« 『PEAKS 1月号』、本日発売&ウェブサイト「価格.comマガジン」の連載「高橋庄太郎の山道具コレクト」の最新記事公開 | トップページ

2018年12月29日 (土)

ヤマケイオンライン連載「高橋庄太郎の山MONO語り」、 今年最後の記事公開

Img_5911

今年最後の僕の書いた記事のご紹介です。

今回ピックアップしたのは、マムート”ヤドキンSOパンツ”であります。 こいつは張りがあって、わずかながらフカフカした感覚があるソフトシェルパンツ。
色もきれいだし、履き心地もいい感じだし、なかなかよくできていましたよ。

ちなみに、テストをしたのはけっこう険しい岩場がある乾徳山でした。


 

|

« 『PEAKS 1月号』、本日発売&ウェブサイト「価格.comマガジン」の連載「高橋庄太郎の山道具コレクト」の最新記事公開 | トップページ

雑誌/書籍/ウェブ/テレビなどメディアの仕事」カテゴリの記事

コメント

今年 最後の記事を拝見しました。この手のウエスト部分のベルトとバックルが固定になっている製品って、日帰り山行なら大丈夫かも知れませんが、泊まりありの山行における下山時に、緩んで脱げてくる事ありませんか?

僕が今年8.10-11 奥穂高岳に登った際、マウンテンハードウェアの膝とお尻に岩稜帯対策用のゴムが付いた製品を利用したのですが、行きは問題なかったものの、カロリー消費でウエストが少し細くなった?せいか、重太郎新道→岳沢の長い下りでザックが上下に揺れまくるせいでドンドン脱げてきて、岳沢小屋から上高地までの下山時なんて、ズリ落ちないよう両手で腰を押さえながら下山しました。(苦笑)

その事があって以来、普通のベルトで自由に調整が効くタイプ(主にモンベルのライトトレッキングパンツ)ばかり使っていますが、この手の製品で他の方がどのように対処されているのか?が気になります。

投稿: peopo | 2018年12月30日 (日) 04時36分

peopoさま

バックルが外れるのではなく、緩んでくるんですか?
それともベルト? ベルトだとしたら、どの部分が?
状況がよくわからないのですが、ベルトの摩擦感というかフリクションが足りなくて、少しずつ長くなってくるということでしょうか?
だとしたら、ベルトの素材が悪いのだと思います。
ときどき、そういうイマイチなパンツもありますよ。

投稿: 高橋庄太郎 | 2019年1月11日 (金) 09時31分

あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。

緩んでくる件ですが、先ほど件の製品を確認しましたところ、フリクションが足りなくて 少しずつ長くなってくる現象が発生しました。ご指摘の通り、ベルトの素材が原因みたいですね…。

一応、アウトドアショップでも買う前に試着はしていますが、実際にフィールドで使ってみないと良し悪しが判断できないのが難しいところですね。

投稿: peopo | 2019年1月11日 (金) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『PEAKS 1月号』、本日発売&ウェブサイト「価格.comマガジン」の連載「高橋庄太郎の山道具コレクト」の最新記事公開 | トップページ