« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月23日 (火)

今年2度目の武甲山

Img_20170522_155657
雪が積もっていた1月に引き続き、またしても奥武蔵の武甲山へ。
上の写真は秩父側から見た姿で、石灰岩採取のために、
山肌が削れているのがわかります。

しかし、その裏側にまわると、きれいな緑の山に。
本来はこんな感じの山だったはずなんですよね。
Img_20170522_123302
このように武甲山を二方向から見られたのは、
武甲山山頂から小持山、大持山と縦走したから。
新緑がきれいでした。

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

今年も、大峯奥駈道

Img_5932
昨年も歩いた紀伊半島の大峯奥駈道へ、再び。

今回は山上ヶ岳の東側から稜線に登り、
女人禁制の山域を通って吉野に抜けるという2泊3日でした。

Img_5980
一部の区間は昨年と同じ。
しかし、吉野に近い地域は初めて歩く場所で、新鮮でした。
Img_6096
世界文化遺産もいろいろあれど、僕が気に入ったのは、吉野水分神社。
Img_6104
そして最後は、金峯山寺。
Img_6116
来年は、今回よりも南側を歩くつもり。
そして今回の山旅の様子は、1年後くらいに雑誌に掲載される予定です。

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

『PEAKS 6月号』が発売されました!

Img_5893

『PEAKS 6月号』、本日発売であります。

特集はテント泊による「単独行」という、いかにも僕的な世界ですが、
今号での僕は特集とはまったくかかわっておりません。
その代わり、対談連載「山を歩く、山で語る」では、
イラストレーターの成瀬洋平くんと岐阜の笠置山を歩き、
”山歩きのプラスα”について語っております。

Img_5894
成瀬くんでいえば、プラスαは「絵」となるという、そんな内容です。


そして前号から始まっていた、こちらも連載
「アラスカ太郎と庄太郎の つべこべいわずに黙って聴け」
というページも書いていますよ。

Img_5896
これはライター仲間の村石太郎くんと僕が毎月交互に書いていく
「音楽」がテーマの連載で、初回は村石くん、今回は僕が担当。
僕が以前勤めていた出版社で音楽担当をしていたときのことや、
第1回フジロックフェスの話をしつつ、おすすめのCDも紹介しています。
山雑誌なので、かろうじて山というかアウトドア的なことと絡めてますが、
PEAKSらしくないページです。
だけど、それでいいのだ!
ご一読ください!

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

神戸の裏山、六甲山

Img_5883


明日のイベントを前に、今日から神戸。
朝早めに到着し、ひとりで六甲全山縦走路をあるいてみました。
といっても、全山縦走というわけにはいかず、
麻耶山~六甲山~ロックガーデンというルートです。

Img_5860
空が霞んでいて、神戸の街や瀬戸内海はクリアには見えなかったけれど、
平日だから登山者も少なめなようで、なかなかよい一日でした。
Img_5885
そして、明日は「Mt.FESTA 2017 in 六甲」
僕が話をする時間は12:00~12:45であります。
明日の予定が決まっていない方は、ぜひご来場を。

| | コメント (4)

2017年5月11日 (木)

『TRAMPIN’ vol.31 夏山入門』『ワンダーフォーゲル6月号』『BE-PAL 6月号』、3誌発売中!

Img_5788
2日前の5月9日、『TRAMPIN’ vol.31 夏山入門』が発売されました。

僕が書いたのは、昨年取材しておいた北アルプス白馬三山の山ルポで、
ボリュームたっぷりの12ページ。
Img_5789
このときは天気もよく、写真がまあすばらしい。
自分で作ったページながら、
見ているととにかく北アルプスに行きたくなってくるんですよ。

同じ日に『ワンダーフォーゲル6月号』も発売。
Img_5793
この号での僕の仕事は、バックパックメーカー「ミステリーランチ」の
御大、デイナ・グリーソンのインタビュー&東京・原宿のフラッグシップショップの紹介。
Img_5794
息子のD3もいっしょに登場しています。

そして、山中のおもしろいスポットを紹介していく
連載「高橋庄太郎のココ! おすすめ!!」第2回の「北八ヶ岳・双子池」。
Img_5795

この双子池の雄池は、池から汲んだ水がそのまま飲め、
雌池のほうには本来ならば山中にはいないはずのコイが泳いでいるんですよね。
なぜ、そうなのか? 詳しいことは実際に読んでみてください!

昨日には『BE-PAL 6月号』。
Img_5790
今号での僕の担当は、連載の「ガレージインプレッション」のみで、
ニーモ「フロントポーチ」をピックアップ。
Img_5791

重量はまあまあありますが、テントにタープを組み合わせたような
ユニークな形状がおもしろく、定住型のキャンプにはよさそう。
これなら雨の日でも快適なはずです。
撮影はプライベートで行ってきた南の島で、ついでにやってきました。

そんなわけで、一気に発売になった3誌。
興味があるものだけでも、手に取ってみてください。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

南アルプス青薙山へ、ひとり

Img_5597
連休が終わると同時に出発し、南アルプスの青薙山へ。
いわゆる白峰南嶺の末端近くにある山であります。
標高2406mの山頂付近こそ大量の残雪がありましたが、
2300mあたりまでは、ほぼ夏と同じ登山道。
ただし、マイナールートのため、その登山道自体が荒れていて、
何度も道迷いしそうになったりして。
なかなか難易度が高いのです。

今回はテントで1泊2日。
Img_5748
登山口から先は丸2日間、誰一人に会うこともなく、
孤独を満喫できました。

畑薙ダムの向こうには、南アルプスの主稜線。
Img_4716
今年も行くことになるのかな。

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

「山を歩く、山で語る」番外編の最新記事

Gvea_2
枻出版社のウェブサイト「Share the Mountain」で、
僕の新しい記事
がアップされました。
これは雑誌『PEAKS』の連載「山を歩く、山で語る」番外編で、
雑誌は「対談」、ウェブは「ルート紹介」という構成になっています。

僕といっしょに雪の飯盛山を歩いているのは、イラストレーターの鈴木みきちゃん。
ウェブ上では中級となっていますが、実際には初心者向けの場所です。
雑誌の4月号掲載に対し、こちらはだいぶ遅れての更新。
いまや雪はすっかり溶けているし、雪山のルート紹介としては役立たないでしょう。

でも、雪がなければますます歩きやすく、
景色のよさは春ならではのものになっているはず。
ぜひ行ってみてください。。

| | コメント (3)

2017年5月 2日 (火)

今回はアルトラのシューズをピックアップ。ヤマケイオンライン連載「高橋庄太郎の山MONO語り」

Zrtehed
ヤマケイオンラインでの連載「高橋庄太郎の山MONO語り」、
最新記事
がアップされております。

今回ピックアップしたのは、アルトラの「ローンピーク3.0」というシューズ。
Img_3403
トレランのイメージが強い会社ですが、
そのなかでも一般的な山歩きにも重宝するローカットモデルであります。
Img_3688
撮影&テストは、先日行ってきたばかりの奥多摩・大岳山であります。
詳しくはリンク先の記事をお読みください。

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

榛名山の最高峰、掃部ヶ岳

Img_20170501_144244
榛名山というのはいくつかの山の集合体で、その最高峰は掃部ヶ岳。
ちなみに、上の写真はその掃部ヶ岳のほうから見た、
榛名湖越しの榛名富士であります。

わけあって、天気が悪いタイミングを狙っていったのですが、
下山するころにはすっかり雨も上がり、太陽まで出る瞬間まであって、
それなりに春らしい山歩きとなったのでした~。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ