« 北アルプス/剱岳~剱沢雪渓~水平歩道 | トップページ | 北アルプス/後立山連峰(爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~唐松岳) »

2012年12月19日 (水)

北アルプス/餓鬼岳~唐沢岳

Img_1144a
剱岳から戻った後、僕たちは次に、餓鬼岳~唐沢岳へ。
再び、北アルプスで、燕岳より北側の山々ですね。

餓鬼岳までは、やたら急な坂道が続きますが、途中には沢もあって、いい感じ。
Img_1015a
なかなかうまい水が流れております。

で、すでに餓鬼岳小屋のテント場。
Img_1068a
僕たち以外に誰もいないので、生活感丸出しでモノを干したり。

いや、僕たち以外、誰もいないわけでもなく、
偶然にも登山道で知人を発見していたんですよ。
Img_1083a
知床などで何度かいっしょにカヤックを漕いだことがある美里ちゃんが、
なぜか餓鬼岳に……。それも1人で。
女性がソロテント山行で行くのは珍しい山域なんですけどね。
すいているんじゃないかと思って、この餓鬼岳にしたそうですが、
たしかにこの晩、このテント場は我々の貸しきりで、大正解。
しかし、こんな場所で知っている人といっしょになるとは。

彼女は翌日に下山する予定で、僕とカメラマンの矢島くんは、
ここに連泊し、翌日は唐沢岳へ往復するつもりでした。

夕方になると、翌々日に歩く稜線をゆったりと眺めました。
Img_1108a
左奥に、小さく槍ヶ岳も見えますね。

朝起きると、餓鬼岳の山頂へ。
Img_1121a
ここから、北アルプス東南側の稜線の行き詰まり、
孤立してそびえている唐沢岳へと向かうわけです。
Img_1137a
燕岳に近い場所なので、岩はやはり花崗岩が主体。

人があまり入らない山域なので、森の中はかなりヤブっぽいです。
Img_1162a
遠くには立山あたりの山々が。

そんなわけで唐沢岳の山頂に到着。
Img_1215a
このルート、ものすごくお薦めなのですが、詳しくは来年に発売される掲載誌で。

テント場に戻り、夕食。
Img_1253a
1人分とは思えない大盛りのパスタとスープ。
オクラのヘタなぞ、取りはしません。

この日は土曜日。しかも8月。
Img_1258a
北アルプスではマイナーな山域の餓鬼岳周辺ですが、
昨日は僕たちしかいなかったテント場は人であふれ、
本来ならばテントを張る場所ではない稜線部分にまで
いくつかのテントが張られる事態になっておりました。

この日の晩の忘れられない思い出は、
隣に張られたテントの人たちが、ものすごくうるさかったこと。
東京目黒区の某・山岳会の人たちだったのですが、
周囲が寝始めているのにいつまでも大声で話しているんですよね。
テントは男性、女性の2つに分けていたようですが、
「女性たち、そろそろ静かにして~」などと気を使っているふりをしている、
その男性たちのほうが、とにかくうるさい。
いつまでも話は止まらないし、酔っぱっているのか、
トイレに行くにもわざわざ「おいっしょ、おいっしょ」などと
妙な掛け声をかけて歩いていくし、
鍋類もぞんざいに扱うから、金属音がガシャガシャと耳障りだし。

おそらく、あの日、あのテント場にいた人たちは、
その山岳会の悪名を忘れることはないでしょう。
なにしろ、耳栓をしていたのに、僕はいつまでも眠れなかったのですから。
いやはや。

さて翌日。
僕たちはテントを撤収すると、
餓鬼岳から南に向かって縦走を始めました。
Img_1299a
天気はいまひとつですが、このルートは僕好みの非常によい場所なんです。
北アルプスの穴場ですね。
南隣の燕岳よりも、こっちのほうが面白いと、個人的には思います。

わりと怖い岩場もあり……。
Img_1305a
ちょっとしたスリルは感じますが、花崗岩なので滑りにくく、
それほど危険でもない程度。
岩場と森が交互に現れ、飽きることはありません。

だけど、天気はますます悪化。
Img_1319a
ときどき視界はひらけるものの、基本的にはこんな状態。

今回、僕たちは燕岳までは行かず、東沢乗越から
中房川沿いにおりるルートを選択。
大人気山域の燕岳にあって、ほとんど人には会わない静かな場所です。
Img_1392a
とはいえ、すでに豪雨ともいうべき状況になり、
まともに写真も撮れなかったりして。

そして僕たちは中房温泉まで下山すると、すぐに東京へ。
温泉に入らなくても、全身ズブ濡れだったので、意外と体はきれいでした。
たぶん……。

|

« 北アルプス/剱岳~剱沢雪渓~水平歩道 | トップページ | 北アルプス/後立山連峰(爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~唐松岳) »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さん、こんにちは。
庄太郎さんが、オクラのヘタを取らないのを見て、
オクラってヘタも食べれるんだ!と、
ウチでも食べるようになりました(^^)

投稿: aiko | 2012年12月21日 (金) 12時51分

aikoさま

オクラのヘタ、自宅では取って食べてますよ。
山では面倒だというのと、生ゴミをできるだけだしたくないだけで……。

投稿: 庄太郎 | 2012年12月23日 (日) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北アルプス/剱岳~剱沢雪渓~水平歩道 | トップページ | 北アルプス/後立山連峰(爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~唐松岳) »