« 『BE-PAL2月号』発売中! | トップページ | 『PEAKS 2月号』、本日発売であります »

2017年1月13日 (金)

北八ヶ岳 にゅう~高見石

Img_032900
今年初めの雪山取材は、北八ヶ岳へ。
週末は大雪の予報だったので、出発を週明けに延期したのですが……。

稲子湯から登り始め、何度か林道と交差しながら、標高を上げていきます。
Img_030100
しかし、大雪が降った後かと思いきや、大して積雪量は多くないんですね。

で、はじめの写真の「にゅう」の山頂についても、けっこう岩が露出していました。
そして西側は青空なのですが、南側の天狗岳方向は暗くて大荒れの様子。
Img_033900
写真ではわかりませんが、かなり強烈な風が吹いているんですよ。
嫌になるくらい寒かったな……。

それにしても、「にゅう」という山には「山」とか「岳」という文字がつかず、
しかも表記がひらがななので、山名としてはなんだかピンと来ないですね。
ちなみに漢字にすると「乳」であります。

標高が低い白駒池あたりはまで来ると、こちらも青空。
Img_035900
氷の上が雪原となり、解放的な雰囲気です。
冬の白駒池は何度来てもいいものです。

テントは白駒池のほとりにある青苔荘のキャンプ地。
Img_036900
樹林帯とはいえ、今の時期は葉っぱがほとんど落ちているので、
ここにも強い風が吹いていました。
しかし、これも写真じゃわからないですね。

翌日は高見石へ登り、天候が崩れる前になんとか撮影。
Img_037300
ここも強い風でしたけどね。

高見石も山頂といってよいような場所なのに、
「山」でも「岳」でもなく、たんなる「石」という表記なんですよね。
Img_037100
その「山頂」からは、テントを張っている白駒池が眺められました。

この取材が誌面に載るのは、おそらく来年の今くらい。
そのときを気長にお待ちください。


|

« 『BE-PAL2月号』発売中! | トップページ | 『PEAKS 2月号』、本日発売であります »

山(やま)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『BE-PAL2月号』発売中! | トップページ | 『PEAKS 2月号』、本日発売であります »