« 伊豆諸島・御蔵島、山と海の歩き旅-2 | トップページ | 今年の第1回目、「トークイベント」を開催します! »

2015年12月29日 (火)

12月公開の僕の仕事。『BE-PAL 1月号』『カーネル Vol.27』『山と渓谷 1月号』『PEAKS 1月号』『ランドネ2月号』発売中、ヤマケイオンライン「高橋庄太郎が歩く みちのく潮風トレイル」&「高橋庄太郎の山MONO語り」第22回もアップ

91zwpixf8l_sl1500_00_2
今月発売になった、僕が仕事をした雑誌などのお知らせです。

12月10日には『BE-PAL 1月号』が発売。
僕がこの号で書いたのは、連載「ガレージインプレッション」で取り上げた
マイルストーン×クレの「msc-002-B2」というモデル。
あらかじめ帽子にスリットが入り、
ヘッドライトを組み合わせて使える製品であります。
テストを行なったのは、天城山です。

同じ10日には、『カーネル Vol.27』も。
81xqr5btgul00
いつものアウトドアとは少々違う、「車中泊」の雑誌であります。
といっても、僕がここで書いているのは「車中泊登山」。
この秋に3泊4日の車中泊で取材した
東北の蔵王、月山、鳥海山、岩木山、八甲田山の様子が6ページ。
雑誌が雑誌なので、原稿もいつもと少し異なる感じです。
しかしこれまで原稿化していなかっただけで、
車中泊はいつもよくやっていることなので、けっこうリアル。
こういう車中泊登山の取材、これから何度もやりたいものです。

15日発売は、『山と渓谷 1月号』。
91aqzzv3gfl00
特集は「わたしの好きな山2015」というもので、
僕はそのなかの読者アンケートの結果を分析した
「ヤマケイ読者の“理想”と”現実”」という4ページを担当。
そして連載「ひとり歩きの断章」第2回目では、
大雪の奥秩父・両神山での体験をもとにしたエッセイを書いております。
これ、我ながらなかなか面白いと思います。

同様に15日には、『PEAKS 1月号』も発売。
12363198_894062987309166_8095474984
特集は冬山なのですが、僕はわずかに「ソックス」のページで
簡単なコメントを寄せたのみ。10秒で読めちゃいます。

22日発売は、『ランドネ2月号』。
71rox0qj1ml00
僕は特集内の「最近コレ、ずっとコレ、次はコレ」的なページで、
3点のギア(パタゴニア、SOTO、マウ ンテンハードウェア)を
紹介&執筆しております。どれも間違いなくよいものですよ。

さて、ここからは特別企画的なウェブ上のレポート。
ヤマケイオンライン「高橋庄太郎が歩く みちのく潮風トレイル」であります。
535191_10208219163063270_4639325859
これは全部で3回に分けて書かれており、すでに全3回分がアップ済み。
岩手県大船渡近辺の「歩き旅」の様子であります。

第1回目は、「碁石海岸」。
テント泊も行ないつつの美しい海岸歩き。
歩くだけではなく、カヤックもしたくなるような面白い場所でした。
第2回目は、「大船渡~綾里街道」。
今回は津波による甚大な被害があった街を通り、
綾里半島の山中の道へ。その途中の屋台村でメシを食ったり、
お土産を買ったりと、通常の山歩きとは異なるバラエティに富んだ内容。
第3回目は、「綾里半島」。
このときがいちばん天気もよく、リアス海岸の景色も抜群でした。
海岸に近いけれど、かなり標高は高く、
しっかりと歩かねばならない「山」でしたよ。
詳しくは「ヤマケイ オンライン」の特設ページを。

最後に、同じく「ヤマケイオンライン」での連載、
「高橋庄太郎の山MONO語り」第22回
Gd00
今回試したのは、キーンのスノーシューズ「デュランドポーラーWP」。
今年は山になかなか雪が積もらなくてテストが大変でしたが、
なんとか北八ヶ岳の山を歩きながら、履き心地を把握しました。
このシューズ、保温材がタップリと入っていて、非常に温かいですよ。
雪上でのグリップ力もなかなかのものでした。

というわけで、まずは書店で、もしくはウェブサイトでご確認を。

|

« 伊豆諸島・御蔵島、山と海の歩き旅-2 | トップページ | 今年の第1回目、「トークイベント」を開催します! »

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊豆諸島・御蔵島、山と海の歩き旅-2 | トップページ | 今年の第1回目、「トークイベント」を開催します! »