« 伊藤圭 写真展『私と水晶岳とその光』について | トップページ | 奥秩父/三峰~雲取山(ギアのお試し編) »

2013年2月 2日 (土)

奥秩父/三峰~雲取山(山行編)

Img_1030a
なんだかやたらと忙しく、ほとんど山には行けなかった2012年の年末。
それでもなんとか時間を作り、ひとりで山へ行くことに。
ただし、確保できた時間は1泊2日のみ。
しかも初日の朝には用事があり、2日目も夕方に所用があったりと、
計算上は往復の時間を含めて30時間くらいで‥‥。
そこで近場の奥秩父に狙いを定め、家を出たのでした。
新年まであと数日という、まさに年末のひとり山旅であります。

西武秩父駅からバスに乗り、登り口は埼玉県側の三峰。
歩き始めはすでに午後1時半を過ぎておりました。
この日、目指すは白岩小屋。
Img_0754a
登山道から西を見れば、和名倉山。
じつは、本当はこの山に登りたかったのだけど、
今回は時間に余裕がないので、仕方ないのです。

12月末とはいえ、南斜面に当たる三峰からの登り道には積雪はなし。
Img_0784a
しかし地蔵峠まで来ると、少しは白いものが地面に。

霧藻ヶ峰付近から見た両神山。
このときは、次に僕が行く山が、この両神山になるとは思いもしませんでした。
Img_0806a
で、両神山の後ろには、うっすらと浅間山。
さすがに雪をかぶっているようです。

刻々と迫ってくる夕暮れ。
Img_0823a
しかし、前白岩の肩までくれば、
あと1時間もかからないので、ひと安心。

この日、すれ違った他の登山者はひとりだけ。
けっこう人が多い山域のはずなのに、静かなものでした。
その後、いまや廃屋と化しつつある白岩小屋へ到着。
Img_0835a
避難小屋的に宿泊してもよいようですが、
ここにひとりで泊まる度胸がある人は、どれくらいるのか?

僕は小屋の裏手のテント場へ。
Img_0863a
地面が岩ばかりであり、しかも凍結しているので、ペグがうまく刺さりませんが、
意外としっかりテントは固定されております。

夕方。
Img_0865a
どんどん暗くなっていく奥秩父の稜線。
ここから下のほうに水場があるのですが、凍結している可能性が高く、
しかも暗くなってきているため、水汲みに行くのは中止。
その代わりに吹き溜まった雪を集め、融解して調理に使いました。

夜。
Img_0907a
月は満月に近く、ヘッドライトなしでも本が読めそうなほど。

朝。
Img_0926a
この日はさっさと下山しなければいけないために、
僕のソロ山行時には珍しく、夜明け前から行動開始。
もっとゆっくりしていたかったのだけど。

雪は少ないものの、硬く凍結した場所が多く、
意外と時間をとられながら、白岩山に到着。
Img_0943a
このあたりから6本刃の軽アイゼンを使わないと、
まともに歩けなくなってきました。

ときどき吹き溜まった雪に足を取られながら、雲取山荘に到着。
Img_0977a
そのまま素通りし、一気に雲取山へ向かいました。

そして、あっという間に、雲取山山頂。
雲が出てきて、天気はイマイチながら、6月に取材で来たときよりはマシ。
Img_0992a
そういえば、ちょうど年末から年始にかけて、
この雲取山山頂の三角点付近に、遠隔操作ウイルス事件の犯人が
USBファイルを
埋めた、という「事件」がありましたね。
じつはオレが犯人‥‥というはずはないし、
そもそもUSBなんか埋まっていなかったらしいですね。

当初の予定は、ここから三條の湯に下りるルートか、
富田新道で日原に出るルートかの二者択一。
そのつもりでバス時間などを含めた計画を立てておりました。
だけど、思ったよりも凍結した道を歩くスピードが遅かったために、
想定していた「第3のルート」を選択することに。
つまり、雲取山へ往復する人がもっともよく使う、鴨沢への下山。
半年前にも歩いたばかりなので、時間は計算できますから。

山頂付近は雲のなかだけど、いつもの富士山。
Img_1047a
このあたりの山歩きには、当たり前の風景ですね。
初日の人影の少なさとは一転し、
鴨沢から登ってくる登山者は多く、ルート上はなかなかにぎやかでした。

標高を下げていくと、雪は消滅。
Img_1060a
だけどこんな道の後に再び凍結箇所が出現したりと、
軽アイゼンの扱いがけっこう面倒でした。

そんなわけで鴨沢に到着したのですが‥‥。
バスの時間を調べないままに下山してしまい、
時刻表を見ると、あと2時間以上もバスがこないことが判明!
ヤバい、これでは夕方前までに家へ帰れないよ!

そこで仕方なく、車道を歩き、深山橋まで移動。
アスファルトの上をトボトボと歩いていきました。
Img_1066a
しかし、深山橋では幸いなことに他方面から来たバスにギリギリ乗ることができ、
それほど予定よりも遅れずに、奥多摩駅へ。
ああ、よかった。

さて、わずか1泊2日ながら、この山行ではいくつかの
新しいギア類を試すことができました。
使い勝手を充分に判断するほどの時間はなかったとはいえ、
次回はそんなギア類をちょっとばかり紹介しようと思っております。

|

« 伊藤圭 写真展『私と水晶岳とその光』について | トップページ | 奥秩父/三峰~雲取山(ギアのお試し編) »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

関東の山は雪が無くて?少なくて、冬でも歩けて良いですねぇ。。
“次回はそんなギア類をちょっとばかり・・・”、、楽しみですねぇ。
“ちょっとばかり”なんて言わないでイッパイ紹介してください、楽しみです。。。

投稿: 修 | 2013年2月 3日 (日) 08時09分

修さま

そんなわけで、ギア編もアップしましたよ。
雑誌で紹介するよりも詳しいもの、
反対に省略しているものもありますが、
なにかの参考になるかも。

投稿: 庄太郎 | 2013年2月 3日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊藤圭 写真展『私と水晶岳とその光』について | トップページ | 奥秩父/三峰~雲取山(ギアのお試し編) »