« 『登山用具2014』と『ランドネ6月号』発売中 | トップページ | この2ヶ月ほどの雑誌以外の仕事 »

2014年6月21日 (土)

この2ヶ月ほどで発売された、雑誌類のご紹介

10341458_10203814821997496_23027067
せめて僕の記事の掲載号は紹介しようと思いつつ、
長いことブログの更新を怠っておりました。
そこで今回は、この2ヶ月ほどで発売された雑誌類を一挙にご紹介。
写真などは自分のFBからの流用になりますが、ご了承を。

まずは上の写真の『TRAMPIN’ vol.18』と『BE-PAL 6月号』。

『TRAMPIN’』では、前号から開始した「ソロ山行者養成講座」の第2回目を4ページ分。
今回は”ステップアップ”の考え方について、上高地を舞台に 説明しています。
この連載、これまでは雪があったために現地取材ができず、
誌面構成に苦労していましたが、次回あたりから充実していくはずです。

『BEーPAL』は、連載の「ガレージインプレッション」1ページのみ。
先月はじめまで行っていた西表島に持っていっていた
MSRの浄水器「グラビティーワークス」のフィルターシステムを取り上げています。

『ワンダーフォーゲル6月号』
10329071_10203849981796469_34293344
特集は北アルプスですが、その部分は編集部のみなさんが書いており、
僕の出番はいつもの”ブランドヒストリー”の連載。
今回は日本の「マウンテンダックス」を6ページで取り上げています。
このメー カー、今年からテント部門に再進出しており、要注目ですよ。

『PEAKS6月号』。
10271576_10203857542145473_24159180
ちなみに、この号から判型が変わり、雑誌名のロゴもチェンジしています。
でも、思ったよりも全体の印象は変わっていないけれど。
さて、特集は「テント選び」ですが、僕が書いているのは選び方ではなく、
初心者向けでもあるテント泊のひとつの方法。
具体的には「1カ所滞在型」で、北八ヶ岳の双子池に連泊して、
蓼科山と北横岳を歩いた山旅を9ページにまとめています。

『山と渓谷6月号』。 
10291805_10203865773671256_68886363
特集は『PEAKS』と同じ”テント”ですが、あちらが”選び方”中心ならば、
こちらはどちらかというと”使い方”などのノウハウが中心。
非常に実戦的で役立つ内容になっております。
で、僕は冒頭のギア的な説明部分を12ページ分担当。
この部分は得意分野とあって、原稿を書くのにそれほど苦労はしないのですが……。

しかしその部分とは別に、プレッシャーがかかった原稿も。
それは「ソロテント問題」についての考察。
昨今のテント場混雑問題をソロテントを使う人の増加とからめ、
どうすれば”問題”を解消できるか、僕の意見を書かねばいけなかったのです。
たしかにこれは大きな問題で、具体的な事例に言及したいこと、
より細かく説明したいことがたくさんあったのですが、
文字数の制限があり、どこまで伝えられているか……。
あと数倍、文字数がほしかった!
また、この原稿は客観的視線の少しエラそうな雰囲気になっており、
それがどうなのかという問題もあるのですが、そのあたりはご了承を。

『ランドネ7月号』と『富士山ブック2014』。
10395161_10203963781921401_34351439
”日本百名山”特集の『ランドネ』では、
一度の山行で2つの百名山が登れる山域として、
奥秩父の瑞牆山と金峰山を1ページでピックアップ。

『富士山ブッ ク』では”富士山を眺める場所”として、
現・千円札、旧・五百円札などの紙幣のデザインに使われたポイントの薀蓄を
2ページで紹介しております。

『BE-PAL7月号』。
10387602_10204089537465211_38407352
特集は「川の遊び」で、僕は書いたのはグッズ系の6ページですが、
冒頭の 仁淀川ロケも黒子のスタッフとしてお手伝い。
そのほか、お薦めの川についてコメントをよせ、
連載の「ガレージインプレッション」ではシートゥサミットの
超 軽量タープ&メッシュテントを1ページで取り上げてます。

『PEAKS 7月号』。
10421177_10204105183336348_78070063
特集は「ライトウェイト」というものですが、
僕はその巻頭でハイカーズデポの土屋くんと対談。
もともと仲がよい友人なので、スムーズに話は進行し、
なかな か興味深い2ページになっているかと思いますよ。
話のポイントは、シンプルに「歩き」を重視すると
荷物の軽量化がとくに重要になるけれど、
僕のように歩き 終わってからの「山中での滞在」を大事にすると
あまり軽くはならない、ということなのかも。
また、特集とは関係なく、昨年8月に行ってきた
南アルプス「塩見岳~間ノ岳~農鳥岳」の山旅の模様を8ページ。
わけあってギリギリのスケジュールで書いた原稿なので、
おもしろいものになっているのか心配であります。
でも少なくても写真はすばらしいですよ。

『モノマガジン7-2号』と『男の隠れ家 特別編集 夏、山へ。2014』。10330495_10204120836327663_63941344
『モノマガジン7-2号』はサブの特集で「サンダル」があり、
僕は”サンダリスト”の一人として、1ページ大で登場。
私物のキーンとビルケンシュトックを公開しています。もちろん原 稿も。
アウトドア系ならば、他にもCHACOやTEVAも撮影に持って行ったのですが、
結果的には僕がもっとも使用しているキーンを今回はピックアップし ております。

『男の隠れ家 特別編集 夏、山へ。2014』は新規原稿ではなく、
2年前に行った東北・白神山地の取材時の「熊の湯温泉旅館」を再掲載したもの。
このときは山も歩いたのですが、この雑誌では温泉の部分のみになっています。

というわけで、計11冊、50ページくらい。
すでに書店に置かれていないものも多いのですが、
興味のある方はネット系書店などでご購入を。

雑誌以外の仕事に関しては、別途すぐにお知らせしますね。



|

« 『登山用具2014』と『ランドネ6月号』発売中 | トップページ | この2ヶ月ほどの雑誌以外の仕事 »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『登山用具2014』と『ランドネ6月号』発売中 | トップページ | この2ヶ月ほどの雑誌以外の仕事 »