« 「ミステリーランチ」と デイナ・グリーソンのインタビュー | トップページ | 『山ごはんの基本とレシピ』発売中 »

2013年2月17日 (日)

『PEAKS 3月号』発売中

Peaks13_03a_2
もう一昨日前ですね。『PEAKS 3月号』が発売されました。

大特集は「山の“旬ネタ”」というもの。簡単にいえば、コラム集であります。
この号には、全部で103ものネタが入っているようで、
僕が原稿を書いたのは、そのうちのいくつだっけ?
改めて数えてみると、6つの話で、計7ページ。
書いてはいないけれど、2ページにわたる「座談会」にも参加しています。

で、具体的になにを担当したのかというと‥‥。

●「パックラフトで山を旅する」
以前、西表島で「川~山~川」の旅をしたときの写真も少しだけ入れつつ、
山雑誌なのにデカいボートの写真がメインで使われています。
Rimg0771a

●「ニーモが新しく発売するスリーピングバッグ」
このブログでも軽く紹介したことがある、この春から販売開始されるもの。
機能はもちろん、デザインもかわいらしいやつです。

●「今年のイチオシ、ソロ用テント」
これもまたニーモのもので、昨年人気だった「タニ2P」のソロバージョン。
今年、こいつはマジで売れそうですよ。
ちなみに、「今年のイチオシ」というのは、あくまでも僕の主観です。

●「ドコモの携帯電波地図」
昭文社の「山と高原地図」をベースに作られており、
山中のどこの場所で電波が捉えられるのかを示しているやつですね。
昨年からアウトドアショップなどにおかれており、
うれしいことに無料。この地図の現在と今後の動きについて。

●「南極生まれのフリーズドライ食“極食”」
刺身のような生の食材すらも、ほとんど元の状態に戻せる
究極的なフリーズドライ食品。この“極食”は最近、いくつかの雑誌で
取り上げられていましたが、もうちょっと詳しく解説しています。

●「伊藤圭さんの写真展」
現在、安曇野の田淵行男記念館で開催されている
北アルプスの三俣山荘、水晶小屋のご主人の伊藤さんの作品展。
すでにこのブログでも、開催しているという事実だけは紹介していますが、
実際に伊藤さんにお聞きした話は、雑誌用に残しておいたわけです。

こんな感じの6つです。
そして「座談会」の内容なんですが、文字量のわりに多岐にわたるので、
実際に読んでもらうしかありませんね。
ちなみに座談会でごいっしょしたのは、
東京・四谷の有名登山店「デナリ」の平野応典さん、
昨年の雪の立山でもいっしょだった山岳ガイドの佐藤佑人くんです。

この特集はとにかく細かいネタが大量に入り、読みごたえがあるはず。
そういう僕は、まだ時間がなくて読んでいないのですが‥‥。
それとこの号は「エアクッション」という特別付録付き。
実際に山でも十分に使えるレベルの製品なので、お買い得です。

ただ、わざわざ「ウォータープルーフ」って説明してあるんだけど、
この手のエアマットで、防水性じゃないものってあるんだろうか‥‥。
空気が抜けないというエアマットの構造上、
防水であることは当たり前の気がするし、
生地だけを見れば、表面には水分を含むようでもあるし。
ライターという仕事柄、言葉の使い方は気になってしまい、
こんなことを真剣に考えてしまうのでした。
そんなことは考えつつも、あくまでも言葉の問題だけで、
これは本当に、これまでに見てきた雑誌の付録としては
トップクラスでいいものだと思いますよ。
雑誌の付録には「景品表示法」というものの制約があって、
原価などに上限が決められているのだけど、
よく作ったものだと感心させられました。

そんなわけで、『PEAKS 3月号』の紹介でした。

|

« 「ミステリーランチ」と デイナ・グリーソンのインタビュー | トップページ | 『山ごはんの基本とレシピ』発売中 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さんこんばんは。
早速、PEAKS読みました。

内容もてんこ盛りなので、電車で読んでいた時に
あまりに熱中してしまい・・乗り過ごすという笑

付録のエアクッションはマジいいですね。
昨日、六甲山全縦走をしたときに使ったのですが
コンパクトでコストパフォーマンス高いです!

みんなにも薦めます。
女性仲間にはランドネですね笑

投稿: 大塚 祐司 | 2013年2月17日 (日) 21時05分

始めて書き込みます。
PEAKS今月は内容盛りだくさんで、面白かったです。
NEMOの「タニ」は、ソロも出るんですね。僕は、昨年「2P」を購入し、凄く気に入ってます。ただ、今年はベンチレーターが改良されてるんですね。僕は予約をして何とかかえましたが、店頭では売切れで展示してあるのを見たことがないです。今年も2p、ソロ共に売れそうですね。

エアマットのウォータープルーフの表記には僕も違和感がありました。
それにしても、かなり実用的で、景表法の上限内でよく作れたものですね。ランドネには赤バージョンがつくそうなので、妻にはそちらを買わせます。

昨年は、庄太郎さんの著書を参考に、鷲羽や槍、水平歩道などテント泊縦走をしました。庄太郎さんの縦走ルート、装備、山飯など参考にしてるので、これからも

投稿: monkeytobey | 2013年2月17日 (日) 22時19分

先程の書き込み、途中で送信してしまいました。
これからも、庄太郎さんの記事、ブログ、新著書も楽しみにしてます。

投稿: monkeytobey | 2013年2月17日 (日) 22時21分

大塚祐司さま

PEAKS、買ってもらえたようですね。
今回の号は非常に細かく、僕もまだすべては読んでいませんが、
なかなか面白いネタが入っていますよね。
エアクッションも好評のようですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
monkeytobeyさま

タニ2Pは本当に人気モデルになっちゃって、
今年発売される1Pも売り切れ続出でしょうね。
これ、たしかに使いやすそうですから。

僕の本はものすごく分厚いものになるか、2冊に分割されるかも。
作業が進んでいったら、いずれここでもご紹介します。

投稿: 庄太郎 | 2013年2月25日 (月) 13時26分

こんにちは 高橋 さま

コメントへの返信ありがとうございます、
ミステリーランチの製品楽しみです。

「PEAKS 3月号」買いました、付録も
GOODです、一番の記事は「今年のイチオシ、
ソロ用テント」ですね。
昨年はNEMOのテントタニ2pを買い逃しました
今年こそ手に入れるぞ、そこへソロタイプ1pが出る
実は本日取り置き予約しました、早速店舗に行き確認後
2pか1pを手に入れます。

単独行なら1pでしょうがカミさんを
いずれは巻き込むので2pかな

あっランドネはカミさんが山ファッションや
情報を得るために買っています。

投稿: isa | 2013年2月25日 (月) 15時59分

isaさま

タニ1P、僕もほしいと思っています。
今年の新製品で僕のイチオシは間違いないのですが、
2Pを持っているのに、1Pまで入手すべきか難しいところ。
でも、奥さんがいらっしゃるなら、やっぱり2Pなのでは?
1Pをふたつ買うという、無茶な選択肢もあるけれど。

投稿: 庄太郎 | 2013年3月 2日 (土) 23時04分

高橋 さま こんにちは

山ショップでもアドバイスをいただき
タニ2Pを購入しました
コンパクトでこれで二人用とは
目指せテン泊です。

投稿: isa | 2013年3月 5日 (火) 11時29分

isaさま

タニ2P、ご購入ですね。
僕も数日前の山行で使ってきたばかりです。
新しいベンチレーターになったフライを使って。
やっぱりよいテントですよ。

投稿: 庄太郎 | 2013年3月12日 (火) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ミステリーランチ」と デイナ・グリーソンのインタビュー | トップページ | 『山ごはんの基本とレシピ』発売中 »