山(やま)

2017年6月18日 (日)

昨年以来の蔵王、29年ぶりの左エ門小屋

Img_7205
僕が高校山岳部に入って、初めての合宿で登った山、蔵王に行ってきました。

この山自体は昨年の秋、一昨年の秋と冬など、
だいたい1年に1度のペースで、かなり頻繁に通っている気がします。
Img_7250
しかしですね、今回はちょっと違うんです。
というのは、山岳部に入ってすぐの合宿で使った
東北大学左エ門小屋まで29年ぶりに歩いたから。
Img_7287
この小屋の近くの残雪の上にテントを張り、
同級生たちといっしょに寝たところから、
今に続く僕の山がらみの人生は始まっているわけなんですよね。
ある意味、僕の原点なのであります。
しかも今回は、当時の顧問の伊藤朋幸先生といっしょ。
ますます原点を考えさせられる山歩きなのでした。

今回の話は、いずれ雑誌に。


| | コメント (0)

2017年6月 7日 (水)

数年ぶりに大菩薩嶺

Img_20170606_104951_2
いろいろと便がいいので、撮影などでよく行く大菩薩嶺。
とはいえ、今回は2~3年ぶりでした。

いっしょに行ったのは、パーゴワークスの代表、斎藤徹さん。

Img_20170606_130249
僕と同じ歳で、仕事仲間であり、遊び友達です。
Img_20170606_103113
これは雑誌『PEAKS』で続けている対談の連載のための山行でした。
その様子はいずれ誌面で。

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

今年2度目の武甲山

Img_20170522_155657
雪が積もっていた1月に引き続き、またしても奥武蔵の武甲山へ。
上の写真は秩父側から見た姿で、石灰岩採取のために、
山肌が削れているのがわかります。

しかし、その裏側にまわると、きれいな緑の山に。
本来はこんな感じの山だったはずなんですよね。
Img_20170522_123302
このように武甲山を二方向から見られたのは、
武甲山山頂から小持山、大持山と縦走したから。
新緑がきれいでした。

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

今年も、大峯奥駈道

Img_5932
昨年も歩いた紀伊半島の大峯奥駈道へ、再び。

今回は山上ヶ岳の東側から稜線に登り、
女人禁制の山域を通って吉野に抜けるという2泊3日でした。

Img_5980
一部の区間は昨年と同じ。
しかし、吉野に近い地域は初めて歩く場所で、新鮮でした。
Img_6096
世界文化遺産もいろいろあれど、僕が気に入ったのは、吉野水分神社。
Img_6104
そして最後は、金峯山寺。
Img_6116
来年は、今回よりも南側を歩くつもり。
そして今回の山旅の様子は、1年後くらいに雑誌に掲載される予定です。

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

神戸の裏山、六甲山

Img_5883


明日のイベントを前に、今日から神戸。
朝早めに到着し、ひとりで六甲全山縦走路をあるいてみました。
といっても、全山縦走というわけにはいかず、
麻耶山~六甲山~ロックガーデンというルートです。

Img_5860
空が霞んでいて、神戸の街や瀬戸内海はクリアには見えなかったけれど、
平日だから登山者も少なめなようで、なかなかよい一日でした。
Img_5885
そして、明日は「Mt.FESTA 2017 in 六甲」
僕が話をする時間は12:00~12:45であります。
明日の予定が決まっていない方は、ぜひご来場を。

| | コメント (4)

2017年5月 9日 (火)

南アルプス青薙山へ、ひとり

Img_5597
連休が終わると同時に出発し、南アルプスの青薙山へ。
いわゆる白峰南嶺の末端近くにある山であります。
標高2406mの山頂付近こそ大量の残雪がありましたが、
2300mあたりまでは、ほぼ夏と同じ登山道。
ただし、マイナールートのため、その登山道自体が荒れていて、
何度も道迷いしそうになったりして。
なかなか難易度が高いのです。

今回はテントで1泊2日。
Img_5748
登山口から先は丸2日間、誰一人に会うこともなく、
孤独を満喫できました。

畑薙ダムの向こうには、南アルプスの主稜線。
Img_4716
今年も行くことになるのかな。

| | コメント (0)

2017年5月 1日 (月)

榛名山の最高峰、掃部ヶ岳

Img_20170501_144244
榛名山というのはいくつかの山の集合体で、その最高峰は掃部ヶ岳。
ちなみに、上の写真はその掃部ヶ岳のほうから見た、
榛名湖越しの榛名富士であります。

わけあって、天気が悪いタイミングを狙っていったのですが、
下山するころにはすっかり雨も上がり、太陽まで出る瞬間まであって、
それなりに春らしい山歩きとなったのでした~。

| | コメント (0)

2017年4月26日 (水)

残雪の北アルプス燕岳へ

Img_4172
今年初めての北アルプスは、燕岳。
昨年は異様に少なかった雪ですが、今年はまだまだ豊富。
それでも稜線はかなり雪解けが進んでおりました。
Img_4151
燕山荘は数日前にオープンしていましたが、僕はいつものようにテント泊。
風は強かったけれど、気温はもう低くないので、快適でした。
Img_4103
槍ヶ岳がドンと見える眺望のよさも、この山の特徴。
だけど、僕は合戦尾根から稜線越しに見る、こんな風景のほうが好きなのでした。

この取材、雑誌掲載は来年です。

| | コメント (0)

2017年4月22日 (土)

韓国最高峰、ハルラ山

Img_3893
ひさびさに韓国へ行ってきました。
韓国といっても、今回は日本海に浮かぶ済州島。
ここには、韓国でいちばん高いハルラ山があるんですね。

観光地でもあるので混雑を避け、あえてもっともハードそうなコースへ。
その結果、上の写真のような岩峰が見える場所を経由する
とてもよい山歩きができたのですが、
山頂に到着すると、やはりすごく混んでおりました。
Img_3957
これでもかなり人数が減ったときの写真で、
一時は山頂付近を歩くのも大変だったほど。

この山は古い火山で、山頂にはカルデラ湖。
Img_3963
もっと水が溜まっている時期もあるようです。

おもしろいのは、途中にある休憩所。
Img_3987
韓国らしくカップラーメンが売っており、お湯を入れてくれます。
選択肢はなく、この1種類のみ。
だから、老若男女、みんなこれを食べているんですね。

翌日は海岸にある城山日出峰へ。
Img_4038
じつはこの山、すごく面白い形をしているのですが、
空撮でもしないと、1枚の写真には収められないのが残念。

ちなみに、ハルラ山も城山日出峰も、世界自然遺産。
3泊4日の旅でしたが、なかなか面白かったですよ。

| | コメント (0)

2017年4月16日 (日)

ひさびさの奥多摩・大岳山

Img_3611
ひとり取材で、奥多摩の御岳山から大岳山を歩きました。
新緑が始まりつつある時期で、たんなる尾根なのに、
なんだか妙に美しく見えます。

このあたりに来たのは、もしかしたらもう10年くらい前かも?
Img_3514
といっても、ハセツネ(日本山岳耐久レース)のときだから、
御岳山を通ったときは深夜だったはず。

休日なのでものすごい数の人が訪れていましたが、
奥多摩駅のほうへ進んでいくと、いくらか人影も減り、少しだけ気楽に。
Img_3706
今回の取材をもとにした記事は、今月中に公開される予定ですよ。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧