« ヤマケイオンライン連載『高橋庄太郎の『山MONO語り』第33回目 | トップページ | 『にっぽんトレッキング100 紅葉!温泉!秋のオススメBest10!』、再放送のお知らせ »

2016年12月 3日 (土)

奥多摩~奥秩父 縦走

Img_0155
島続きだった日々から一転し、山らしい山を歩いてきました。
ひとたび稜線に出てしまえば、いつも富士山が見えている
奥多摩から奥秩父の主脈であります。

東京の鴨沢から登りはじめ、1泊目は奥多摩小屋のテント場。
20161129_155344
今回も取材です。
そしてカメラマンが2人も同行しているのですが、
その理由は12月中に発売される掲載誌を見ていただければ、と。

2~3年ぶりに行った雲取山には、新しい山頂標。
Img_0163
妙に立派で、違和感が……。
実際、この山頂標の評価は二分されるみたいです。
むむ~。

さて、どうして僕が雲取山に取材で行ったのか、わかるでしょうか?
写真にヒントがあるんですよ。
ともあれ、これもいずれ雑誌を見てもらえば、すぐにわかります。

数日前にはかなり降ったらしい雪はほとんど溶けていましたが、
場所によっては霜柱がハンパなく伸びています。
20161130_080607
これを踏むのが気持ちいいんですよね。

この後、2泊目の将監小屋まで歩き、その日の夜は大雪になりました。
しかし昼になると天気は回復。
Img_0188
雪なんか完全に溶け、西御殿岩の上からの眺望も抜群。

そして、こちらは和名倉岳。
20161201_123210
じつは、雲取山ではなく、この山こそ僕が行きたかった山なのですが、
計画変更のために今回は登らないでしまったんですよね。
ああ~。また次の機会か。

取材の模様をブログであまり先出しするわけにはいかないので、
この山行の詳しい話は今月発売の雑誌をご覧ください。
情報量としても、100倍くらいになっていると思いますよ。

保存

|

« ヤマケイオンライン連載『高橋庄太郎の『山MONO語り』第33回目 | トップページ | 『にっぽんトレッキング100 紅葉!温泉!秋のオススメBest10!』、再放送のお知らせ »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤマケイオンライン連載『高橋庄太郎の『山MONO語り』第33回目 | トップページ | 『にっぽんトレッキング100 紅葉!温泉!秋のオススメBest10!』、再放送のお知らせ »