« 『山と渓谷7月号』発売中 | トップページ | 『SOTO 2013 Vol.1』発売中 »

2013年6月16日 (日)

『PEAKS 7月号』発売中

Aa_2
昨日、『PEAKS 7月号』が発売されました。
「岩山歩き」というのが、大特集であります。

表紙のなかでは「大キレット」という文字が目立つのですが、
実際に表紙に使われている写真は、同じく北アルプスの唐沢岳。
赤いバックパックを背負っているのは、後姿ですが、僕なんです。
撮影は矢島慎一くん。

先月発売された『TRAMPIN’』の表紙』と、『ワンダーフォーゲル』の表紙
この組み合わせで取材・撮影を行なっていたりして、
よい山を選び、よい天気に歩き、よいカメラマンが撮影すれば、
このように表紙に選ばれるわけですね。

ともあれ、僕が担当したのは
昨年の8月に行ってきた北アルプス「餓鬼岳~唐沢岳」のルポ。
だけど、表紙にも選ばれているというのに、
たった5ページしかありません。
むむ~
Img_112600
上の写真は、餓鬼岳から燕岳へ向かう稜線で、
遠くには槍ヶ岳。
まあ、「岩山歩き」の特集ですから、岩だらけです。

このあたりは、北アルプスのなかでも、僕が「穴場」だと思っている場所。
あの燕岳の近くなのに、いつもはあまり人がいないのだけど、
今回のページを見てくれた人が、興味をもってくれるといいのですが。

この特集では、お薦めの山を紹介するページもあり、
僕は南アルプスの地蔵岳のオベリスク、
それと5月に行ってきたばかりの九州の祖母岳を選んでいます。

というわけで、5ページしかもらえなかったのが悔しいくらい
よい場所を紹介しているので、ぜひ書店でご確認くださいね。

|

« 『山と渓谷7月号』発売中 | トップページ | 『SOTO 2013 Vol.1』発売中 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント


庄太郎さん、こんばんは。

16日のブログを拝見する前でしたが、日曜日にたまたま行った本屋さんで、表紙になっている庄太郎さんの後ろ姿を見つけ、すぐに購入!
餓鬼・唐沢の、岩あり沢ありハシゴありの面白そうなコースが豊富な写真と共に紹介されていて、今回に限ったことではありませんが、いつも庄太郎さんの山行記事を読んでいると、読むたびにそこへ行きたくなってしまいます。普段、山雑誌であまり紹介されないコースだったので、とても新鮮でした!

最近、人が少ない山を1人で歩ける幸せが何となく分かるようになりました。いつか同じコースを、空いてそうなときに歩いてみたいです。

投稿: sakuya | 2013年6月18日 (火) 23時29分

sakuyaさま

餓鬼岳、唐沢岳あたりは、本当によい山域なんですよ。
道迷いにさえ気をつければ、いい意味で孤独感にも浸れり、まさにソロ向き。
でも、あのルポを書いたことで少しは人が増えるかも。
増えないとすれば僕の原稿がイマイチだったということなのかも。
ともあれ、一度はぜひ行ってみてください。

投稿: 庄太郎 | 2013年6月19日 (水) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『山と渓谷7月号』発売中 | トップページ | 『SOTO 2013 Vol.1』発売中 »