2つのイベント

Img_2264aa_2
こちらは北アルプスの乗鞍岳。
日本でいちばん簡単に行ける3000m峰です。
テント泊で縦走できる山ではないので、
僕にとっては北アルプスでもっとも縁が遠い山かも。
このときもやはり日帰りで、しかも山頂での写真撮影を含め、
往復で2時間ちょっとだけという、あっという間の山歩きでした。

有名なコロナ観測所。
Img_2268aa_2
一度、内部に入ってみたいものです。

あっというまに近づいてくる山頂。
Img_2281a_2
このときの目的は、この山頂からの景色にありました。

ええっと、もう到着しちゃいましたよ。
畳平の駐車場からは、わずか45分。
Img_2295a_2
山頂で出会った人が写真を撮ってくれました。

さすが標高3026mもある山なので、なかなかよい景色。
Img_2300aa_3
雲がもう少しなければ、もっといいはず。

この稜線の道が焼岳まで延びていれば、長々と歩いていけるのだけど。
Img_2303aa_2
昔は焼岳のほうへ向かう道もあったようで、その時代に歩きたかったです。
今の乗鞍岳はほとんど独立峰のように、北アルプスのなかで孤立しております。

山頂から見えた御嶽山。南の方向ですね。
Img_2311aa_2
この御嶽山のクリアな写真が撮りたくて、
乗鞍岳に行ったようなものなのに、雲がありすぎて、ちょっと残念。

北の方向を見れば、前穂高岳から槍ヶ岳とつらなる稜線。
Img_2320aa_2
こちらも雲はかかっていましたが、
山頂部分は見えたので、少しは満足。

そんなわけで、あっという間の山頂往復。

さて、テント泊ができない乗鞍岳ですが、
僕が前日、どこにいたかというと……。

同じく北アルプスで、上高地の奥の徳沢。
Img_2235aa_2
このとき、山と渓谷社が主催する「涸沢フェスティバル」が開催されており、
僕はこの徳沢の会場で、「北アルプスの魅力」みたいな話と
「山キャンプ」のノウハウ的な話をするという役目だったのでした。

僕の話の内容が面白かったかどうかはさておき、
マンガ『岳』の作者の石塚さんとお茶を飲んで話す機会もあり、
出番のときは昼寝なんかもしちゃって、なかなか楽しめました。

しかし、イベントはこれだけではなかったんです。
さらに僕が「涸沢フェスティバル」の前日に、どこにいたかというと……。

八ヶ岳のシェルパ斉藤さんのお宅。
こちらにお呼ばれして、トークイベントを行っておりました。
Img_2232a
内容は、やはり「北アルプス」中心。
途中からは斉藤さんとの座談会的なものになり、いくぶん気楽に。

僕の8月の後半は、後立山連峰の縦走のあとに八ヶ岳に入り、
その後、上高地に向かい、さらに乗鞍岳に登るという
バラエティに富んだ10日間になったのでした。

しかしまあ、8月だけで何日間、北アルプスにいたことか。
それでもまだまだ、僕のブログ上での夏は終わらないのです。

|

« 北アルプス/後立山連峰(爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~唐松岳) | トップページ | 北アルプス/烏帽子岳~船窪岳 »

イベント」カテゴリの記事

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北アルプス/後立山連峰(爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~唐松岳) | トップページ | 北アルプス/烏帽子岳~船窪岳 »