« 7月13日開催、「MACPAC」40周年記念トークショーのお知らせ | トップページ | 僕の3冊目の書籍 『テント泊登山の基本』、 本日発売です »

2013年7月 4日 (木)

『東京ウォーカー No.13』発売中

1807_o00
もう2日前かな、『東京ウォーカー No.13』が発売されました。
丸ごと1冊、富士山の特集であります。

僕が担当したのは、表紙にもある藤井フミヤさんのインタビュー。
そのテーマは、もちろん富士山です。これが2ページ。
それと、「意外と役立つ登山道具」というコーナーで、
僕自身も登場しております。

藤井さんにお会いしたのは2回目なのですが、話を聞いていると、
本当に山が好きなのがわかり、なんか非常にいい感じです。
ただ、話がテント泊の話に脱線しがちで。
それはたぶん僕が悪いのですが‥‥。
藤井さん、本格的にテント泊で山に行きたいらしいんですよね。

富士山ついでに、もうひとつ。
今年も「富士登山 絆 フォトコンテスト」が開催されます。
00_3
みなさんの写真、応募しちゃってください。
FACEBOOKホームページでご確認を。
僕の友達の北村哲くんがプロデュースしております。

で、哲くんがわざわざ、うちにこんなのを送ってきてくれました。
Img_407800

Img_409100
オフィシャルグッズのキャンディ。
富士山の山小屋だけでの限定販売らしいですよ。
これ、本当においしかった。
今年、富士山に行く方は、お土産にいいのでは?

そんなわけで、『東京ウォーカー』と「富士登山 絆 フォトコンテスト」、
よろしくお願いします。

|

« 7月13日開催、「MACPAC」40周年記念トークショーのお知らせ | トップページ | 僕の3冊目の書籍 『テント泊登山の基本』、 本日発売です »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

庄太郎さん、こんばんは。

トークイベント、お疲れ様でした。お仕事一区切り、ついたところでしょうか?お話楽しかったです。サインに写真も撮っていただき、ありがとうございます。いい歳してミーハーなことだなぁと思いつつ、いい記念になりました。

そして再び緊張し、失礼なこと言いました!お耳に届いていないことを祈りつつ、おそらく届いちゃったであろうと思いますのですみませんでした。もう一生黙っていようと思います・・・

そして東京ウォーカーも早速拝見しました。道具の紹介のページで庄太郎さんの登山歴、約28年に思わず吹き出してしまいました。プロフィールからお歳は知っていますが、30代ぐらいにしか見えないのに・・・ダントツの登山歴ですね。市毛良枝さんでも23年・・・

また山の中でお会いできたら嬉しいです。

投稿: boriko | 2013年7月 4日 (木) 23時48分

borikoさま

昨日はありがとうございました。
でも、なんか変わったこと、言ってましたっけ?
ぜんぜん覚えていないのだけど。
むしろ、今から教えてもらいたいくらい。
僕は華やかな色の服を着てるなあ、なんてことしか考えてなかったですよ。

登山歴28年は間違っていないのですが、
あれって微妙な表現ですよね。
初めてまともに登りはじめてからの年月だとしても、
1年に2~3回しか行かない人の10年と、
1年に20~30回も行く人の3年と、
どっちのほうが経験があるのかと考えると、
あまり意味がないような気がして。
でも、まあ、笑ってもらえたのなら、それでよいのです。

投稿: 庄太郎 | 2013年7月 5日 (金) 00時55分

庄太郎さん、こんにちは。

え~?いまから~?せっかく聞こえてなかったのに・・・実はですね、本に名前を入れて頂いたときに庄太郎さんが「僕、字が上手じゃないから・・・」とおっしゃって、そのときに私、「知ってます」って言っちゃったんです。自分のその発言に「あ、間違った」と思って「嘘です」などと無駄な付け足しまでしてしまい・・・庄太郎さんの直筆を雑誌でみたことはありますが、もちろん個人的に字が上手いとか下手とかをしっている訳もないのですが、だいぶ以前にこのブログのコメント欄で、字が上手じゃないどうのこうののお話のやり取りをしたことがあり、もちろん庄太郎さんのご記憶にはないかと思いますが、私の中ではそのやりとりがあった上で「お互い上手じゃない」を前提とした発言だったわけですが、結果的にただの失礼な発言となってしまい・・・それで「すみませんでした」なのです。以前のコメントにしてもこのコメントにしても全然山にも関係なく、なんだかそれも申し訳ないです。とはいえほかに釈明をできる場面もなしですから・・・すみません。

華やかな色の服ですね~、私も普段あんな色の服を着ることもめったにないですが、庄太郎さんの本に(偶然の)コーディネートです!

登山歴、確かにそうですね。雪山など、ガイドさんの企画に参加することが多いのですが、ガイドさんの企画は入門・初級・中級などとレベル付けされていることが多く、自分がどこに当てはまるのか悩むことがあります。ガイドさんに確保されている時点で中級ではないなと思いますが、結果的に1人でも来れたなと思うルートもあったり。一度ガイドさんに「私、いつまで入門ですかね?」と聞いたら、苦笑いしてました。年数なのか、技術なのか、経験なのか・・・いずれにしても庄太郎さんがベテランなのは間違いないですね。

すごい長文書いてしまいました。すみません!

投稿: boriko | 2013年7月 5日 (金) 10時56分

庄太郎さんこんにちは。

上のお二方はトークショーの参加されたようですが
庄太郎さんの人柄が伝わってきますね。

富士山お土産・・今年も登りにいきますので
買っていきます^^

投稿: 大塚 祐司 | 2013年7月 5日 (金) 14時20分

borikoさま

あ、そんなこと?
別になんとも思ってないですよ。
だって、字が汚いのは事実だし、汚いからといて人格と関係しているわけではないし。
でも、僕の問題は、字が汚いとわかっていても、きれいに書こうという努力とか意思がまったくないことだと、よく指摘されます。
たしかにその通りなんですよ。
しかし小学2年のころ、(旧)泉市のなんかの大会で「硬筆(鉛筆)の部」で銀賞を取ったことがあるとだけは、言っておきたいですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
大塚 祐司さま

このコメント欄から想像できる僕の人柄って「適当」ということだと思います。
正しい、という意味じゃなくて、いいかげん、という意味で。
または、慣れなれしいというか。
まあ、そうなんですよ、たぶん。

富士山のお土産には、あのキャンディをぜひどうぞ。

投稿: 庄太郎 | 2013年7月 6日 (土) 00時16分

あらら・・・やはりお耳に届いてしまっていたわけですね。その上であまり失礼なことになっていないのであれば少し安心しました。私、人に時々指摘されるのですが「すごい笑顔で結構ひどいことを言う」らしく・・・いかんですね、気を付けないと。

まさかこのやりとりから庄太郎さんのお人柄が推測されてしまうとは思いませんでしたが、いつもお書きになっている文章から、素敵な方であろうことは伝わっていると思うので、それは大丈夫です。

投稿: boriko | 2013年7月 6日 (土) 01時13分

borikoさま

僕に対して、素敵などという言葉を使うと、
僕を知ってる人は大笑いするはずなので、やめておいたほうがいいですよ……。

投稿: 庄太郎 | 2013年7月 7日 (日) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 7月13日開催、「MACPAC」40周年記念トークショーのお知らせ | トップページ | 僕の3冊目の書籍 『テント泊登山の基本』、 本日発売です »