« 僕の本、『トレッキング実践学』が第6刷に | トップページ | 東京の山/ひさしぶりの高尾山 »

2013年4月 7日 (日)

北八ヶ岳/麦草峠~白駒池 周辺

1a_5
2月、北八ヶ岳を歩いてきました。
このころは仕事がものすごく忙しく、この月の唯一の山行。
といっても、これだって仕事なのですけどね。

取材のテーマというか目的は、写真家の小林紀晴さんに写真を撮ってもらうこと。
八ヶ岳は小林さんの地元なので当然だとして、
ルートなどは、ある意味ではどこでもいいのであります。
2a
というわけで、蓼科ピラタスロープウェイを下りると、
早速、カメラを構える小林さん。
じつは僕とは最寄り駅が同じで、ご近所さんでもあります。

北横岳。
3a
同じような時期に、あの山にも行ったことがありましたが、
そのときは鈴木みきちゃんがいっしょでした。

諏訪盆地。
4a
小林さんの実家もこのどこかにあるわけです。

被写体が僕だけではいかんだろうと、女性もひとり。
5a
西表島好きという点で僕と共通点がある、恵美ちゃん。
友人の妻なんですけれど。

宿泊は、麦草ヒュッテ。
6a
外観もかわいらしいし、快適だし、みなさん親切でありがたかったです。

翌日。
8a
スノーシューで、高見石方面へ。
9a
雪が降ってから誰も歩いていないようで、なかなか美しい雪面でした。
10a
スノーシューが初めての恵美ちゃんも頑張っております。

丸山の山頂から。
11a
雲によって空にも表情が出てきて、なかなかいい感じ。

ここから下るときに、「ここは滑りやすいからね」といったのですが……。
12a
予想通りに滑ってくれると、うれしいものです。
別に危険なわけでもないし。
後ろにいる小林さんも、ニヤリとしています。

で、高見石。
13a
雲がまったくなく、快晴そのもの。
むしろ少しくらい残っていてくれたほうが、写真にメリハリが出そうなものですが。

高見石から見た中央アルプス。
14a
いいですねえ。

浅間山。
15a
いいですねえ。
先日ブログにアップした「両神山」でも、山頂から撮った写真を使用しましたが、
角度も違えば、天気や時間も異なるので、雰囲気が変わって見えます。

そして、白駒池。
16a
これからあそこまで下り……。
17a
まあ、このような感じ。
小林さんは遠くに離れ、僕たちを撮影してくれています。
18a
前にも小林さんとはこの場所にプライベートで来たことがあって、
そのときの写真が、今年の小林さんのカレンダー『八ヶ岳』 に使われているわけです。

こちらは恵美ちゃんが撮ってくれた僕の後姿。
19a
赤いバックパックが白い雪になかなか映えております。

というわけで、小林さんが撮影した写真が掲載される雑誌は、
次の冬になってから。
楽しみにしていてください。

|

« 僕の本、『トレッキング実践学』が第6刷に | トップページ | 東京の山/ひさしぶりの高尾山 »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント


おはようございます♪

沢山の美しい雪山の景色をありがとうございます!

2月は今年けっこう雪の日が多くて、私も木曜日の定休を利用して、地元の山へ、プチ雪山体験してきましたが、お写真のような雪原は、まだスノーシューやワカンを持っていないので、いつか行きたいと思いつつ、未だ憧れ止まりであります。

ところで、4月末から5月の連休辺りの、八ヶ岳周辺の雪の残り具合はどんな感じなのでしょう…? 登山口の駐車場にアクセスするのに、チェーンが必要な所がまだ多いのでしょうか…?

6本、又は12本爪アイゼンとストックで行けそうな雪の残っている山、関東エリアか長野県でお勧めの所があれば、教えて頂ければと思います o(_ _)o。 (もちろん、目的地を絞った後に、最新情報はチェックしなくては、ですが(*^-^) 。)

投稿: 咲耶 | 2013年4月 7日 (日) 06時04分

咲耶さま

こういう質問、けっこう難しいですね。簡単に答えられるといいのですが‥‥。
八ヶ岳といってもかなり広く、場所によって雪の状態は変わるし、その年や天気によっても異なるので、なんともハッキリは答えにくいんです。
登山口もいろいろな状況でしょうし。
行く時期が近づいたら、行きたい場所の近くの小屋に電話して聞いたほうがいいですよ。
まだ小屋が開いていないとしても、小屋の方はだいたい把握しているので、教えてくれるはず。

でも、このブログで紹介した北八ヶ岳なら、初スノーシューでちょうどいいのでは?
ロープウェイで上まで行けるし、駐車場は間違いなく使えるし。
縞枯山とか、茶臼岳なら比較的ラクです。
ただスノーシューが必要なほど雪がある場所は少ないかも。
アイゼンが必要な状況かどうかはさておき、もう少し頑張るなら、同じくロープウェイの山頂駅から北横岳、さらにもっと頑張って蓼科までいくと面白いでしょうね。


投稿: 庄太郎 | 2013年4月 8日 (月) 02時36分

早速のお返事をありがとうございます♪

すみません、何だか漠然とした質問で(゚ー゚; 自分でも送信した後、あまりにもおおざっぱ過ぎた質問だったかな、とグルグル暫く考えておりました( ̄Д ̄;;

お返事の後半に挙げて頂いた北横岳や縞枯山のコース、やっぱり良いのですね!! 実は昨年末から今年の3月にかけて、雪山関連の雑誌が気がつけば既に5冊程・・・(^-^;
それらの中に北横岳のコースもいくつか掲載されていて、他にもたくさんのコースが紹介されていましたが、情報量が多くて色々目移りしてしまっていました。

でも、庄太郎さんのオススメとあらば、俄然やる気が湧いて来るのが不思議です!
ヒュッテや山荘の方に伺ってみて、雪の量等、自分のレベルでも大丈夫そうなら、ぜひ行ってみたいです!! 駐車場情報もありがとうございました。

事前に情報をしっかり集めて、当日を迎えたいと思います♪

連休中、お天気に恵まれますようにヽ(´▽`)/

投稿: 咲耶 | 2013年4月 9日 (火) 21時02分

咲耶さま

北横岳付近は、天気さえよければ失敗が少ない選択肢ですよ。
僕も連休中にどこに行こうか、考えているところです。

投稿: 庄太郎 | 2013年4月12日 (金) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕の本、『トレッキング実践学』が第6刷に | トップページ | 東京の山/ひさしぶりの高尾山 »