« 『モノ・マガジン 8-16,9-2』 発売中 | トップページ | 「ヤマケイオンライン」の連載「山MONO語り」、第6回目は“テント” »

2014年8月11日 (月)

『ビーパル9月号』発売中

Lt000022506000374127_tll00_2
数日前に『ビーパル9月号』が発売されております。
特集は「山道具」で、表紙の文言にもあるように、
その道を極めたみなさんの「現役ギア」を見せてもらっています。

僕が担当したのは……、
まずは今号の表紙にもなっている
マンガ『岳』を描いていた石塚真一さんの3ページ。

10330358_10204277905374291_86507286.
取材として話を聞きに行っているのに、
最後にはこういうものも描いてもらっちゃうんですよね~。
役得であります。

ちなみに、現在連載中の「blue giant」で主人公が通っている学校は、
偶然にも僕の母校の仙台第二高校がモデル。
こういう偶然もうれしいものです。

そして今年の冬に復刻された『黒部の山賊』の著者で
三俣山荘のオーナーの伊藤正一 さんの2ページ。
10418160_10204168764365834_63339789
こちらはそのときに見せてもらったクラシックカメラの数々であります。
それにしても『黒部の山賊』、ものすごく売れ行きがよく、
今年の夏は黒部源流部や雲ノ平には登山者が多いのではないかと思います。

さらに長野県信濃大町にある「大町山岳博物館」の紹介を2ページ。
この博物館は何度行っても興味深く、
山行の行きかえりに余裕があれば、絶対に立ち寄るべき。

というわけで、この3つ、山好きならばどれも相当に面白いはずですよ!

また、連載の「ガレージインプレッション」では、
バーゴのチタン製アウターフレームパック
「Ti-Arcバックパック」を取り上げています。
10451783_10204154153960583_90591671
いわば、現代版の背負子ですね。
そのテストと撮影は、霧ヶ峰で行いました。

この号はまさに必見。ぜひご覧ください。




|

« 『モノ・マガジン 8-16,9-2』 発売中 | トップページ | 「ヤマケイオンライン」の連載「山MONO語り」、第6回目は“テント” »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

いいな~、三歩の『安全』…三歩、大好き。

石塚さん、連載されていたのですね。みてみよう。荒木さんのジョジョの作品にも仙台の街を感じる部分があって、そう言うところで作者の郷土愛が垣間見れて嬉しいですよね。あれ?石塚さん、仙台出身じゃないのに?なぜ!?連載観てみなくちゃ。

庄太郎さんに全然関係ないコメントになってしまいました!

投稿: boriko | 2014年8月11日 (月) 21時15分

borikoさま

石塚さんの担当編集が仙台二高出身なんですよ。
いわば、僕の後輩で。
白百合にもそういうのがあれば面白いけれど、
いまや郊外に移っちゃっているからなあ。

投稿: 庄太郎 | 2014年8月12日 (火) 00時20分

なるほどですね。それは本当に偶然ですね!しかしジャズかぁ・・・よく分からない世界ですが、アマゾンでレビュー見ると音楽関係になく楽しめそうですね。

白百合も変わった学校だったなぁ・・・懐かしい。

投稿: boriko | 2014年8月12日 (火) 12時24分

“役得”、、ずるいでしょうそれは(笑)
“安全”の文字、、出来れば“ご安全に!!”だと、、更に楽しかったのになぁ。。
『岳』、、あの最終回は・・・、三歩が生還し復活する日を楽しみに待ってるんです。。
『黒部の山賊』面白かったです。
庄太郎さんの頃の2高は男子校でしたよねぇ。
幾十年も前のことですが、長期研修で仙台に居た頃の寮が仙台2校のそばでしたねぇ。
懐かしいなぁ。
「大町山岳博物館」、次には是非寄ります。。

投稿: 修 | 2014年8月17日 (日) 08時23分

Borikoさま この機会に、読んでみてください。主人公はすでに東京に出てきちゃっているけれど。こみっくならばまだかな。

修さま
山岳博物館はお薦めです。僕はもう5~6回行っているかも。行く前にいくらか山の歴史を把握していると、より面白いですよ。

投稿: 庄太郎 | 2014年8月22日 (金) 18時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『モノ・マガジン 8-16,9-2』 発売中 | トップページ | 「ヤマケイオンライン」の連載「山MONO語り」、第6回目は“テント” »