« 『PEAKS 3月号』発売中 | トップページ | 『ビーパル 4月号』発売中 »

2013年2月25日 (月)

『山ごはんの基本とレシピ』発売中

Vbdfda
本日、『山ごはんの基本とレシピ』という本が発売されます。
僕は原稿を書いたわけではなく、
なかで紹介されている「山ごはん」のレシピをひとつ提出しているのですが、
それは下の写真の「肉だんご丼」。
Img_1713a
実際に山ではよく作っているメニューであります。
レトルトの肉だんごと、生の野菜なんかを持っていく体力さえあれば、
誰でも間違いなく、うまくてボリュームがあるメシ。
ただし、水や燃料を無駄にしないために、いくつかのコツがあるのですが、
この本のなかで紹介されている作り方は
字数の関係もあって必要最低限なものになっています。

なのですが、この本の冒頭で使われている
イメージカットに採用された写真(北アルプス/朝日岳での取材時)で、
そのコツというか、大胆な作り方の一端が垣間見られます。
簡単にいえば、野菜を煮込みつつ、同時にレトルトを温め、
かつ、茹でたお湯を使って味噌汁を作るんですね。
Img_1714a
ちなみに、本のなかの写真でナイフを持っているのは、僕の手。
で、その本を撮影するために、
左下のほうで本の浮き上がりを押さえているのも、僕の手。
面白いけれど、なんだか気持ちが悪い写真になってしまいました。

ほかにも簡単に真似できそうなメニューがいくつも載っているので、
山で食うメシのバリエーションに悩んでいる方は、手にとってみてくださいね。

|

« 『PEAKS 3月号』発売中 | トップページ | 『ビーパル 4月号』発売中 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さん、いつも拝見しています。

複数のメンバーで登る事も多いのですが
ほとんどのメンバーが調理器具を持っていないので
簡単なモノ作る事が多いです。

その時に喜んで貰えるのは本当に嬉しいですね。
それをきっかけに皆も購入してくれれば・・。

ラーメンが主なのですが、ごはん系にもトライしてみたいです。・・その中でも庄太郎さんの「ごはん」はいつもどのメーカーのモノを食べてるのですか?

「ごはん(白米)」の用意がなかなかおっくうで。
色々種類もあるのでどれにしようか迷っています。
今まで庄太郎さんが試してきたモノや今一番のお勧めを
教えていただけると嬉しいです。

初歩的な質問ですいません。。

投稿: 大塚 祐司 | 2013年2月26日 (火) 07時56分

大塚祐司さま

山で食べる白飯にこだわりはないのですが、
ないからこそ、いちばんポピュラーな尾西のものばかりです。
しかも戻し方も「火にかけて沸騰させる」という
ラフな方法をとることがほとんどで、
味に関してどうこう言えるような立場ではなく‥‥。
ちなみに、昔はアルファ米ではなく、普通の米を炊くことも多く、
それはそれで調理の面白さがあって、
今でもたまに生米を持っていきます。

投稿: 庄太郎 | 2013年3月 2日 (土) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS 3月号』発売中 | トップページ | 『ビーパル 4月号』発売中 »